« 新選組、敗れざる武士達 | トップページ | ブログ合併 »

2009.04.12

新選組!(17〜20回)

今迄見た全ドラマの中で、一番好きな作品といえば、ご存知『新選組!』。
しかし、DVDは完全版全部集めたら7万近いので、貧しい私にはとても手が出ませんでした。幸い29話からはテレビ録画した物を持っていますが、前半は総集編でしか見られません

が、先日第三巻(2枚組・定価10000円)をなんと未開封1920円でゲット出来ちゃいました〜♪
早速そのうちの1枚を見てみました。第17回から第20回です。

いや〜、ほんっっっっと面白い!!
他の回も、見る度に「やっぱり面白いよなぁ」と思うのですが、素晴らしい作品だとつくづく感じます。虜になって一気に見ちゃいました。第19回まで見た所で、8:00になっちゃったんで『天地人』を挟みましたけど、『天地人』の感想より『新選組!』の感想書きたいっ!!
という訳で感想行ってみます。

◆第17回『はじまりの死』
壬生狂言の回(っていうまとめ方もどうかと思いますが)。

私、以前壬生狂言を見に行き、その時当ブログに、
「新選組隊士達も見たのかな? 見てなくても、あの鉦の音はきっと耳にしていた事でしょう」
なーんて書いてましたが、この回のラストの「新選組を行く」のコーナーで、「新選組隊士達もこの狂言を村人達と楽しみました」なんて言ってました。
リアルタイムで見た時は壬生狂言の存在を知らなかったので、あまり印象に残っていなかった〜

ドラマの中では会津公用方に「壬生狂言を見たい」とリクエストされ、八木さん親子が演じていました。
このシーンは「そういえば、踊りを見ているシーンがあったっけ」程度にしか憶えてなかったので、あれが壬生狂言だったと今更知ってびっくり。
生で見た時は面に見とれた私ですが、八木さん親子は面も専用の装束も着けずにやっていましたから、左之助が退屈するのにも納得です(^^;)。

あと、「『橋弁慶』談義」に興味津々。
『橋弁慶』という演目は歌舞伎にも能にもあるんです。
能の『橋弁慶』には狂言方が出るので、いつか野村萬斎さんヴァージョンを見る日も来るかもしれないなぁ。
歌舞伎では弁慶役を片岡愛之助さんがやった事あるらしいし。歌舞伎と能と見比べてみたいものです。
あ、ドラマでは、会津藩公用方の人達の前では何も言えなかった山南や藤堂が、彼等が帰った後でウンチクを語り、土方に「今話しても遅いんだよ」と突っ込まれるシーンが楽しい♪

あと、殿内を斬ったのが芹沢という設定だったのを忘れていたのですが(爆)、「誤解で斬ってしまった」と知った後の芹沢の表情が何とも言えない〜。この表情が後の芹沢暴発に繋がっている感じがします。こういうあたり、三谷幸喜さん上手いなぁ。そして佐藤浩市さん、素晴らしい。

ラストの土方の「二度とあいつにこんな思いはさせない、憎まれ役は俺が引き受ける、これから全て」というセリフは無茶苦茶カッコいい
タイトルの「はじまり」は土方が鬼になる事を決意した「はじまり」でもあるのですね。近藤が腹を括るのはもう少し後だと思います。

◆第18回『初出勤! 壬生浪士』
斎藤さんが相撲を取る回(って、またこんなまとめ方)。
斎藤さんが相撲に勝って、とーっても嬉しそうな顔をしています。
斎藤さんがあんな風に笑った回が、あったのですね〜。なんか今見るととっても新鮮。
相撲取った事が「ない」と言う斎藤さんに「ねえのかよっ」とのけぞる左之助はまるでお笑いタレントですね

◆第19回『通夜の日に』
久坂玄瑞に啖呵を切る芹沢がカッコいい!!
リアルタイム視聴時は久坂の事を知らなかったので、今見ると感慨がまるで違います。しかし、久坂相手だとこんなにカッコ良い芹沢が桂相手だと……。第20回といい対比になっているんですよね〜。三谷さん、芹沢の事をとっても丁寧に描いてます。「芹沢鴨」というか「佐藤さんが演じる芹沢」にどんどん魅かれて描き込みたくなった様子がうかがえます。それが『マジックアワー』にも繋がるのかも?

◆第20回『鴨を酔わすな』
泣ける……。
リアルタイム放送時にはあまり感じなかったのですが、見返すとホント芹沢が何ともいえない味を出しています〜。もうこの回の屈折ぶりには切なくてたまらなくなります。こういう風に描いてもらえると、芹沢と近藤が並び立てない事に無茶苦茶納得が行きます。
私は三谷さんの描く近藤が好きなんですが、近藤を疎ましく、しかし眩しく、どこか羨ましく見ているような芹沢の気持ちもわかるような気がする〜。
そして、桂に舌戦で敗れる芹沢を冷静に分析する新見、それを意味あり気に見る土方……。これがあるから、後の新見を嵌めるシーンが生きますね。

そうそう、坂本龍馬が「♪三千世界の烏を殺し、主と〜」なんて歌ってましたっ!! これも今だから反応するシーンです。リアルタイム放送時は完全スルーでした(^^;)。
『新選組!』には高杉晋作は声しか出てないと思っていましたが、都々逸が出ていたとは〜(笑)。

という感じで改めて「やっぱり三谷さん好き〜、『新選組!』好き〜」と思いました。
今見ても変わらず……いえ、前以上に面白く感じられるなんて、凄いドラマだぁ。

|

« 新選組、敗れざる武士達 | トップページ | ブログ合併 »

コメント

記事を読ませて頂いていたら、私もムショウに「新選組!」を再度観てみたくなりました(*^^)v

しかし、三谷さんって方はやっぱり流石ですね!
色んな所で伏線はってるっていうのは知ってたんですが、高杉晋作の都々逸
も出てたんですねー!
私も全く気付いてませんでした(^_^;)

けど、、1万円が1920円になってたんですか!?
お得にゲット出来て良かったですね♪

投稿: あさぎ | 2009.04.13 09:44

定価1万円を未開封で1,920とは・・・ラッキーでしたね!
(実は私も、完全版DVDは持っていないのです。)
私も、「新選組!」をもう一度初めから見たいです♪

壬生狂言を生で観たことがあるんですが、
前日2時間ぐらいしか寝ていなかったため、
途中で寝てしまったんですよ・・・(恥)

投稿: まきこ | 2009.04.13 18:53

新選組!、本当によく出来ている大河ドラマでしたね。特に、これだけきちんと芹沢鴨を描いたドラマって今までになかった気がします。
完全版のDVD,発売された当初、筆者はボーナスをはたいて定価で購入しました。今でもたまに見返すことがあります。

投稿: 桃源児 | 2009.04.13 19:08

と、言う事は5年ぶりにご覧になったのでしょうかぁ!?
それはきっと新鮮でしょうね〜。

近藤さんが芹沢さんを理解しようと真摯に向き合うほど、
芹沢さんがコンプレックスを刺激され、追い詰められて
堕ちて行くのが切なかった・・・
当時、何かのインタビューで佐藤浩市さんが「芹沢は近藤に
出会いさえしなければもう少しまともな人生送れたかもしれない」
って言ってました。
そういう所のえがき方が三谷さん最高です。

それにしてもかなり破格な値段で確保できて、すごい!
そこまで値崩れしちゃってるのは正直ショックですが、
残りも安く手に入ると良いですね^^

投稿: 華乃子 | 2009.04.13 21:22

はじめまして 早々と申します。宜しくお願い致します。
 
新選組に関しては司馬氏の血風録や燃えよ剣の本で関心をもったビギナーです。大河はリアルタイムでは勿論観ておらず、6年後位前に初めてDVDで目にしました。直江○○とは大違いで本当に時代背景も含め、かなり克明に時代の隊士一人ひとりの心理描写を時にはユーモアを交えて丹念に描いている秀逸な作品ですよね。芸達者な役者陣の中で佐藤芹沢は屈折した心理を上手く表現出来る数少ない役者と感心しました。
 
話は変りますが、会津のレポは大変参考になりました。
それと青梅や小金井の桜堪能させていただきました。美しいの一言です。画家の中島千波に言わせると神代桜など一本の老樹は花よりその幹の年を刻んだ姿が良いのだそうですが、感性の不足している私は枝垂れ桜のピンクの花弁が風にそよぎ、染井吉野が花びらとなって舞落ちる姿たまらなく魅かれます。

投稿: 早々 | 2009.04.13 22:20

あさぎさん
あの都々逸聞くと、どうしても野村萬斎さんを連想してしまう私です(^^;)。
萬斎さんは別のドラマで三味線弾きながら歌ってましたが、江口龍馬は歩きながら口ずさんでました。
高杉の歌を聴いて龍馬が「面白いにゃ〜」なんて言う様を妄想しました。
あの歌、桂小五郎作という説もあるようですけどね

話逸れますが、愛之助さん、独身と判明しました。(今日テレビで言ってました)

投稿: YAGI節 | 2009.04.13 23:31

まきこさん
おお、壬生狂言御覧になった事あるのですね!!
私は新幹線の時間があったので、数十分しか見ておらず、眠くなる間も無かったのですが、アレ全部観たらすっごい長いんですよね。絶対眠くなるという確信があります(恥)。
でも『橋弁慶』と『炮烙割り』は見てみたいです〜。

投稿: YAGI節 | 2009.04.13 23:33

桃源児さん
わぁ、完全版お買いになったのですね♪
ホント、素晴らしいドラマだと思います。
私は幕末には全く興味が無かったので、このドラマが無ければ、新選組ファンにはなっていなかったと思います。
その後、史実本も沢山読んだので、「ツッコミ入れたくなる所もあるかな?」と思いましたが、逆でした。改めて「素晴らしい〜」と思ってしまいます。

投稿: YAGI節 | 2009.04.13 23:36

華乃子さん
他の回は見てますが、あの4回に限っては5年ぶりです。
忘れている場面だらけでした

>芹沢は近藤に出会いさえしなければもう少しまともな人生送れたかもしれない

そうかもしれませんね。
近藤さんがイケナイわけでは決してないのだけど……
ああ、切ないっ

>そこまで値崩れしちゃってるのは正直ショックですが、

あ、オークションです。
普通の店舗ではそこまで値崩れしてないと思うので、ショック受けないで下さい〜。

投稿: YAGI節 | 2009.04.13 23:38

早々さん、はじめまして。ようこそ♪

>時にはユーモアを交えて

そうなんですよ〜。
暗くなってしまいそうな話ですけど、ユーモアにとっても救われるんですよね。
そこがまた好きです。

早々さんは、「司馬氏→大河」という順番なのですね。
私は、逆で「大河→司馬氏」でしたが、『新選組血風録』はとーっても気に入りました。
特に『槍は宝蔵院流』の斎藤一が好きで好きでたまりません。

会津レポや桜の記事もお読み頂いたようで、ありがとうございます。
会津に行かれる予定がおありですか?
↓のページからは、過去に訪れた新選組縁の地の記事に飛べるようになってますので、もし興味がありましたら、御覧下さい。
http://www.hi-ho.ne.jp/yumei/sinsen/sokuseki.htm

投稿: YAGI節 | 2009.04.13 23:39

わぁ〜!「新選組!」、私も無性に観たくなってきちゃいました。
しかも私の好きな佐藤浩市さん演じる芹沢鴨がメインかと思えるくらい印象的だった京都上洛してからのこのあたりの回は特に好きです!
「組!」の芹沢鴨を語り出したら止まらなくなりそうなのですが、、、
今までの新選組作品ではほとんどがただの悪役としてしか描かれなかった芹沢鴨という人物をとても深いところまで掘り下げて、一人の人間としてきちんと描いてくれた三谷さん、そしてそれを見事に演じてくれた佐藤浩市さんは本当に素晴らしかったと思います。
涙目の鴨はたまらなかったなぁ。。

そうそう、相撲の回の斎藤さんの笑顔はとても印象的でしたね〜(^^)
あの相撲のシーンはワイワイと楽しくて好きでした♪

投稿: dandara | 2009.04.14 13:58

dandaraさん
佐藤さんの芹沢鴨、お好きなのですね。
知的な面と粗暴な面、強がりな面と気弱な面、優しい面と偽悪的な面など、対照的な色々な面を見せてくれましたね〜。演じ甲斐あっただろうなぁ。

>芹沢鴨という人物をとても深いところまで掘り下げて

1年という長い期間だからこそ出来た事だとは思いますが、芹沢を演じたのが佐藤さんでなかったら、あそこまで丁寧には描かれなかったのではないかと思ってしまいます。

>涙目の鴨はたまらなかったなぁ。。

ホントに!!

投稿: YAGI節 | 2009.04.14 23:25

YAGI節さん、リーズナブルなお値段でゲットされたとのこと
おめでとうございます♪

新選組!の感想が書きたくなるお気持ち分かります。
ワタシも某大河のお口直しに組!を見ているくらいです(笑)。
ストーリー展開の妙といい、合い間に入るコミカルでの緩急といい
今更ながらにミタニンの技量に感服ですvv
当然ですが、観ているこちら側の気合いの入り方も違いますしね(笑)。
…あ〜、ワタシも組!の感想を書きたくなってきました(爆)。

投稿: Aki_1031 | 2009.04.15 15:40

初めまして!勇春といいます。好きなのは、新選組の近藤局長様・土方副長様、会津の松平容保公、白虎隊様、後は坂本龍馬様です。彼らには決断・思想そして志が大好きです。特に池田屋事件での新選組の決断、坂本龍馬さんの思想は大好きです!(^○^)
本題の↑の記事ですが読ませて頂きました。
何か読んでたらまた『新選組!』を見たくなりました。
このドラマの芹沢さんは良い方に描かれてるし、近藤さんもうまく描かれてるところが良かったです。後、松平公が格好いい〜!(^○^)特に副長のセリフは17回の話・確か宇都宮戦のシーンも含め格好いいです。もう三谷さんは最高です。
新選組の青春・近藤と土方の親友というか友情関係が上手く描かれている大河ドラマ『新選組!』もう私はドラマの中で一番だと思います。
後、18話の相撲のシーン良かったです。
話は変わりませんが、YAGI節さんは誰が好きですか?【幕末で?】

投稿: 勇春 | 2009.04.15 17:11

Akiさん

>観ているこちら側の気合いの入り方も違いますしね(笑)。

確かに。
某大河は「ながら見」の事が多いです
『新選組!』は、まばたきするのも惜しい位の勢いで見てます…というのはちょっと大袈裟かもですが、引き付けられちゃうんですよね〜。

>…あ〜、ワタシも組!の感想を書きたくなってきました(爆)。

楽しみにしてます♪

投稿: YAGI節 | 2009.04.15 23:07

勇春さん、はじめまして。ようこそ。

>友情関係が上手く描かれている

そうそう!!
歴史物としても楽しめるのはもちろんですが、友情物というか青春物として楽しめるのも良いですよね♪

>YAGI節さんは誰が好きですか?【幕末で?】

新選組の試衛館メンバーは全員好きです!!
勇春さん同様、容保公も大好き
会津では山川大蔵も無茶苦茶好き
新選組が好きになったら、幕末が好きになっちゃって、「幕末志士」っていうだけで気になるようになってしまいました。
倒幕派ですが、高杉晋作も好きです(^^;)。
江口洋介さんの坂本龍馬も好きでした♪

でも、一番好きなのは斎藤一です

投稿: YAGI節 | 2009.04.15 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組!(17〜20回):

« 新選組、敗れざる武士達 | トップページ | ブログ合併 »