« 赤い城 黒い砂 | トップページ | 昭和記念公園・2009春 »

2009.04.28

新選組!(1~4回)

先日『新選組!』の第三巻を買った話をアップしましたが、第一巻&第二巻もゲットしました(新品)。第三巻程は安くありませんでしたが、それでも2巻合わせて(DVD4枚)5千円行かなかったので……75%オフ?

早速そのうちの1枚を見てみました。第1回から第4回です。
感想行ってみます。

◆第1回『黒船が来た』
最初にプロローグのような感じでハイライトシーンを見せ、その後過去に遡るというような作りでしたが、その最初のシーン、てっきり池田屋だと思ってました~。違ったんですね

しかし、この新選組は、新選組だけど新選組じゃないような。
えーと、初回の「御用改めである」と中盤の「御用改めである」は全然違うと誰かが言っていたような気がします。それは糸井重里さんだったか、三谷幸喜さんだったか?
なんか、やっぱり初回の「御用改めである」は迫力に欠けるような気がします。今見ると、どこか軽い感じがしました。やってるうちにどんどん「らしく」なっていったって事なのかもしれません。

ヒゲの無い斎藤さん、ステキ~
そして、1854年の沖田はそういえば、子役だったんですね~。

裸になるシーンが多かったのがちょっと複雑な気分。
「裸で視聴率を取ろうとしている」という悪口を目にしたことがあったもので

後半のシーンは、総集編で見慣れている所が多かったので、特に新たな感慨というのはありませんでした。

◆第2回『多摩の誇りとは』
忘れている部分が多いと、改めて見た時に新鮮な気分になったりするのですが、この回は印象に残っていたせいか、今回見て新たに抱いた感慨や再発見などは特にありません。あ、左之助がここで登場していた事は忘れてました

◆第3回『母は家出する』
坂本龍馬を見かけた時の近藤の嬉しそうな顔といったら!! この頃の近藤は坂本の事が大好きという設定だったのですね~。おまけに剣術勝負までやっちゃってる。防具付けての試合とはいえ、龍馬vs近藤の勝負なんて、夢の対決です。しかし、こんなシーンがあった事、全くおぼえてませんでした。今見るとワクワクしますが、リアルタイム視聴時は平然と見ていた気がします。

橋本左内が出ていた事も全く記憶にありませんでした。しかも、試衛館を訪れちゃっていたとは~!! かつての私にとっては、橋本は「エキストラA」程度の意味しか持っていませんでしたが、今はもちろん重要人物になってます。

途中の近藤の「俺達は一生多摩の百姓なんだ」という台詞で「あぁ、ネガティブな事言っちゃってるよ」と軽くがっかりさせておきながら、「日本一武士の心を持った百姓になってみせる!!」と力強く続ける所にシビレました。バックは稲光だし

しかし、あんなに龍馬になついておきながら、見送りの約束をすっぽかす近藤って

◆第4回『天地ひっくり返る』
リアルタイム視聴時は桜田門外の変にはまーったく興味が無かったので、これも今見ると感慨新たです。試衛館門人が桜田門外の変に絡んでるって、すごい設定ですよね~。この辺、全く詳しくないのですが、創作……ですよね?

そして、斎藤さん初登場(初回のプロローグを除く)。
第4回では「山口一」と名乗っていたのですね。
強そうですが、芹沢には締め上げられちゃう斎藤さん。残念ながら、貫禄負けって感じだ~

|

« 赤い城 黒い砂 | トップページ | 昭和記念公園・2009春 »

コメント

ホントにいいなあ~ 「新選組!」って~
こういう記事を読むとつくづく思います♪

で、第一回、私も最初、アレが池田屋だと思ってました!
けど確か、、桂小五郎を捜すシーン、でしたね。

第三回、えっ!?龍馬と近藤さんが勝負するシーンなんて、有りましたっけ?、、、思い出せません(^_^;)

第四回、アレって創作?だったんですか?
土方さんが井伊直弼に関しての俳句残してるから、てっきり
史実だと思ってました。

けど、YAGI節さん、買い物お上手ですね(*^^)v

投稿: あさぎ | 2009.04.28 11:20

初期の頃はやはり、何となく皆、手探りでやっているという感じがありましたね。
初回の御用改め、柳屋と言ってましたね。
三谷先生、最初の構想では、半年かけて、初回の場面に戻ることを考えていたとか。これも話が進むうちに変わってしまったということでしょうね。人物のキャラも何となく違う感じがします。
第4回は創作だと思います。

投稿: 桃源児 | 2009.04.28 17:48

あさぎさん
龍馬と近藤さんの勝負……勝負というにはかわいらしすぎるのですけどね(笑)。
だって、土佐へ帰るという坂本に「見送らせて下さい」と申し出て、「恥ずかしいきに」と断られると勝負を持ちかけ、「私が一本でも取ったら見送らせて下さい」ですよ~。
なんて微笑ましいんだ~

>第四回、アレって創作?だったんですか?

井伊直弼襲撃メンバーの中に「広岡子之次郎」という人が参加している事は確かですが、彼が天然理心流を習っていたっていう辺りから雲行きが……
「それはナイでしょ~」と思いつつも、「いや、でも、わかんないよ? 絶対ナイとも言い切れないかもよ」みたいな感じで面白かったです。
おかげで広岡と近藤&斎藤&芹沢が顔を合わせるというミラクルを堪能出来て、話が俄然面白くなったので、この手のフィクションは大歓迎です♪
どうせなら、土方さんも出して、あの句を詠ませて欲しかったですね。

投稿: YAGI節 | 2009.04.29 00:53

桃源児さん

>半年かけて、初回の場面に戻ることを考えていたとか。

そうなんですか~。
芹沢の魅力に取り憑かれ、予定以上に時間を使い過ぎてしまったのでしょうね(笑)。

第4回、史実と創作が巧みに合わさって、とっても面白い回ですね♪
リアルタイム放送時は、私まだ桜田門外の変の重要性をあまりわかっていなかったので、その面白さをあまり感じ取れなかった気がします

投稿: YAGI節 | 2009.04.29 00:54

『新選組!』の第一回めの放送の最初のシーン私大好きです!近藤さんや沖田さんや原田さんや永倉さんの斬り合うシーンが格好いいです!斉藤さんひげない方が格好いいですね!
坂本さんと近藤さんの夢の対決良かったです!
江口龍馬とても似てます!
第四回は、創作だっだんですか。
てっきりあの通りなのかな?と思いました!
この1~4の回の近藤さんのセリフと土方さんのセリフは、好きですね!【決め台詞っぽい?】

投稿: 勇春 | 2009.05.01 19:29

勇春さん
新居(?)にようこそ♪

近藤さんの名セリフ、沢山ありますが、やっぱり、「日本一武士の心を持った……」っていうのはイイですよね~。
そして、だからこそ、最期切腹ではなく斬首だった事が切ない

>斉藤さんひげない方が格好いいですね!

ですよね~
斎藤さんって、どうもムサい感じに描かれている事も多いんですが、あの当時は若いんですから、ああいうつるんとした感じ、イイと思います。
今週刊文春で連載中の『一刀斎夢録』では、斎藤さんの顔がかわいい(人斬りに見えない)という設定になっていて、ちょっと新鮮でした。

投稿: YAGI節 | 2009.05.01 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組!(1~4回):

« 赤い城 黒い砂 | トップページ | 昭和記念公園・2009春 »