« 壬生の血煙 | トップページ | 新選組 京都青春録 »

2009.05.14

レッドクリフ PartⅡ

キューピー目当てで早々前売券を買った『レッドクリフ PartⅡ』、ようやく見て来ました。

Sonp右のキューピー(孫ピー)の写真はパソコンの前で撮りました。多分わからないと思いますが、孫ピーを意識して背景は孫権の画像です。

で、感想ですが……
面白かった~♪ 私好みでした。
関羽と張飛の出番が少なかったのは残念でしたが、トータルではPartⅠよりずっと気に入りました。
Ⅱは人間ドラマが多かったです。いや、戦闘シーンもたっぷりありましたけどね。

以下、ネタバレあります。

個人的にはなんといっても孔明。無茶苦茶カッコ良かったです
「約束した事は、最後まで違えません」と勝ち目の無さそうな戦地に残る姿から、会津に残る斎藤さんを連想してしまった私です
こういうのに弱いんです。大好きです。
もうシビレまくり。

先日、楠正成の話を書きましたが、戦いの天才で奇策を用いるんだけど義の人で……楠正成と孔明もダブります。近藤勇は楠正成と『三国志』が大好きだったようですが、きっとこういう話をワクワクしながら読んだんだろうなぁ。

ところで……
理解力が無くて恐縮なのですが、一旦退却した劉備は、いつ曹操攻めを決意したのでしょうか?
なんか「敵を欺くには味方から」みたいな事言ってたし、最初からそのつもりで孔明を置いて来たの??
でも、張飛はともかく(失礼)、関羽まで騙すって事はないですよね。
という事は、やはり孔明の一存で残ったのか?

レッドクリフPartII -未来への最終決戦-フォト&ストーリーガイド (TVTaro特別編集) (TOKYO NEWS MOOK)あと、病兵を見舞う曹操の行動。
私は元々曹操が嫌いじゃないんで、「うんうん、いいよ。曹操こうでなくっちゃ♪」と思ったんですが、あれ、「士気を鼓舞する為に考えた計画的なパフォーマンス」という風に取れなくもない……。自分の子供に対する愛情溢れるように思えた発言も、本当に優しい気持ちで言っていたのか計算だったのか、あるいはその両方なのか……わからないんです。笑顔で人を殺すような所ありますから。わからない所が曹操かなぁ。

あ、孔明が楠正成だったら、曹操は織田信長かも。
「恐い人。でも意外と良い人かも。いや、やっぱり恐ろしい人だ。いや、でもしかし……うーん、よくわからない」みたいな。

って、前回は登場人物をバンドマンにたとえ、今回は日本の武将にたとえるって、どんだけたとえ話が好きなんだ>自分

印象的だったのがデブ助と孫叔材のエピソード。
ちょーっと浮いていた感は否めないものの、孫叔材のありえない程のお人好しぶりはたまりませんでした。大人しく見ていた私ですが、彼が討たれた時だけは思わず「あ゛!!」と声を上げてしまった……
切なかったです~。

今回も公式サイトでは予告編メーカーを公表してました。
また面白い作品を見つけたので、貼りつけておきますね。

実際の金城さんは、トニー・レオンに引けを取らない素晴らしい役者さんだと思いますよ♪

|

« 壬生の血煙 | トップページ | 新選組 京都青春録 »

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
VQGnPaaH

投稿: hikaku | 2009.05.14 00:17

レッドクリフパート2、是非とも劇場で観たい!
と思いつつ、未だに観に行けてません(涙)
いや~ しかし、例え話が書けるというのは、スゴイ事ですよ!
知識が豊富じゃないと書けませんもん。
いや~しかし、YAGI節さんの記事読んでたらますます観に行きたくなりました。

ところで、、予告編の動画?
メチャメチャ面白かったです!
「え?もう終わり?」って感じでもっと観たかったなぁ!(^^)!
いっそのこと、劇場でもこういうノリのストーリーでもいい!
なんて思ってしまいました(^_^;)

投稿: あさぎ | 2009.05.14 15:24

あさぎさん
はい、これは是非劇場で観ていただきたいです。
お忙しいのですか? うまく都合が付くと良いですね。

知識は……ザルに入れてる気分です。入れるはじから流れ落ちてる気が……。
ちっとも貯まらないのが情けない

あの予告編(?)作品、凄いですよね。
本当に字幕のような言葉を喋っているように見える!!
映画館ではあんなに凛々しく見えた金城さんが、ここでは愛すべきヘタレとしか思えない~(笑)。

投稿: YAGI節 | 2009.05.14 23:26

レッドクリフpartⅡ、見応えがありましたね。
やはり、水上戦、すごい迫力でした。
劉備の言動、本当にわかり辛い。
曹操が織田信長、そういえば、そんな感じがします。

投稿: 桃源児 | 2009.05.16 23:33

桃源児さん
ホント、迫力ありましたね~。
夜のせいで、またⅠとは雰囲気の異なる映像になっていて飽きませんでした♪
『レッドクリフ』気に入ったんですが、印象の薄い劉備だけは何となく違和感あります。
『三国志』の主役は劉備だと思ってたんだけどな~。

投稿: YAGI節 | 2009.05.17 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壬生の血煙 | トップページ | 新選組 京都青春録 »