« 河を渡った | トップページ | 幕末・英傑たちのヒーロー »

2009.05.04

今見ているドラマ

現在、『ぼくの妹』『臨場』、そして懲りずに(?)『天地人』を毎週見ています。
民放の2本は、オダギリジョーさんと内野聖陽さんという主役につられて見てます。

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2009年 02月号 [雑誌]『ぼくの妹』は、日曜だし、そのタイトルから、最初は「ほのぼのホームドラマ」を連想しました。
ホームドラマにあまり興味の無い私は、あまり期待せずに見始めたのですが、これが予想とは全く違う雰囲気のドラマで、回が進むにつれて面白くなってます。
初回は「え~、これからどうなっちゃうの!?」と先が気になり、
2話目はオダギリさんが無茶苦茶ステキでうっとり(あれで髪型変えてくれたらなぁ)、
そして3話目はただの猟奇キャラだと思っていた千原ジュニア演じる九鬼の意外な正体(?)が描かれ興味津々でした。

昨年起きたマンホール増水事故(下水道内にいた作業員が雨による増水で流され死亡した事件)は、とても印象に残っています。
脚本の池端俊策さんにとっても、あれは相当印象に残る事件だったのでしょうか。3話目はあの事件がモチーフとなっていました。

ドラマの中には「(地下で惨事が起こったのに)地上は平和だった、何事も無かったかのようだった」というようなセリフがありましたが、当時私も「あの程度の雨でそんな悲惨な事になっちゃうなんて」と、衝撃を受けました。それだけでもショッキングだったのに、池端さんはそこに更にドラマチックなエピソードを加えていました。

ちょっと気になって調べてみたのですが、池端さんって、NHKドラマ『帽子』の脚本を書いた方だったんですね。『帽子』は芸術祭優秀賞を取ってます。
緒形拳さんの追悼で再放送されたこの作品を途中から見たのですが、とても引き込まれました。そういえば、あれも家族の絆をちょっと変わった角度から描いた作品でしたが、仕事の描写にもかなり力が入っていたなぁ。そういう事を描くのが好きな方なのかもしれません。

ちなみにこの方、『あの戦争は何だったのか』も担当していました。
ウィキペディアに載っていた最新作は『ぼくの妹』、その前が『あの戦争は……』、その前が『帽子』となっていたのです。私は池端さんの最も新しい作品3本を観ていたようで、これにはちょっとビックリしました。しかも、(好きとは言いませんが)思い入れのある作品ばかり~。ドラマは1クールに多くて3本位しか見ないので、ハードウォッチャーという訳ではないと思うんだけどなぁ。相性が良いという事でしょうか。

という感じで、ますます見逃せなくなってきました。

『臨場』は……
毎回死体が出て来るのが辛いです。主役が検視官なので、死体は避けられないのです~
あと、内野さんと高嶋政伸さんの対決シーンは舞台ちっくで、テレビで見るにはちょっとヘビー過ぎる感じも……。ちゃんと見るのは疲れるので、ついつい流し見しちゃう事が多いです。話は初回以外は割と面白いですが、一話完結なので「何が何でも見逃せない」という感じはないかも。
内野さんはノーブルな雰囲気が好きだったのですが、『風林火山』以降は勘助のイメージのせいか、骨太な役ばかりですね……。

織田信長 騎乗『天地人』は、不毛の兄弟対決が終わったと思ったら、今度は「味方を見殺しにせざるを得ない」という、これまた苦い展開となっていて、これもちょっと見るのがキツイです。次回はいよいよ本能寺の変なので、これは楽しみですが、信長出なくなっちゃったら、何を楽しみに会津まで乗り切ったら良いのだろう……。

あ、そうそう、武田勝頼役は市川笑也さんだったんですね!!
歌舞伎役者の中で一番好きだった事もあるのに……亡くなるシーンの直前まで気づきませんでした。情けない~ テレビドラマに出ている所、初めて拝見しました。
歌舞伎といえば、八重垣姫のモデルが菊姫だった事は『天地人』のおかげで知りました
いや、八重垣姫って勝頼の許嫁なのですよ。それが景勝の奥様だなんて、無茶苦茶ビックリしました~。

|

« 河を渡った | トップページ | 幕末・英傑たちのヒーロー »

コメント

私も懲りずに(笑)「天地人」はずっと観てます!

ホント、先週の回は切なかったですよね(-_-;)
私、「降伏したらいいのに~!」って思ってました。

武田勝頼役の方、歌舞伎役者さんだったんですね~
品のあるお顔立ちをされてましたね♪

投稿: あさぎ | 2009.05.05 07:45

あさぎさん
主君の命令に背いてまで戦うって、どうなんでしょうね~。
恭順する慶喜を後目に戦う旧幕府軍……
って、やっぱりつい新選組を連想しちゃいます(^^;;;;)。
こういう事考えだすと、何が正しくて何が間違ってるとか、わかんなくなっちゃいます。
正解不正解なんて、ないんでしょうね。

>武田勝頼役の方、歌舞伎役者さんだったんですね~

初めて見た時は、まだお若くて、それはそれはかわいらしかったです(女形です)。
信玄役をやった某方より、ずーっとキレイでした(失礼)。

投稿: YAGI節 | 2009.05.06 01:45

帽子、覚えています。玉山鉄二さんも出ていましたね。
ぼくの妹、あのドラマの脚本家のドラマだったんですね。
天地人、謙信と信長がよかったのですが、とうとう、来週で。信長もいなくなるんですね。
この先が心配かも。

投稿: 桃源児 | 2009.05.06 20:27

桃源児さん
おお、『帽子』、御覧になってましたか。
とても余韻が残る作品でした。
玉山さん、景虎とは全く雰囲気の違う「今時の青年」って感じでしたね。
池端さん、かなりスゴイ作品に色々携わっている方みたいでした。

>天地人、謙信と信長がよかったのですが

ですよね~。
あとは、秀吉&三成に期待します。

投稿: YAGI節 | 2009.05.06 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今見ているドラマ:

« 河を渡った | トップページ | 幕末・英傑たちのヒーロー »