« レッドクリフ PartⅡ | トップページ | 東京でも新型インフル »

2009.05.17

新選組 京都青春録

『歴史秘話 ヒストリア』見ました。副題「新選組 京都青春録」。

なんというか……普通の番組でした。
不満な点は特に無いのですが、特別良かったという点も思い当たりません。
一番印象に残ったのが、渡邊あゆみアナの「歳ちゃん、調子乗りすぎ」という一言でした。「他に無いなんて、どんだけ印象薄かったんだ」って感じですよね

いや、良い番組だったとは思います。
ただ、「NHKだったら、これ位やってくれるよね」という期待があって、そこはちゃんとクリアしてくれてるんだけど、大幅に超えてくれた訳でもないって感じ?
ビギナーだと思っていた自分も、いつの間にかマニアになって、目が肥えてしまったのかも知れません。

という感じで、感想らしい感想も書けないので、スルーしようかとも思ったんですが、もう当分新選組の番組なんて無いかもしれません。やっぱり貴重な番組だったと思うので取り上げてみる事にしました。

強いて(?)良かった点を挙げてみると……

渡邊アナが、わざわざ八木邸に足を運んでくれた事♪
いい映像を見れました。
庭が意外とキレイですね。今迄そんな事はあまり意識した事ありませんでしたが。
鴨居の刀傷も見やすく撮れていました。

見やすいといえば、八月十八日の政変の時に使ったという土方の鉢金。
あれ、土方資料館で実物を見ました。刀傷が入っている旨の説明文はありましたが、ガラス越しなのでどんなに目を凝らしても私には傷が見えなかったんです(目悪いし)。
ああやって明るくアップで撮ってくれるとちゃんと見えるんですね~。ちょっと感動しました。

そして、本でしか存じ上げていなかった菊地明さんと、ブログでしか存じ上げていなかった中村武生さんの動く姿を見られたのも興味深かったです。

京都の江戸時代をあるく―秀吉の城から龍馬の寺田屋伝説まで2年程前、幕末に関するあるネガティブな話を目にしました。
「この話、ショックなので、信じたくないなぁ」と思いつつも、真偽が知りたくて色々検索し辿り着いたのが中村さんのブログでした。
中村さんのブログを読んで、「あ~、どうやら、この嫌な話はホントだったんだなぁ」と納得しつつも、「でも、この中村って人、ホントに信ずるに値する人なの?」と気になり、その後ずっとチェックするようになり現在に至りました。「信じて良いのか確認する為」なんて、今思えば、とんでもなく失礼な動機ですね。すみません。

「『歴史秘話 ヒストリア』で新選組の特集をやる」という事も、中村さんのブログで知りました。
今度は「古高の自白は無かった」という、これまた「信じて良いの?」というようなビックリ発言をされてました。これに関しては、もう少しおっしゃりたい事があったようで、ご自身のブログでは発言の真意について、補足されてました。

しかし、「池田屋事件で土方隊の到着が遅れていたら、近藤は生きていなかったかもしれない」という事で、幽霊姿の近藤の絵を見た時はドキッとしました。ホント、あそこで近藤が亡くなってたら、どうなっちゃってたんでしょうね~。

|

« レッドクリフ PartⅡ | トップページ | 東京でも新型インフル »

コメント

土方さんの鉢金、私もガラス越しに見た時は傷跡がよく分かりませんでした。
ホント、今回の映像は良かったですよね!はっきり見えて。

YAGI節さん、前から中村先生のブログはチェックされてたんですね。

で、”幽霊姿の近藤さん”!
ホントに、強運の持ち主なのか、良かったですよね。

投稿: あさぎ | 2009.05.17 10:00

土方さんの針金、資料館で見ても映像で見てもその傷跡が分かりますね!
沖田さんの恋人や沖田さんについての内容は分かりやすかったです!(^○^)
古高さんの拷問はなかった話、YAGI節さんの読んだ後中村先生のブログ見たら納得しました!!
幽霊の近藤さん。私もビックリです!
近藤さんは、運が強いですね!

投稿: 勇春 | 2009.05.17 12:13

あさぎさん
見えないの、私だけじゃなかったのですね~>ガラス越しの傷跡。
そういえば、あさぎさんも、たま~にメガネかけていらっしゃいましたね。

>前から中村先生のブログはチェックされてたんですね。

タイトルは殆どチェックしてます。
実際読むのは、興味のあるタイトルの時だけなんですけど(^^;)。
直江兼続話とか全然読んでない……

あ、でも今日の『天地人』、久々に面白かったです♪

投稿: YAGI節 | 2009.05.17 22:37

勇春さん
勇春さんは資料館でも傷跡が見えましたか。
目が良いのですね。羨ましいなぁ。
近藤さん、銃で撃たれても死ななかったし、やっぱり強運の持ち主なのかな。

投稿: YAGI節 | 2009.05.17 22:38

お久しぶりです。
ビギナーなのにヒストリア池田屋事件は引っ掛りました。中村氏のブログを見ましたが、古高の自白が無く事前の情報が得られなくとも新選組の監察は動いていたと思うのです。
ローラー作戦で最後に残ったのが偶然池田屋。土方隊に報せを走らせたにせよ合流も偶然。確かに通信網は発達していなかったにせよ、そんなに偶然って重なるものでしょうか?

土方の鉢金、私も刀傷分かりませんでした。今回アップの映像で確認できました。必死の戦いの後が見てとれ感動です。

投稿: 早々 | 2009.05.17 23:04

早々さん、お久しぶりです♪
早々さんも、生では鉢金の傷、見えませんでしたか。
あんなにあったなんて、ビックリですよね~。

で、「探索前に池田屋とは特定出来ていなかった」という説は前からあるので、そこには引っかかりませんでした。
「一軒一軒苦労して探して、ようやく見つかった。見つかったから報せを走らせた。一時は危険だったけれど、近藤さん達が頑張っている間に何とか土方隊が間に合った」という事で、それ程疑問には思わなかったのですが、変かな?

「一軒一軒」とはいっても、店は多くても探索の範囲はそれ程広くないみたいですよ。
隠れている不逞浪士を探すのは大変でも、見廻りをしている土方隊を探すのはそれ程難しい事ではないかも。
とはいえ、数分の遅れが命取りになりそうなので、間に合ってホントに良かったぁ
……てな感じに考えてます。
手持ちの『新選組大全史』をかなり信じちゃってる私です(^^;)。

投稿: YAGI節 | 2009.05.18 19:24

いえ、引っ掛ったというのは土方隊の合流なのです。
土方隊も動いていたのだから、知らせを受け池田屋に合流するのは必然と考えましたから。間にあった事が偶然と言ういう意味だったのでしょうか。としたら言語的表現を変えた方がすんなり受け入れられたのですが。
でも本当に間に合って良かったですね。数分と言う時間差が歴史を変えるところでしたし、新選組の浮沈が掛かっていましたもの。ごめんなさい。屁理屈になってしまったかも。

投稿: 早々 | 2009.05.18 20:34

早々さん
きゃ~、勘違いしてすみません。
もう、ホント理解力なくて、お恥ずかしい限りです
「偶然」じゃなくて「必然」って事ですか(あれ、また勘違いしてる?)。
確かに番組では「偶然」って言葉、使いすぎてた感じしますね。

投稿: YAGI節 | 2009.05.19 01:01

私も渡邊アナのあの一言が一番印象に残っちゃいました(^_^;)
あの鬼の副長と言われた土方さんを恐れ多くも「歳ちゃん」と呼んでしまうなんて、、、あの一言はかなりのインパクトでした(笑)

中村さんのこの本面白そうですね!
寺田屋の一件は私もかなりショックでした、、、でもやはり歴史に関しては真実が知りたいのでこういう本はかなり興味あります。

投稿: dandara | 2009.05.19 22:08

dandaraさん
寺田屋の件、ショックですよね~。
写真撮影OKと言われて、大喜びで撮りまくった私は一体

しかし、更にショックだったのは某料亭の話で、本文に書いた「ネガティブな話」というのも実はそっちの事です。
もっとも、それに関する中村さんのスタンスは以前と最近とでは随分変わって、ちょっとビックリしました(^^;)。

投稿: YAGI節 | 2009.05.19 23:18

筆者もほぼ同じ感想です。
新選組ファンなら、ほぼ皆、知っているだろう内容で、新鮮味はなし。でも、決して悪くはない。
拷問はなかったという話、どうも中村さんの真意とは違う風に編集されて放送されたみたいですね。
ちょっと、これはNHK,やりすぎかもしれません。

投稿: 桃源児 | 2009.05.20 05:18

桃源児さん
人に何かを伝える事って難しいですね。
番組作りも難しそう。

投稿: YAGI節 | 2009.05.20 22:39

亀コメント失礼します~。
(実は、ココログが重くて開けないことがしばしばありまして

>なんというか……普通の番組でした。

その一文が、すべてを表しています(笑)
私も自分のブログで取り上げたものの、書くことがなくて・・・。
番組の内容とは無関係なことを書いてしまいました。
(なら書くなよ、って感じですが(^-^;)
大河ドラマばかりか、歴史ドキュメントのレベルも下がったのかなあ・・・。

投稿: まきこ | 2009.05.21 19:50

「レベルが下がった」というのは語弊があるので、訂正します(汗)
5月13日放送の番組について言えば、
「初心者向けの内容」という感じでしょうかね。

投稿: まきこ | 2009.05.21 19:58

まきこさん
ココログ、重かったですか。ご迷惑おかけして、申し訳ありません~。

>書くことがなくて・・・。
>番組の内容とは無関係なことを書いてしまいました。

私も、「ホント書くことない」って思いました
書きだしたら長文になってましたが、番組の内容というよりは思い出話で長くなってるし(爆)。

>「初心者向けの内容」という感じでしょうかね。

ですね~。
公共の電波を使って、あんまりマニアックな事をやるわけにもいかないかも?

昨夜の放送(江藤新平)はとっても面白く感じましたが、江藤の事は新選組の事程は知らないからのような気もします。

投稿: YAGI節 | 2009.05.21 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組 京都青春録:

« レッドクリフ PartⅡ | トップページ | 東京でも新型インフル »