« 狂言劇場その六B | トップページ | 新選組鬼隊長 »

2009.07.05

邦楽リズム御殿

今度は4日前のお話です……段々時間差が縮まってきてますね。

7月1日に、
「仙波清彦Presents邦楽リズム御殿 デーモン小暮閣下ご登場!」
というイベントを見て来ました。

Semチケットを受け取る際の確認時に「デーモン小暮のチケットですね」と言われましたが、それでいいのでしょうか(笑)。

実は、どういうイベントかよくわからずにチケット買ってしまいました。
会場である文京シビックホールのHPには、
「日本古来のリズムを、鼓奏者の仙波清彦とあのデーモン小暮閣下が楽しく解説します」とありましたが、閣下は解説だけなのか、歌うのかも不明。

恥ずかしながら、仙波清彦さんの事も知らなかったのですが、THE SQUARE(現T-SQUARE)の元メンバーだったのですね!! 「鼓奏者がTHE SQUAREって、どういう事!?」って感じですけど、邦楽囃子の家元の家に生まれたのだそうです。邦楽と洋楽(っていうとちょっとニュアンス違うけど)の架け橋のような方なのかな。
東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業との事。野村萬斎さんの先輩だ~。

まずは聴いた事のない曲が演奏されました。
ギター、ベース、キーボード、バイオリン、ドラム(仙波さん)がいるのに、雛壇があって鼓を持った人がいる~。笛がいる~。彼等が一緒に演奏しているのです。なんか不思議な光景。でも違和感はありませんでした。っていうか、イイ感じです。
演奏が終わると仙波さんが、「どうだい、面白いだろう?」と自信たっぷりに言いました。うん、面白いっ!!

そして、「普通はスペシャル・ゲストというのは引っ張るんだけど、もう呼んじゃいます」と2曲目をスタート。イントロで閣下が出て来ました。テレビでお馴染みの感じですが、違う所といえば番傘を持っていた事。和を意識しているのですね。
途中、閣下から白い光が出ているような感じで、ライトを客席に向かって当てるライティングがあり、思わず先日の狂言劇場での『雷』を連想してしまった私でした。閣下は雷様か(^^;)。
生で閣下の声を聴いたのは10年以上前の事なので忘れかけてましたが、やっぱりイイ声してますね~。話す時は悪魔っぽい声(?)を出してますが、歌う時は二枚目の声なんですよね。時々思い出したように悪魔テイスト(?)を入れますが、基本美声。あのメイクで有名になった事は果たして良かったのかと考えさせられる瞬間です。いくら声が良くても、それだけだったら、これ程の有名人にはなっていなかったかも知れませんが。

そして、解説タイム。
神楽・雅楽・能・歌舞伎の違いなどを解説してくれて、とても興味深かったです。
「神楽はシャーマニズム的、雅楽は外国(大陸)風、能は武士の音楽、歌舞伎はフュージョン」なんてたとえていて、すごく納得。
「フュージョン」というあたりは「さすが元THE SQUARE」なんて思ってしまいましたが、元々「フュージョン」は「融合」という意味なんですよね。現代人はどうしても歌舞伎を1つのジャンルみたいに考えがちですが、歌舞伎って能や文楽など色々な物の「イイとこ取り」みたいな感じがありますから。

閣下の相撲解説などもあって、それもとーっても面白かった。途中「話逸れてるよ~」と思いかけましたが、相撲経由で「呼吸」の話をしたかったようで、これも納得。
閣下の話はもっと聴きたかったなぁ。

解説の後はひたすら演奏という感じになってしまったんですが、皆が知っている曲を混ぜてくれたらもっと楽しかったかも。
知らない曲ばかりを聴くのは、余程インパクトがあったり自分の好みに合った曲でないと集中力がもたないんで……。
と思っていたら、ラスト(アンコール)は『365歩のマーチ』。それ迄皆さん大人しく聴いてましたが、最後は殆どの人が立ってました。

貰ったチラシの束の中に「野村万作・萬斎狂言の夕べ」のチラシが入ってました♪
今年もシビックホールでやるんですね~。萬斎さんの解説もあるみたい。楽しみです。

|

« 狂言劇場その六B | トップページ | 新選組鬼隊長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狂言劇場その六B | トップページ | 新選組鬼隊長 »