« さよなら秀吉 | トップページ | あの人が逮捕 »

2009.09.08

ウォーゲーム新選組始末記

『ウォーゲーム日本史』ってご存知ですか?
「日本史における重要な戦い・争乱の一つを再現したウォーシミュレーションゲームに、歴史解説書がついています」(【季刊:ウォーゲーム日本史】公式WEBサイトより)という物です。
今年の春に創刊され、創刊号が『新選組始末記』だったようです。買ってみました。
そういえば昔、弟が買っていた雑誌付録の『キン肉マン』のウォーゲームにハマった事があったなぁ……。

季刊 ウォーゲーム日本史 第1号 新選組始末記 (ゲーム付)佐幕派vs勤皇派の2人用ウォーゲームです。ルールを把握するのにかなり時間がかかってしまいました。AV機器の説明書とか読むのはキライじゃないんですが、ルールブック読むのは苦手かも~

紙製なので、折り目のある所に駒を置きにくいのが難点。プラスチック製だったら良かったけれど、そしたら手軽には買えない値段になっちゃうのかな?

史実通りとはいえ、前半は佐幕派、後半は勤皇派が有利になってます。
佐幕派は大量リードしていても、逆転されちゃうのです。
最初は知らん顔している薩摩の、後半の怒濤の加勢が憎たらしい(^^;)。
山南さんがいとも簡単に勤皇派に寝返るのもショッキングでした。
斎藤さんが、簡単に死んじゃったり……
いや、斎藤さんだけが弱いわけではなく、土方・永倉・原田など、幹部はほぼ同じ強さなのですけどね。山南さんと藤堂がちょっと弱いです。なぜか源さんは超弱いです。武田観柳斎より弱いって、ありえないんですけど~(涙)。
で、沖田だけがずば抜けて強い。「実際は斎藤さんとそんなに差があるとは思えないのに」とちょっと嫉妬(笑)。

Game1 Game2

鞍馬天狗がいる所が、超ポイント高し!!
とはいえ……写真に撮る為に並べてみましたが、実際にはこの駒、出番はあまり無いです

ゲームといえばコンピューターという現代ですが、たまにはこういうアナログな遊びも良いですね。想像力をかきたてられます♪

ちなみにこのシリーズ、第2号は『新・戦国大名』、第3号は『関ヶ原戦役』だそうです。
どちらも『天地人』ファンには良さそうですね。

昔我が家には大坂夏の陣のボードゲームもあったっけ……。

|

« さよなら秀吉 | トップページ | あの人が逮捕 »

コメント

それって、「人生ゲーム」みたいな感じのゲームなんでしょうか?
さいころを振ってコマを進める、みたいな?
結構、面白そうですね♪

鞍馬天狗といえば、、パッと浮かんだのが野村万斎さんなんですけど、、、

そうそう、あ、ここに書いてもいいかな?
「殺生石」についてなんですが、、、
あれに出てくる”シサム・カムイ” 泰成!
読んでた時、頭に描いていたのは野村万斎さんでした(^^)v

投稿: あさぎ | 2009.09.09 13:31

高杉だーーーーー!!!(嬉)
ちょ、お顔がよく見えな…

新選組や薩長に混ざって、なぜに鞍馬天狗なのか
製作者サイドに強烈なファンがいるからなのか
色々聞いてみたい心境に駆られますね~(笑)、

投稿: Aki_1031 | 2009.09.09 19:42

あさぎさん

>「人生ゲーム」みたいな感じのゲームなんでしょうか?

あ、写真はなんだか「よーいドン!」みたいな感じに映っちゃってますね(^^;)。
実際は、人生ゲームというより、軍人将棋に近いような感じです。コマは数十個あって、登場人物は100人以上なんですよ(新選組隊士は40名)。
この写真ではわかりづらいかも知れませんが、表紙は土方さん(と龍馬)です!

泰成は安部晴明の子孫ですからね~。私も最初連想しました>萬斎さん。
ただ、読んでるうちに、「もっと年長かな~」という気になり、だんだんダンブルドア校長先生(今の)になりました(^^;)。
あさぎさんも「ハリー・ポッター」を連想されたのですよね♪

Akiさん
実は、絵には数パターンしかなく、高杉と桂と西郷と龍馬は、背景以外同じなのです
違ったら、ポイント無茶苦茶上がるのですけどね。
皆、駒の一つに過ぎません……
あ、鞍馬天狗だけスペシャルです。さすがにあれは使い回しは出来なかったようです(笑)。

このゲームには通常のルールの他に、選択ルール・仮想設定というのがあるんです。
「芹沢鴨や田中新兵衛や吉村寅太郎、平野国臣が生きていたと仮定して遊んでみる」とか「月形半平太や鞍馬天狗が実在したと仮定して遊んでみる」というルールがあるんですよ(武市半平太のコマはちゃんと別にあります)。
ちなみに「鞍馬天狗は殺人を絶対にしない」という設定になっていて、どんなに重傷を負わされても、やられた相手は後に復活出来るというルールになってます。

投稿: YAGI節 | 2009.09.09 23:19

へぇ~♪こんなゲームがあるんですね!
初めて知りました。
鞍馬天狗~!と思ったけど出番はあまりないのですね(^_^;)
でも天狗サマが入っているのは嬉しいですね♪
コンピューターゲームも楽しいけどたまにはこういう懐かしい遊びのゲームもいいですね!

投稿: dandara | 2009.09.10 00:01

dandaraさん
はい、こんなゲームがありました♪

>でも天狗サマが入っているのは嬉しいですね♪

そうなんです~。意外だったので、余計に嬉しくて。

ホントは特別ルールで、月形半平太が死なないと登場させられない天狗サマですが、コンピューターゲームとは違うので、「ルールなんて対戦者と相談の上、好きにアレンジしちゃっても良いかな」なんて邪な事を考えはじめてます(笑)。

投稿: YAGI節 | 2009.09.11 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら秀吉 | トップページ | あの人が逮捕 »