« 野馬台の詩 | トップページ | 奉納靖國神社夜桜能(第二夜) »

2010.03.30

ONE vs HALF

このタイトル、面白い~。
ONEは一、HALFは半。
つまり斎藤vs中村次郎。
そんな素敵なタイトルのお芝居を観て来ました。
劇団め組の公演です。

Oneタイトルだけではなく、中身も面白かったです。
劇団め組のお芝居は昨年の『新選組』に続き2度目ですが、前回よりずーっと面白かったです……って、斎藤さんが主役だと、甘くなっちゃうかな(笑)。
新選組関係は多数読んだり観たりしたので、最近はあまり新鮮さを感じなくなってしまっているんですが、薩摩物は見慣れていないので新鮮に感じたというせいもあるかも。

相変わらず図書館で読み続けている『週刊文春』連載中の『一刀斎夢録』では斎藤さんが西郷隆盛について語るシーンがあるんですが、ついつい重ねて観てしまいました。
小説の中の斎藤さんは「西南戦争では薩摩を討てる事が嬉しくて当時は深く考えていなかったけれど、あの戦争が実は西郷の狙い通りで、それにまんまと乗せられた」みたいな感じで振り返っていました。
今回の舞台では西南戦争そのもののシーンは無かったけれど、途中で西郷が命を賭けて償いをするというようなセリフ(正確には覚えていないのですが)を言うシーンが伏線的にありました。
西郷は本当に日本の平和の為に西南戦争を起こしたのか……? 西南戦争をどう考えるかは佐幕派の私にとっては、まだ難しいです。

斎藤さんは幕府隠密で、新選組加入前から諜報活動をしているという設定でした。
まるで、子供の頃からそうなるべく育てられたっぽい(^^;)。
なんか、きちっとした雰囲気でした。
その辺は『一刀斎夢録』とは違うかな。
『新選組!』のオダギリ斎藤とも違いますね~。
『風光る』の設定に近い感じかな。
こういう斎藤さんも、これはこれで、結構好き。

殺陣のシーンがあるんですが、真剣勝負時の斎藤さんは居合いの達人のせいか、刀を抜いては構えません。間合いを詰めてからスッと抜く様はまるで緋村剣心(笑)。
そういえば、『るろうに剣心』では剣心が抜刀斎とか言って抜刀術担当。ダブりを避けたのか、斎藤さんは「牙突の構え」でしたね~。
しかし、以前から思っていたのですが、ぎりぎりまで剣を抜かないのって、なんかコワい。あれで戦いやすいのか、不思議な感じです。

ちなみに、斎藤さんと梅戸勝之進(天満屋事件で斎藤さんを助けた隊士ですね)以外の新選組隊士は出ませんでした。

|

« 野馬台の詩 | トップページ | 奉納靖國神社夜桜能(第二夜) »

コメント

私も土曜日に観て来ましたよ~♪
う~ん、私は薩摩色が強くて途中ちょっと眠くなっちゃいました^_^;
薩摩弁が肌に合わないのかな?!(笑)
あと宮様、宮様って誰かと思ったら中川宮が物語の中でかなり大きく扱われていてちょっと意外な感じがしました。
斎藤さん演じていた方ステキでしたね☆
前回は以蔵役でした。
雪が舞う中での殺陣シーンは迫力がありかっこよかったです。

突然ですが以前のブログを削除する事となり、新たな場所で一から始める事になりました。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: dandara | 2010.03.30 01:09

dandaraさん
dandaraさんのおかげで見逃さずにすみました。
ありがとうございます♪
dandaraさんは土曜に観ていらしたのですね。

>薩摩弁が肌に合わないのかな?!(笑)

私も昔大河ドラマ『翔ぶが如く』の初回を観て、「う……聞き取れない、無理」と脱落しました。
当時は幕末にも興味無かったし~。
幕末好きになってから総集編を観たら結構面白かったので、ちゃんと観なかった事がちょっぴり悔やまれます。あくまで「ちょっぴり」ですが(笑)。

以蔵役の写真、すごくインパクトがあったので、舞台は観ていないのに印象に残ってました。雰囲気違うので、同じ役者さんだったとはビックリです。
三谷幸喜さんの中では、以蔵と斎藤さんは似ているらしいですが、め組の皆さんにとっては違う雰囲気なのかな。

ビックリといえば、ブログの件も無茶苦茶ビックリ!!
後でお邪魔します~。

投稿: YAGI節 | 2010.03.30 21:23

かなりマニアックな内容でしたよねー(笑)。
でも脚本を書いた方は、相当史実を丹念に調べ込んだのだろうと思いますvv
半端な知識ではあそこまで書けないと思う!(笑)

殺陣も、八相の構えvs居合いの達人というのを
全面的に出していて面白かった~!

新選組をばっさり切って、ハジメちゃんだけに焦点を当てたのも
斬新で素晴らしかったです。
逆に薩摩サイドもせごどんを切ってストーリー展開をして欲しかったけど、
さすがに西南戦争がメインではそれは無理ですよね…(苦笑)。

投稿: Aki_1031 | 2010.03.30 23:24

ONEvsHALF 面白かったようですね。残念ですが
見逃してしまいました。殺陣は見たかったですね。

別件ですが、身延の枝垂桜満開でとても美しく桃源郷のように感じました。
ご紹介有難うございました。

投稿: 早々 | 2010.03.31 22:05

Akiさん
示現流も居合いも、初太刀が大事そうですよね。
見応えある殺陣でした♪

半次郎と西郷は切っても切れないですね。亡くなった日も一緒だし。
そういえば、新選組幹部は御陵衛士組以外は一人ずつ亡くなってるなぁ……。

ところで、武豊さんって、西郷隆盛の親戚だったんですね!
今、ウィキペディアで見てビックリ~。

早々さん
『ONEvsHALF』を面白く感じたのは、私が斎藤さん好き過ぎのせいかも(笑)。
あ、でも、薩摩勢も魅力的でした♪

身延の桜、満開ですか。良かったですね~。
ホント、あそこの桜は満開だと夢の世界みたいですよね♪
お花見といえば、私、昨日は伊那梅苑(長野県)に行ったんですが、まーったく咲いてませんでした。本来の目的は別件だったとはいえ、あそこまで咲いていないとは……。

投稿: YAGI節 | 2010.04.02 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野馬台の詩 | トップページ | 奉納靖國神社夜桜能(第二夜) »