« 薄桜鬼折り返し | トップページ | Amazonでこんな物が(驚) »

2010.05.15

半平太くん、カムバーック!!

相変わらず毎週楽しく見ている『龍馬伝』。
最新回の初回放送時は予定外に帰宅時間が遅れ、留守録もしておらず見逃しました。
再放送が待ち遠しかった~。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2というわけで、ようやく第19回観ました。

面白かった!

いや、複雑なんですけどね。
胸をしめつけられるような苦しい部分もありました。

面白かったのは、5月10日のクローズアップのされ方。
本で読んだ知識として、「攘夷実行の日を約束した」なんて事は知ってますし、長州しか動かなかったという結果も知ってはいたんですが、攻撃命令がいつ出るかと待ちわびて逸る土佐勤皇党の図とか、「出るに違いない」と祈るような気持ちの半平太くんとか、「どうやらどこも長州には賛同しないみたいだね、ふはは」としたたかに喜ぶ慶喜などは自分の想像力では補えない部分だったので、とても興味深く面白く観ました。
あんな幕府だったら、確かに潰してしまいた……おっと、そんな私は佐幕派でした。

圧巻はラストの半平太くんと龍馬の会話。
泣いた……。

武市半平太、可哀想な人でしたね。
もともと良いイメージは持っていなかったのですが、『龍馬伝』では最初、とても良い人に描かれていました。「この温和な人が、あの過激な土佐勤皇党の盟主になるの……?」と不思議な感じだったのですが、気づいた時には初めの頃の「ナイスガイ半平太くん」を忘れてしまうような嫌らしい武市になってました。

あ、昔の某アニメに、ハンペンをもじった「半平太くん」というキャラがいるんですが、その影響でわが家では武市の事も「半平太くん」と呼んでました。
最近の武市は「半平太くん」なんて親しみを込めて呼びたいような雰囲気ではなかったんですが、今は久々に「くん付け」で呼びたい気分。

最後、龍馬に「お前の海軍に加わってもいい」と言った所では涙、涙、涙
龍馬に賛成してくれた事は嬉しかったけれど、出来ないとわかっていて言っているであろう事が悲しい。
「それ迄達者でのう」とか言うけど、それはこっちのセリフですっ!
達者じゃないのはアナタの方ですからっ!!

桜の方へ去って行きましたが、そこが天国に見えてなりませんでした
「武市さんっ!」と叫ぶ龍馬。私もつられて「武市さんっ!!」と心で叫びます。
行っちゃいけない。行かないで、半平太くん。半平太くん、カムバーック!!

さすが大森南朋さんというべきか、彼の「間違っていたのかも知れない、でもそれを認めたくない」という葛藤が伝わって来て切なかったです。
あんなに一生懸命やってきた事を、その人生を、今更否定出来ないよね

武市半平太、決して好きなキャラではないんです。でも、とても気になる強烈なインパクトのあるキャラでした。あんなに一生懸命やってきたのに、報われない人生なんて、辛すぎる。「賜った菓子だけを拠り所にしている下士」というのが切なすぎる(笑えないシャレみたいなのがまた涙を誘う)。
容堂から嫌われているという事実を、察しつつも認めようとしない抗弁が痛々し過ぎる

彼が上士として生まれていたら、どんな人生を辿ったのだろう?
少なくとも吉田東洋を殺してはいませんよね。
東洋に認められて、仲良く出来たかな?
龍馬と一緒に海軍やれたら良かったのにね……

って、もうすっかり半平太くんがお亡くなりになってしまったかのような書き方(^^;)。
まぁ、残りの出番が僅かである事は間違いないですし……。この前たまたま佐藤健さんのブログを目にしたら、『龍馬伝』クランクアップの話が載ってたし。
ああ、半平太くんと以蔵が出なくなったら、淋しくなっちゃいそうだなぁ。

……でもっ! 新選組の出番がありますよね♪ そうだよ、これから楽しくなるんだよ!!
佐藤健ファースト写真集「Intently」そして、龍馬と高杉も出会ってもらわないと!!

佐藤健さんのブログは以蔵とは対照的にとても前向きで、ハッピーオーラが漂った素敵なブログでした。やたらと「幸せです」というフレーズが出て来て、「そういうのって、いいなぁ」と思いました。もっと屈折した感じの人かと勝手に思ってたので意外。言葉のセンスが面白かわいかった。

|

« 薄桜鬼折り返し | トップページ | Amazonでこんな物が(驚) »

コメント

田中@慶喜公は、ホント”したたか”ですよね(^_^;)
けど、「篤姫」での慶喜公とまた違って”負のオーラ”とでもいうのか、何か魅力を感じます(^^)v

武市さん、ホント、可哀想ですよね(;_:)
以蔵に人斬りばかりやらせて、嫌なヤツと思ってましたが、
19話と20話で、私も考え方が180度変わりました(^_^;)

けど、そうですよ!
来週は新選組が出て来ますよ!
楽しみですね(*^_^*)

投稿: あさぎ | 2010.05.17 09:52

佐藤健、ハッピーなイメージだったんで
以蔵のキャスト発表の時に大丈夫か?と思ったんだけど
見事に以蔵を演じてますね。

これからが私たちの本番ですね。

投稿: もも | 2010.05.17 23:10

あさぎさん
今井朋彦さんといい、平岳大さんといい、今回の田中哲司さんといい、慶喜役はクセのある方がやりますね~。
それぞれ雰囲気違うのに、それぞれ「いかにも慶喜」といった感じの嫌らしーいずる賢さを見せつけてくれていて面白い♪

新選組、どんな風に描かれるのでしょうね。
松田悟志さんって知らないのですが、「権平兄ちゃんの土方さん」よりは酷くならない事を祈ります。

ももさん
ももさんの中では佐藤健さん、ハッピーなイメージだったのですか。

以蔵、「狂犬」って感じで描かれるのかと思いましたが、可愛い犬ですね~。
これはこれで好きですけど♪
そういえば、ココログニュースの見出に「“人斬り以蔵”人気に違和感」なんてのがありましたね。
ホントの以蔵って、どんな人だったのかなぁ。

>これからが私たちの本番ですね。

おーっ!!

投稿: YAGI節 | 2010.05.18 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄桜鬼折り返し | トップページ | Amazonでこんな物が(驚) »