« 高杉は新造人間 | トップページ | 新選組参上! »

2010.05.21

ドクター・ショッピング2

当ブログの記事のアクセス数ナンバーワンは、なんと『薄桜鬼』でした。

渾身の記事がたくさんあるのに、よりによって『薄桜鬼』ですか。
しかも、アニメの記事じゃなくてゲームの記事。乙女ゲームの記事ですよ。
検索ワードでも「薄桜鬼」が過去1ヶ月間ではトップ。フクザツ……。
舞台にもなるというし、『薄桜鬼』人気、スゴイんですね。
ちなみに舞台では斎藤役、中村倫也という方がやるらしいです。

さて、本題。
以前ドクター・ショッピングというタイトルの記事をアップして、咳で苦しんだ経験のある方が多くいる事に驚きました。
そして、「シムビコート」で検索して当ブログへやって来る方が何人かいらっしゃいました。どんな薬か興味がおありだったのかな?
という事で、咳に関心をお持ちの方の為、そして自分用の備忘録の為、後日談をアップしてみようと思い立ちました。

シムビコートで見事咳が止まった事まで前回記載しましたね。

「止まりました~♪ 薬、いつまで続ければ良いですか?」と相談した所、
「それが難しい所なんですよね」と先生。

「治った」と思ってやめると、また出ちゃうらしいです。

花粉も飛んでるから、取りあえず1ヶ月は毎日続けてみましょうか。それで治ったらもう来なくて良いし、ダメだったらまた来て下さい」
と言われました。

先月の13日まで、一日一回、真面目に毎日吸入続けましたよ~。

用心の為、一昨日までは毎日マスクもしてみました。外したのは夜桜能の時(久しぶりにお会いする某Aさんに気付いて貰えないとイケナイと思い外してみた)と、四国旅行の時(度々写真撮るのでマスク外しっぱなしにしてみた)位。

旅行時にはシムビコート服用期間は終わっていたんですが、万が一の時の為、カバンに忍ばせてはおきました。お世話にならずに済みました♪ 金比羅詣りで長い階段を登りましたが、全く問題ありませんでした。咳の事なんてスッカリ忘れてたよ。

ただ……
マスクを外したのがいけなかったのでしょうか、四国旅行最終日、朝起きたらくしゃみが連発!
なんだか香川には松がたくさんあったような気がします。栗林公園では大量の松の花粉が強風に煽られて飛ぶのを目撃しました。
「ひ~、松の花粉って、あんなふうに飛ぶの!?」と無茶苦茶ビックリ。
「松花粉症」というのが存在するかはわかりませんが、もしあるとしたら、あんなの浴びたら大変な事になりそうだ……。

で、実際なんだか自分の鼻がおかしくなってきたので、帰りの飛行機ではマスクしてみました。飛行機乗ってからマスクしても意味ないですか(爆)。

その後、東京では再びマスクマン生活に戻ったのですが、もうくしゃみはヒドイ事に。
スギ花粉が終わる頃、私の花粉症はピークを迎えました。
松のせいなのでしょうか?
ま、例年私の花粉症のピークは人より遅いのですけどね。
検査すると、スギでもヒノキでも反応しているらしいです。松の検査はしたことないですが。

あまりのくしゃみに、「こんなにくしゃみをしていたら、どうかなっちゃうんじゃないか」と心配してたら……

咳再発しちゃいました。がっくり

同じ気管支だし、あんなに刺激されたら咳も出るよね。

コツコツ1ヵ月間、吸入し続けていた努力は、花粉症のせいでパーですか?
っていうか、「花粉も飛んでるから1ヶ月は続けてみよう」って言ってたっけ?
1ヶ月では短かったのでしょうか……?
「再発しやすいので3ヵ月は続けるべき」と書かれたホームページを見た事もある……

吸入やめてから丁度1ヵ月目で再びシムビコートを吸入した私でした。以前のような眠れない程のヒドイ咳では全くないけれど、薬がまだ残っていたもので。

吸入すると嘘みたいにピタッ! と止まりました。スゴイです。奇跡の薬?
3日ほどしたら、再び咳が出たので、吸入。すると、またピタリ。不思議だ……。
そして、ここ数日はくしゃみが激減しました。ヒノキも終わったのかな? 今年の花粉症はようやく終焉かな♪

そんな中、シムビコートは毎日続けるべきなのか、たま~の服用でもいいのか、気になる所ではあります。

迷える私はまたしても別の医者に行ってしまいました。
前のお医者さんが信用出来ずにドクター・ショッピング……というワケではなくて。
実は首に湿疹のような物が出来てしまってるんです。今年はどうなっちゃってるんだ。もう悪いトコだらけです(歯医者も行きたい)。年取って、あちこち弱ってるんですか?(涙) 免疫力低下ですか?

ターゲットは皮膚科ですが、素敵なお医者さんを見つけました。

なんと、「内科・ 呼吸器科・小児科・皮膚科・アレルギー科」だって。

内科と小児科はともかく、他はどれも私がかかりたい科じゃないですか。
個人の医者なのに、すご~い。

首を診てもらった後に、シムビコートの前述の疑問について相談してみました。
すると、咳が出る時だけの吸入でもOKとの回答を貰えました。
「完全に治ったわけではないみたい」と思うと憂鬱だけれど、「出てもすぐ止められる」という安心感は嬉しいです。

ところで、シムビコートの前に抗アレルギーの薬をほんの数日飲んでいたんですが、その時に湿疹がいくらか治まっていたような気がしたので、尋ねてみた所、

「ああ、そういう事はあるでしょうね。皮膚の炎症を抑える薬も、喘息の薬も、花粉症の薬も同じですから」

えーっ!?(驚)

はっきり憶えてませんが、「同じ効果があっても、認可を取るのが大変だから、喘息の薬はなかなか使わない」と言っていたような気がします。シムビコートは副作用が少ないとは聞いてるけど、やっぱり危険だったりするのかな? 認可を取るのが何故大変なのか、聞けば良かった。

あとですね、色々ネットで検索してみた所、「下アゴがズレていると喘息やアレルギー疾患になる」という情報を見かけてビックリしてます。興味津々。ホントかな?
私、歯並び悪いんです。矯正に行こうと思った事もあるけれど、「そこまでひどくはないし、大変」と言われて思い留まったという過去があります。
最近は大口開けないように気を付けてるんですが、一時よくアゴが外れてたし、アゴずれていそうな気はする……。
「アゴのズレを直した事がある」とか、「そんな経験者を知ってる」なんて方がもしいらっしゃったら、ぜひ教えて下さい~。

|

« 高杉は新造人間 | トップページ | 新選組参上! »

コメント

高級なマスクを使って、完全に予防したいですね。

投稿: 脱毛機 | 2010.05.21 21:09

咳って大変ですね。苦しいそうですね。私は喘息ではないのですがヒノキの花粉が飛び始めた4月20前後からもともと気管支が弱かったのですが、鼻づまりが酷く就寝中、口を開けて寝ていたのかもしれませんが、右扁桃腺が腫れて未だに治りません。一昨年は治るのに半年位かかってのですが、昨年が比較的軽かったので油断したのかも知れません。アレルギーから呼吸器特に喉の扁桃腺が腫れると最低でも1ヶ月から2ヶ月弱掛かるので本当に困っております。内科から耳鼻科へ
例年のようにドクターショッピング中です。

投稿: 早々 | 2010.05.21 22:08

早々さん
ええっ、花粉のせいでそんな事にっ!?
口を開けて寝てると扁桃腺が腫れちゃうのですか。
でも、鼻が詰まってたら口開けちゃいそうですし、気を付けながら寝るって難しそうですよね。
ちょっとした事で大変な事になってしまうものですね……。
しかも、毎年その恐怖と戦っていらっしゃるとは
早く良くなると良いですね。

投稿: YAGI節 | 2010.05.22 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高杉は新造人間 | トップページ | 新選組参上! »