« 新選組トランプ | トップページ | 信長膳 »

2011.01.18

『土スタ』と『江』

最近の土曜スタジオパーク、充実してました。

何といっても小野アナウンサーがステキ。
頭は良さそうなのに、親しみやすく、嫌味がなくて好感が持てます。
どんなゲストが来ても安心して見てられると思っていましたが、もう10年もあの番組を担当されていたんですね。さすが。

ビビる大木さんも面白いんじゃないかなぁ。
私と同じく幕末ファンなので、親近感を持ってしまい、ちょっと贔屓目に見てしまってるかも知れませんが。

去年の春からは江戸むらさきが加わりました♪
この2人は、『爆笑オンエアバトル』に出ていた頃から結構好きだったので嬉しいです。野村さんは名前もイイ(笑)。

と、イイ感じだったのですが、今年から小野アナが卒業してしまいました。がーん……
男性4人ってバランスが良くないような。残念です。

さて、そんな『土スタ』の先週のゲストは藤村志保さんでした。
なんと8本の大河ドラマに出演されているそうです。スゴい!!
中でも印象に残っているのが『太閤記』との事でした。

先日、当ブログで『太閤記』の片岡孝夫(仁左衛門)さんについて熱く語ってその余韻が冷めていなかったので、「グッドタイミング」と大喜びしてしまいました♪
残念ながら孝夫さんの話は出ませんでしたが、「あの番組の出演者は新人ばかりだった」などの興味深い話が聴けました。

石田三成役の石坂浩二さんは当時まだ大学生だったし、秀吉役の緒形拳さんも信長役の高橋幸治さんも舞台には出ていたけれど、テレビ界では新人だったそうです。
昔の大河は大御所ばかりが出ていたようなイメージがありましたが、そうでもなかったんですね。『太閤記』は20代の人ばかりだったみたいですよ。
この方達が、後の「大河の常連」となって、「大河=大御所」というイメージを作って行く事になるのですが。

それにしても、藤村さん、かわいかったなぁ。
大女優なのに、「かわいい」という言葉がピッタリ!!
財前直見さんも南野陽子さんも口を揃えて言っていたけれど、私も思いました。「あんな風に年を取れたらいいなぁ」と。憧れます。

NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK)
そして現代の大河、『江』の第二回見ました。

初回の感想をアップした時に、信長の事には一言も触れなかった私。
実は、あまり良いとは思わなかったんです。
最初に「豊川悦司さんが信長役やるなんて楽しみ~♪」と期待し過ぎてしまったのがいけなかったかな?
年始に見たばかりの『二人の軍師』で信長役をやった加藤雅也さんのイメージがまだ強烈に頭に残っていて、「あっちの方が信長っぽかったよなぁ」と思ってしまいました。
『江』の信長は、信長というよりも「豊川悦司さん」なのではないのかと。ビジュアルは良いのですが、なんとなーく違和感があったのです。
今後の予告編を見た時は「『おじさまに憧れる江』って、なんだか少女マンガみたいでイヤだなぁ」という不安も感じていました。

が!!
1週で豊川信長に慣れてしまった~(笑)。
もう「カッコいいからいいんじゃん?」って感じ。段々信長にも見えてきました。←洗脳されやすい?
うん、この際少女マンガになっちゃっても、いいよ。

上野樹里さんはまだよくわかりません。今9歳の設定らしいし
ただ、『のだめ……』を見た時に「ええっ、これが『スウィング・ガールズ』と同じ人!? スゴイ役者さんだなぁ」と驚いたので、今回も期待してます。あ、期待し過ぎるとガッカリするから期待しちゃいけないんだった

なんだか、今回もとーっても楽しめてしまいました。
頭の良い方には不評のようですが、私にとってはあっという間の45分でした。
次回が待ち遠しい~。

『龍馬伝』も第一部は大好きだったのに途中からは見るのが苦行になってしまったので(爆)、『江』もずっと楽しめるかどうかはまだわかりませんが。

あ、そうそう、前回は「小豆袋の話が実話でなかった」という事を勉強させてもらいましたが(?)、今回は「ドクロの盃の話も実話でなかった」という事を勉強させてもらいました。
で、「ドクロの盃の話を有名にさせたのは司馬遼太郎さん」という説をWEBで発見したのでした。
新選組絡みでも色々な創作を実話と勘違いさせて私を翻弄してきた司馬さんですが(笑)、本当に影響力のある方ですね~。

|

« 新選組トランプ | トップページ | 信長膳 »

コメント

こんばんは。
「江」、結構面白いのでは?。と思っています。
俳優さんを見ると、トレンディドラマ?にも見えますが、そこはプロ!。それぞれ品格があり、滑り出しは外国人に見られても恥ずかしくない流れと受け止めています。
特に上野樹里さんの演技は千変万化が見もの、境遇が千変万化する江の生涯を考えると適材適所なのでは?。と思えて楽しみにしているところです。
昨年の「龍馬伝」は「岩崎家の視点で」という要素があったのでお孫さんの澤田美喜さんの生涯に繋がる描き方を期待した結果まんまと外れましたが、「江」は期待しています。
セレブな女性の波乱万丈の人生、辛い時には先ず笑顔で乗り越えて行く?。と予想しつつも見事に心地よく期待を外してくれることを楽しみにしています。

投稿: 関東の誠 | 2011.01.18 23:54

確かに少女漫画ですね。
でも去年に比べると、ずっとずっと良いです。
不機嫌な日曜8時から逃れられてうれしい(笑)

年始の「二人の軍師」は途中で見るの飽きてしまった。
戦国って、見尽くしてるんで普通な内容だと飽きちゃうのかな~と。
少女マンガ視点は、ある意味新鮮な感じで飽きないかも?と
期待してます。

投稿: もも | 2011.01.19 01:46

関東の誠さん
少女漫画っぽいので、「男性の方はどうかなぁ」と思いましたが、面白かったですか♪

外国人に見られて恥ずかしくないのかどうかはよくわからないのですが、わかりやすく作られてるので外国の方にも共感してもらえるかもしれませんね。

私はあまりトレンディドラマを観ていなかったので(忘れっぽいとも言う)、鈴木保奈美さんや時任三郎さんには全く違和感を感じませんでした。

ももさん

>不機嫌な日曜8時から逃れられてうれしい(笑)

きゃはは。
そうですよね~、不機嫌が上機嫌に変わったのは大きいです(笑)。

『篤姫』も少女マンガっぽかったけれど、戦国大河で少女マンガちっくはちょっと新鮮ですよね。

『二人の軍師』、実は私も途中で一瞬うとうとしてしまったのですが(ももさんが飽きた頃かな?)、途中からは楽しく見ました。
てっきり、ももさんも画面に映る竹中半兵衛の家紋に反応してるかと思ったんだけどな~。

投稿: YAGI節 | 2011.01.19 19:19

「ドクロの盃」の話、アレは実話じゃ無かったんですね~
私はてっきり実話だと思ってたので、、、
今回、少しだけ私の中での史実信長のイメージがアップしました(苦笑)

ところで、一つ上の記事も読ませて頂きました。
「信長膳」?
他のお弁当もどれも美味しそうですね(^_^)v

投稿: あさぎ | 2011.01.20 13:44

あさぎさん
実は『江』はイマイチ信用出来なかったので、あちこちのネットで調べてしまいました。
疑ってごめんねという感じです(笑)。

駅弁大会、京都駅の「新撰組ゆかりの幕の内弁当」が来てなかったのが残念~。
北海道の「土方弁当」も探してしまったんですが、あれは駅弁ではなくて食堂みたいな所でしたね(^_^;)

投稿: YAGI節 | 2011.01.22 03:09

土スタ、我が家も小野アナウンサーが好きでしたし、何よりレギュラーメンバーが男性4人って…バランス悪すぎますよね!
女性を「花」扱いするつもりはないけど、やっぱり女性らしい柔らかさとか明るさってあると思うので、女性が居た方が(ゲストにとっても)いいと思うんですけどね。。。

藤村さんのゲストの回、私最初の10分くらい?見逃しちゃって。残念ながら『太閤記』の時の話とか聞けなかったんです。緒形拳さんの話も出たろうに…と思って悔しく思ってました。やっぱりお話しされていたんですね。

そうそう。孝夫さんの画像、ありがとうございました!
でも、あれ。私、言われても孝夫さんと判らない感じでしたが…(汗)。
でも、若く麗しかったですね!森蘭丸というのも分かるな~。

投稿: ちィ | 2011.01.23 21:34

ちィさん
藤村さんの回、最初以外はご覧になったのですね。
緒形拳さんの話はどうだったかな~。
夫婦役を大河だけで3回位やったというような事をおっしゃっていたけれど、突っ込んだお話はされてなかったような気がします。

>言われても孝夫さんと判らない感じでしたが…(汗)。

ですよね、同感です。
でも、ホント麗しかった~

投稿: YAGI節 | 2011.01.23 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新選組トランプ | トップページ | 信長膳 »