« サロン・デュ・ショコラ2011 | トップページ | とりとめのない話 »

2011.02.08

さよなら、おじさま

昨年4月からはじまった『戦国鍋TV』。
当初は3月までの放送予定だったようですが、引き続き放送されるそうです♪
放送局もどんどん増えてるみたいです

そんな『戦国鍋TV』のMUSIC TONIGHTのコーナー、「最近新曲が多いなぁ」と思っていたら、17曲入りのCDが出るそうですね(カラオケが7曲)。
そして4曲が"AZAISM"(カラオケ3曲)。
確かにインパクトのある歌ですが、
『江』を見ていると、「♪茶々・初・江!」というサビが頭に流れて来る程毒されてる私ですが("茶々 has gone"と聞こえる)、
多すぎる感は否めません……。

先週披露された新曲は「信長と蘭丸」の『敦盛2011』でした。
歌うまで「修二と彰」のパロディーと気づけなかったのは不覚。
「修二と彰」、大好きだったのに。

『戦国鍋TV』では、「信長と蘭丸」が『敦盛2011』を歌い踊ってましたが、『江』の本能寺の変では『敦盛』なかったですね。
まぁ、前に謡ってしまったので、本能寺でも舞ったらしつこいか。

NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 213号)
というわけで、『江』ではとうとう信長おじさまが亡くなってしまいました……。
あぁ、脱力……

思えば、全く期待していなかった『江』をここまで楽しく見られたのは、ひとえに信長おじさまのおかげでした。
最初は「信長っぽくない」と違和感を感じた豊川信長でしたが、「信長おじさま」というかつてない素敵なキャラを創り上げ魅せてくれました。
『江』が楽しみというよりも、「信長おじさま」を見るのがとっても楽しみだったこの数週間。
信長は誰がやっても、そこそこ面白いキャラではありますが、やり尽くされた感がありました。が、あんな信長が出来上がるとは。

『ルパン三世カリオストロの城』以来のステキな「おじさま」でした。
「泥棒はまだ出来ないけれど」というクラリスの名台詞を思い出しながら、
「香はまだ聞けないけれど」
「乗馬はまだ出来ないけれどっ
などと心の中で江に言わせてみる私でした(爆)。
「あしながおじさん」と「ルパン」と「豊川信長」を私は「三大おじさま」とお呼びしたい。

そんなおじさまに、もうお会い出来ないとは。残念。
来週から何を楽しみに観れば良いのだろう?
まぁ、初回は何も期待せずに見たのだから、また初心に返った気分で見る事にしましょうか。
「とりあえず初回位見てみようか」という軽い気持ちで見て、こんなに楽しめたのはラッキーでした。
亡くなる直前に江の幻を見た事だけはいただけなかったけれど、後はとってもステキだった信長おじさま、短い間だけれど、楽しませてくれてありがとうー!!

|

« サロン・デュ・ショコラ2011 | トップページ | とりとめのない話 »

コメント

そっか!
自分で、あの最後に涙した理由が全く解らなかったけど
(幻が出てくるの嫌いで出たっ!と笑ったのに)
わたしもきっと
「さよならおじさま」だったんだと
この文読んで気付きました。
知らない間に、乙女目線でオジサマを私は見てたんだなと。

戦国鍋の「信長と蘭丸」見逃しています。
見たい!
ちなみに大河での蘭丸役だった俳優さん、けっこう好きなのです。
大河での活躍を楽しみにしてたのに、あっという間に逝ってしまった。

投稿: もも | 2011.02.09 01:33

ももさん
はい、なんかアレ見てたら乙女な気分になっちゃいます。やっぱり少女漫画?
「天使(?)のおじさま」まで行っちゃうと、さすがに恥ずかしくて見てられない感じでしたけど。

瀬戸康史さん、お好きなのですね。
ここでは書いた事なかったかも知れないんですが、実は『タンブリング』見てました。
あれも良かったけれど、蘭丸でさらに見直しました。
本能寺の蘭丸、とっても良かったと思います。

『戦国鍋TV』は、私の中でなかなか「GO!天正遣欧少年使節」以上のヒットがないです~。

投稿: YAGI節 | 2011.02.09 23:10

不覚にも、『戦国鍋』を見たことがないんです。
(新聞のテレビ欄で目にするたびに気にはなっていたんですが、同じぐらいの時間帯に『Fの炎』というファイターズ応援番組があるため、そっちを録画するのが優先で、戦国鍋はスルーしていました

番組の公式サイトを見たら、死ぬほど面白そうではありませんか!
コーナー名と画像を見ただけで爆笑です!!
これは絶対見ないといけませんねーーー。
とりあえず、Fの炎と時間がかぶっていなければ、必ず録画して見るようにします☆

投稿: まきこ | 2011.02.11 00:28

まきこさん
『戦国鍋』、北海道では制作局以外ではもっとも早くから放送してるみたいですね♪
全コーナーおすすめというわけではないのですが、見始めるとクセになりますよ~。

MUSIC TONIGHTのコーナーには、戦国時代の有名人と現代のアーティストを合体させたようなヘンなユニットが出てくるのですが、私のお気に入りの「天正遣欧少年使節」というユニットは光GENJIを彷彿とさせ、「利休七哲」はチェッカーズっぽかったりして懐メロを聴いてるような楽しさもあります。
『Fの炎』に勝てるとは思いませんが、隙を見つけてご覧下さい(^^)/。

投稿: YAGI節 | 2011.02.12 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サロン・デュ・ショコラ2011 | トップページ | とりとめのない話 »