« ケーブル導入後に見たフィギュア番組 | トップページ | 同じ新選組ファンだからこそ? »

2011.05.29

おい、平助!!

今日のタイトルも、『新選組血風録』の斎藤一のセリフから取りました。
第9回『謀略の嵐』です。

切ない……

新撰組木札ストラップ ⑦藤堂平助終焉に向かっているという感じが、ひしひしと伝わって来ました。
試衛館の同志だった人達の固い結束は壊れ、
局長・近藤もかつての近藤ではなくなり、
沖田の咳も止まらない……
もはや新選組は風の前の塵に同じという感じ……←『平清盛』のキャストも発表されたタイムリーな今使ってみた

お美代に至ってはパパもおムコさんも殺され……と、重い回でした。

お美代より斎藤さんが疑われそうなものですが、
斎藤さんは疑われていないの?
いや、あれは斎藤さんへの見せしめの意味もあるのか?

ラストは「ここで終わっちゃうの!?」と声が漏れそうになりました。
今迄一話完結でしたが、今回は続き物なのですね。

斎藤さんはどう描かれるのか!?
最初から間者という設定なのか、
あるいは、伊東のやり口に嫌気がさして逃亡という設定なのか、
続きが気になります。

予告では土方が藤堂との一対一の対決を申し込んでましたね。
原作の『新選組血風録』では藤堂が斬られるシーンはあまり詳しく描かれていないのですが、ドラマの栗塚版『燃えよ剣』では土方が藤堂を斬ってるんですよね~。
今回もそういう設定になってしまうのか!?

『新選組!』では普段人の良さそうな、大人しそうな平助(=勘太郎さん。あ、お美代の義兄さんですね)が、油小路では「さすが歌舞伎役者」といったような物凄い形相を見せてくれて印象に残ってます。
今回の平助もそんなギャップを見せてくれるのかな?
楽しみだけれど……悲しい話なので見たくないような気もする~。
新選組のエピソードの中では油小路事件が一番辛いです(>_<)。

それにしても、土方と桂の対談にはビックリ

|

« ケーブル導入後に見たフィギュア番組 | トップページ | 同じ新選組ファンだからこそ? »

コメント

YAGI節さん、感想書くのはや~い(笑)放送終わって即ですね(^^)
今日は斉藤さん台詞が沢山あったけど、たぶんこの台詞でタイトル書くんじゃないかと思ってましたが、当りました~(笑)

私も斉藤さん怪しすぎると思いました(^_^; ばればれっぽくないですか?(汗)だからもしかして間者の設定ではないんじゃないのかな~とか、色々と悩みました。来週がますます気になりますね~。

桂さんとの対談は…アリなのかな?(^_^; って、これも悩みました。土方は桂さんだとは気づいてないようですが、、、

投稿: Mini子 | 2011.05.30 00:41

Mini子さん
はいっ、予告が終わったと同時にパソコンの電源入れました(笑)。
日曜日は見たいテレビが目白押しなので、「『江』が始まる前までにブログ更新を済ませちゃおう」と急いでみたんですが、原作チェックなどしてたら10分位オーバーしちゃいました。

タイトル、当てられちゃいましたか(笑)。
予想していただけたのが、なんか嬉しいです。

>ばればれっぽくないですか?

ですよね~
斎藤さんってば、どんな顔して新選組に戻るんだか。
ホント、来週が気になる~。

投稿: YAGI節 | 2011.05.31 01:13

斎藤率珍しく高かったのに
とある人の出番ばかりまっているという失態をやらかしてしまいました(笑)

斎藤さんほんと怪しいですよね。
目も泳いでませんでした?
なのにお美代さんが・・・・・
というちょっと無理やりすぎるお話に感じましたが
完結ではないので次週が楽しみです。

が・・・もう終わりに近づいていて微妙ですね

投稿: もも | 2011.05.31 14:17

ももさん

>目も泳いでませんでした?

ですよね~。なんか頼りなさそうだ……。
大丈夫かな~。
お美代の話を持ち出した平助に助けられたという感じもありましたよね。
そういえば映画の『壬生義士伝』でも斎藤さんのせいで(?)、勤皇派の刃にかかっちゃう人いましたね(>_<)。

投稿: YAGI節 | 2011.05.31 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケーブル導入後に見たフィギュア番組 | トップページ | 同じ新選組ファンだからこそ? »