« 鞍馬天狗再放送にあたって | トップページ | 名刀菊一文字か »

2011.06.08

『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会

『蝉しぐれ』はドラマ版が2003年に放送されていたそうです。
当時は、放送されている事すら知りませんでした(爆)。

内野聖陽さんが好きだったので、再放送の初回は観たんですが、あまりにも暗くて「こんなの見てたら、落ち込む。もうイヤ」なんて思ったっけ。
それでも内野さんに免じて(?)、見続けているうちに、どんどんハマって行きました。

後に舞台化されました。
なんと、舞台版の主役は片岡愛之助さん。
「私の1番好きな役者さんの座を争う2人(笑)が、共に牧文四郎役をやるなんて!!」と興奮しました(当時はまだ萬斎さんのファンになっていなかった)。
観に行きたくてたまらなかったのですが、大阪の為断念。
東京版には残念ながら愛之助さんは出演されませんでした。

あれからずっと愛之助さんの牧文四郎を観たいと思い続けていました。
そして、その願いは叶わなかったけれど、藤沢周平作品に出演する愛之助さんをスクリーンで観られる事になりました。

内野さんも愛之助さんも似たような時期に芸能ニュースの標的になり、なんだか私のテンションは下がってしまったのですが(藤沢作品の登場人物のイメージとはまるで異なるスキャンダルだし)、それでも「片岡愛之助×藤沢周平」という組み合わせには心魅かれたのでした。

そんな『小川の辺(ほとり)』の舞台挨拶付上映会があるというので、チケット取りました。
昨夜見てきました。

登壇者は、東山紀之さん、勝地涼さん、松原智恵子さん、藤竜也さん、監督の篠原哲雄さん、そして愛之助さんの6名。

愛之助さんの舞台挨拶を見るのは『Beauty』以来ですが、あれとは比べものにならない程の盛況でした。
ま、あの時とは登壇者の数も違うし。
……歌舞伎界では人気の愛之助さんですが、一般の知名度はやはり東山さんの方が圧倒的に上……かな。

しかし、愛之助さんと並ぶと、東山さんの顔小さっ!!
や、歌舞伎役者は顔が大きい方がいいんです。
いいんですけどね……洋服着てる時は小さい方がいいかなぁ(爆)。
ついつい、東山さんに目が行ってしまう私でした。無茶苦茶カッコ良かったぁ……
誰を見に行ったんだか

しかも、愛之助さんのスーツが、なんか微妙。
近くで見ると素敵なのかも知れないけれど、遠目から見ると水玉模様にしか見えず……以下省略って感じです。

愛之助さんは見る度に喋りが上手くなっている気がします。以前は真面目な事しかおっしゃらなかった気がするのですが、浅草歌舞伎などで鍛えられたのか、結構冗談もおっしゃるし、今回は主役の東山さん並にたくさん喋っていたような。

で、肝心の映画ですが……(ネタバレありません)

Hotori1 Hotori2

素敵でした。
藤沢周平の世界って感じ!(って、ちゃんと見たのは『蝉しぐれ』と『秘太刀馬の骨』だけで、あとは『たそがれ清兵衛』をちらっと見た位ないので……あくまでイメージ)

東山さんって、武士っぽい!!
普段の東山さんも己に厳しくて、ストイックなイメージがありますが、「昔の武士って、東山さんみたいな感じだったのかも」と思えました。

そして、ジョン万次郎もとい勝地涼さんがいいっ!!
以前土曜スタジオパークに出ていた時、「昭和っぽい」だったか「今っぽくない」みたいな事を言われていたような気がしますが、時代物に合っているように感じました。私もあんな幼なじみが欲しい~。

愛之助さんは殺陣担当って感じでした。セリフはほんのわずかで、特に心に残るセリフなどはないのですが、とても重要な役で存在感がありました。

愛之助さんに限らず、全体的にセリフは少なかったなぁ。
皆、必要最低限の事しか話してなかった気がします。
だからこそ感じられる余韻のような物があったかも。

これ、原作は短編なんですね。
ストーリー、30秒位で話せてしまえそう。
「短編を映画化するのってどうなんだ?」と思った事もあったけれど、
「もしかしたら、長編を無理矢理映画にして、大事なエピソードがたくさん抜けてしまうよりは、短編を元にしてじっくり味つけしていった方がいいのかも?」と感じられました。あんまり色々なエピソードが詰め込まれてると、何を言いたかったかよくわからなかったりするし。

夕飯食べずに見てしまって、舞台挨拶の時は「帰りにフレッシュネスバーガー買って帰ろう」なんて思っていたのに、映画を観ていたら無性に和食が食べたくなりました。ご飯とお味噌汁をいただきたくなったのですが……遅くなってしまったので、結局コンビニのサンドイッチ(爆)。

|

« 鞍馬天狗再放送にあたって | トップページ | 名刀菊一文字か »

コメント

藤沢周平の世界はあんまり好きではないのですが
勝地涼目当てで見たいかも。
舞台で見た時から、すごくいいなーと思っていて
私ってどんんだけ蜷川っ子の演技が好きなんだと思った(笑)
小栗・藤原・勝地だもの。

公開が、真夏なので涼しげな(イメージですが)藤沢周平の世界良いかもですね。

投稿: もも | 2011.06.09 03:06

ももさん
勝地涼さん、お好きですか。
実は私は蜷川さんって苦手なのですが、ピックアップ(?)する男優さんはホント魅力的な人ばかりですよね~。
萬斎さんも数少ない副業で二回も蜷川さんと仕事してるし。

『土スタ』で蜷川さんが勝地さんを絶賛しているのを見ました。
かなりお気に入り?

『小川の辺』の勝地さんは残念ながら「侍」って感じではないので、ももさんのお気に召すかはわからないし、他の人がやったら私もあまり好きになれなかったかも知れないのですが、勝地さんならOKという感じでした……って、ネタバレ避けようとすると、わかりづらくなってしまう

投稿: YAGI節 | 2011.06.10 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鞍馬天狗再放送にあたって | トップページ | 名刀菊一文字か »