« 地デジ対応完了 | トップページ | 佐藤健さんが剣心!! »

2011.06.27

俺達は何をしているんだ

今、『今夜はヒストリー』を見ながら、これ書いているのですが……
信長役の人、斎藤さんじゃないですかっ!?
あ、新宮乙矢さんの事です。
以前見に行った舞台『ONE vs HALF』で斎藤一役をやっていた人です。
雰囲気違ったのですぐにはわからなかったのですが、信長役もなかなかお似合い

さて、今日のタイトルも『新選組血風録』の斎藤一のセリフから取りました。

……なーんて事を、日曜日になると書きたくなる私です。

幕末無双蒔絵シール 新選組・近藤勇シルエット ホログラム SIL-03HG先週は思うところが色々あって、書けませんでしたけどね。
感想アップするの、やめようかとも思ったのですが、初めての「全話感想アップ」がかかっているので、遅ればせながら書く事にしました。

最終回『最後の武士』です。

うーん、何について書こう?
一番強く感じたのは「土方の描写、もうちょっと何とかならなかったのか……?」という事なのですが、これに関する不満はもう皆さん、色々書いていらっしゃるようなので、私は今日も斎藤さんメインで行ってみようかな。

まず、タイトルにした斎藤さんのセリフ。
この後に、
「たった1人を守る為に、このような犠牲を」と続きました。
これ、どういう意味でしょう?

犠牲って、味方の事を言っているのだったら、まだ良いんですが……
なんか、そういう意味には聞こえなかった。
人を斬って後悔している発言に聞こえました。
「1人を守る為に、こんなにたくさん斬ってしまった」という自己嫌悪発言っぽかったような?
実際にはこの時相手方は1人しか亡くなってませんけど、ドラマの中では新選組隊士達が斬りまくってましたから。

「酒を飲むと人を斬りたくなる」と言ったという噂がまことしやかに囁かれるようなあの斎藤さんが、斬りすぎて自己否定? 新選組否定?

この番組の斎藤さんは、ホント好青年でしたね。
爽やかで、格好良く、友情にも篤かった。
藤堂とは親友で、誰も訪れない沖田を見舞う。
そして、強いけど人斬りを良しとしない(タイトルの発言をどう取るかによりますが)。
こういう人大好きです。私の理想の人です。
ファンになっちゃいそうです。
新しい層の斎藤ファンが誕生すると思います。

が、これは斎藤一なのか……?

尾関伸嗣さんの斎藤には、最後まで「これは斎藤なのか?」という違和感を抱えつつ終わりました。
無茶苦茶ステキなのに違和感って、おかしな話ですけどね。
ステキなんだから、受け容れれば良いのですけどね。

最終回の回想シーンの殺陣もカッコ良かった
「突き」見れた~←左腕
久々に鉢金姿も見れた~(笑)。
「後に新選組隊長となって会津戦争を戦い」というナレーションはグッド

と、はしゃぎつつも、違和感……。

そういえば、『新選組!』の近藤に、「爽やかすぎでイメージが違う」という批判が一部であったようですが、今ならそれが何となくわかるような気がします。もっともあの近藤さん、大好きなんですが(笑)。

幕末無双蒔絵シール 新選組・土方歳三シルエット ホログラム SIL-04HG斎藤さんに限らず、『新選組血風録』に出て来るメイン隊士は葛藤する人が多かったなぁ。
土方も沖田も藤堂も。(近藤だけは飄々としてて良かった!!)
藤堂が悩むのはデフォルトですが、土方・沖田・斎藤が悩む姿はあんまり見たくなかったです。
1年間やる大河でたまに悩んでるならまだしも、たったの12回でやたら悩まれたら、なんだかすごい弱い人達みたい……。
新選組って「強くてなんぼ」じゃないのかな。
少なくとも私は、「現代人とは比べものにならない程、度胸の据わった凄い人達」というイメージを持って、憧れてました。
が、私のような人は少数派で、弱い彼らを見て「私達と同じ所もあるんだ」と親近感を持つ人の方が多いのでしょうか?
原作の『新選組血風録』の隊士達は、精神的にあんな弱い感じではなかったと思うのですが。

そういえば、『ハガネの女』は「ドラマが原作と違う」という事で、この漫画を書いた方が原作者から降りてしまったそうですね。
司馬遼太郎さんが生きてたら、この『新選組血風録』を認められたのか……?

……あ、ネガティブな事ばかり書いてしまいましたが、
私のテンションをグラフにすると、こんな感じです。

Te

テンションMAXを「5」としました。

つまり、
さほど期待せずに見たら初回は案外面白かった。
その後それ程盛り上がらずに何週か過ぎたものの、
途中無茶苦茶盛り上がったという感じです。
最後はがっかりしましたが、トータルでは、楽しめました。
特に殺陣は本当に良かった!!

なので、出演者の皆さんには感謝したい気持で一杯です。
ありがとうございました。

そうそう、昨日、『ニッポンを釣りたい!~明日行きたい美しき名所~』見ました。
宝塚記念目当てにチャンネル合わせて、その後チャンネル変えなかったら始まったのでホント偶然♪
永井大さんと宅間孝行さんが出てました。
『新選組血風録』の話は残念ながら全く出ませんでしたが、途中馬に乗る場面がありました。
サラブレッドではないやや小型の馬を見て、宅間さんが
「実際昔の侍が乗っていたのはこんな小さ目の馬だったのかも、新選組隊士が乗っていた馬とか」
なーんて事をおっしゃる一幕もありました。
「宅間さん、新選組の事いつも考えてくれてるのかな?」なんて、ちょっと嬉しくなりました♪

|

« 地デジ対応完了 | トップページ | 佐藤健さんが剣心!! »

コメント

何の表だろうと思ったら、テンションですか~(笑)
分かりやすくて面白いですね。
後半より下がってるのは3回の鴨の暗殺ですか?

ほんと悩みましたね。隊士の皆さん。でも何かその悩みの内容が現代的…。
たしかに天満屋での斉藤さんの一言、YAGI節さんがおっしゃっている通り引っかかってます。

>「現代人とは比べものにならない程、度胸の据わった凄い人達」
こういう人達が今居ないから、むしろこういうのが観たいんですよね! 私は新選組の人達と自分が同じ悩みを抱えていて自分と同じなんだ~とは喜べないなぁ。新選組を自分と同等とは思えないんでよね~。自分と同じなら、憧れにならなくないですか?自分に持ってないものがあるから憧れるし、別世界だから惹かれるんだけどなぁ。
そう考えると、親近感を持ちたい人と憧れを持ちたい人と、同じ新選組ファンでも感じ方が分かれるのかもしれないですね。

投稿: Mini子 | 2011.06.28 00:02

最後のタイトルは「俺達は何をしているんだ」でしたね。
このセリフ好きだな~私。
隊へのちょっと反逆言葉と捉えたのでした。土方さんの前でわざわざ言ってるしみたいな。
この頃の新選組は、やっぱり最初の頃と違ってきて、武士になることへの憬れとスゴイ拘りがあった人達と
憬れなくても元々武士だった人との温度差が生じてる気がするので
盲信的に服従な斎藤より、チクッとこういうこと言う斎藤のが好きだったりします。

投稿: もも | 2011.06.28 00:25

テンションを表に!?(笑)
、、っていうかそういう表を記事に載せる事が出来るYAGI節さんってスゴイ!

で、斎藤さんのセリフですが、
>「1人を守る為に、こんなにたくさん斬ってしまった」

私もそう聞えました。
しかも土方さんが居た時に、だったので、「え?そんな事言ったら斎藤さん、土方さんから叱られるよ?」な~んて思ってたんでした(^_^;)
結局、土方さんのセリフは何も有りませんでしたが。

>新選組って「強くてなんぼ」じゃないのかな

そうですね、私もそう思います。
だから、総司みたいに「死ぬのが怖い」とか?
ああいうセリフは言わせて欲しくなかったです。

「ニッポンを釣りたい」
私も観ました!
そう、そう、馬について、言ってましたね~ 宅間さん(^^)v
振られた永井さんがアレ以上話を膨らまさなかったのは、他局だからかな?なんて思いながら観てました。

投稿: あさぎ | 2011.06.28 13:23

確かに、思い悩む斎藤一というのはどうもイメージが違うように思えてしまいます。
そこそこ楽しめたけど、最終回がやはり、筆者も納得いかないです。

投稿: 桃源児 | 2011.06.28 13:44

Mini子さん

>後半より下がってるのは3回の鴨の暗殺ですか?

う……はい、そうなんです……
当時は「あまり悪い感想は書きたくない」と思っていて、何かしら良かった事を書こうと思ったら、音楽の事褒めてました(爆)。

>何かその悩みの内容が現代的…。

そう! その通りっ!! ホント同じように感じました。
現代的にしてもらっても、共感出来るわけではないです……。
今回の血風録に関しては、Mini子さんと似たように感じる事がホント多かったなぁ。

ももさん
ももさんはあのセリフお好きなんですね。
なんだか、今回の斎藤さんって永倉役を兼ねていたような気がするんです……。
藤堂を熱く説得するのも、油小路で藤堂を逃がそうとするのも、土方さんの前であんな事を言うのも永倉がやりそうな事。
永倉が言うならすごく納得して、このセリフも好きになれたかもしれません。
うん、尾関さんが永倉役やったら、私永倉の事好きになっちゃったかも

あさぎさん

>土方さんから叱られるよ?」な~んて思ってたんでした(^_^;)

叱るどころか、土方さんも葛藤してるっぽく見えましたよね~。
確かにあの任務(三浦を守る)はどうかと思います。
三浦の事なんて知ったこっちゃありません(失礼)。
なのでそれで「俺達は何をしているんだ」というなら納得できるけれど、「同じセリフでも込められた意味が違う~」って感じました。

私もあの「死ぬのが怖い」発言は、ちょっと残念でした

桃源児さん
あ、 尾関さんの斎藤さんって、桃源児さんの描く斎藤さんとは思い切り逆ですよね。
斎藤さんの事、浅田次郎さんが描くような悪人だとは思っていない私ですが、今回はちょっとイイ人過ぎる感じがしました……。

投稿: YAGI節 | 2011.06.28 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジ対応完了 | トップページ | 佐藤健さんが剣心!! »