« 命を無駄にするな、藤堂平助 | トップページ | 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 »

2011.06.06

鞍馬天狗再放送にあたって

こんにちは、天狗様を忘れない会 会員No.1のYAGI節です。

今月17日より、『鞍馬天狗』が再放送される事になりました♪
既にCSでは再放送されてましたが、地上波での再放送となると感慨深いものがあります。

それにあわせて……
というわけではないのですが、ブログのテンプレートを変えました。

絵はRICCさんに描いて頂きました
RICCさんは野村萬斎さんのファンページを作っていらっしゃり、私もちょくちょく覗かせて頂いてます。
RICCさんのサイトではキリ番をゲットした人にイラストをプレゼントするというありがた~い事が行われているのですが、私、キリ番ゲットに成功しました!!N

という事で、イラストをリクエスト出来る権利を得、そのイラストをブログのテンプレートに使わせて下さいと図々しくもお願いしてしまいました。
嬉しいことにご了承いただけました。
そんなやりとりをしているうちに、『鞍馬天狗』の再放送が決まって、あまりのタイミングに驚いている所です。

無理を言って、近藤さんまで描いて頂いちゃいました♪
拙ブログに飾るにはもったいないようなステキな絵で、嬉しくてたまりません。

鞍馬天狗 [DVD]さて、そんな『鞍馬天狗』ですが、ご覧になった事がないという方もいらっしゃるかと思います。
「再放送見てみよう」なんて考えている方もいらっしゃるかも。
そんな方の為に、今日はちょっと注意事項(?)をお伝えしておこうと思い立ちました(余計なお世話?)。

当ブログに来て下さっている方の多くは新選組ファンだと思います。
残念ながら、『鞍馬天狗』には新選組ファンにとっては辛い描写が一部あります……。
リアルタイム放送時に初回を見て「新選組の扱いがこれじゃ、もう見ない」と思われた方もいらっしゃるかも知れません。

が、このドラマの近藤勇、無茶苦茶イイです!!
とってもカッコ良いです。
なので、初回だけ見てやめてしまうのは、ほんっともったいないです。
可能であれば……第4回まで観て頂きたい。それでダメだったら、見続けても好きになるのは難しいと思うので、やめてOKだと思います。
え、趣味に合わない物を4回も見せるのは酷ですか。
だったら初回はパスして2回目からお試し頂くのはどうですか?
って、初回見ないとイマイチわからないですね、すみません。

天狗は、山奥から出て来たばかりで、世間の事を何も知りません。
新選組が警察のような組織である事もきっと知らないのです。
なので、新選組ファンの皆さんの気に触るような事を色々しでかしてしまいますが、どうか見逃してあげて下さい(爆)。

そして、問題は土方歳三の描写なのですが……
大変な事になってしまってます。天狗&近藤を引き立たせる為なのか、残念な事になってます。
えっと……あれ、実は土方じゃないんです。
多分、土方が留守の間に屯所に入り込んでしまったニセモノです。
土方のコスプレした悪い人なんです。ショッカーを引き連れて居座ってます。
……そう思って見て頂いた方が良いかも……
「ヘタレな土方さんを見たくない」という方にはオススメしません。
ご注意下さい。
ホント、これはすみません。私が謝るのも変ですけど。

主人公は架空の人物です。フィクションです。
なので、あまり細かい事は気にせずに、チャンバラ劇をお楽しみ頂けたら幸いです。
萬斎さんの殺陣、それはそれは華麗です。
今一部で話題沸騰の辻本総司と通じるような、舞うような殺陣です。
あんまり意味のない所でジャンプしたりしますが、それもカッコ良いです。

そしてこのドラマ、セリフ回しがステキです。
「貴殿が鞍馬天狗か?」
「わが新選組隊士を次々とやいばにかけた、鞍馬天狗その人であるか」
「そっ首、貰い受ける!」

こんなクラシカルなセリフ、今時の時代劇ではなかなか聞く事が出来ません。
ぞくぞくします。品格すら感じます。

わかりやすいチャンバラ劇なんですが、そこはかとなく漂う上品さ。
天狗登場時に輝く満月の美しさ。白馬の凛々しさ……
素晴らしいです。

あぐり 完全版 DVD-BOX「え~、野村萬斎が鞍馬天狗~? あの人、正義の味方ってガラじゃないよね」と思っていた私なのに、この番組ですっかり虜になり、その後に見た『にほんごであそぼ』とのギャップにやられ、遅まきながら萬斎ファンとなってしまったのでした。
多くのファンを生み出した『陰陽師』を映画館で見てもファンにならなかった私が、これで転んでしまった事は既に何度も書いているので御存じの方も多いかな。

ちなみに3年前の感想はここここにありますので、興味のある方はどうぞ。

天狗様の事だけでも嬉しいのに、今日は『ベッジ・パードン』の初日です。
そして、CSでは23日から『あぐり』の再放送が始まります。
萬斎ファンにとっては楽しい日々が始まりそう♪

<追記> 
国会中継のせいか、開始日がズレたみたいです。
6/24、初回スタート!!……の筈。またズレなければ

|

« 命を無駄にするな、藤堂平助 | トップページ | 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 »

コメント

はーい!会員No.2のちィです。

YAGI節さん、素晴らしい情報をありがとうございます!!再放送だなんて、全然知りませんでしたよー。見逃すところでた。
TOP画像が変わっているから、「お?!」と思ったのですが、最新記事読んで納得。再放送を願い続けて○年。ああ、あの素敵な萬斎さんの鞍馬天狗がまたTV放送される日が来るとは…!生きててよかった…(大袈裟)。
本当に、近藤さんとの対決(共闘を含む)はどれも素敵でしたよね。あとは最終話、着流しの裾から覗く白い脚と痛めつけられてボロボロになった姿の艶かしさが忘れられません(笑)。

> わかりやすいチャンバラ劇なんですが、そこはかとなく漂う上品さ。

そう。いい意味で、昔ながらの時代劇…という感じで、よかったですよねー。

なんと、『あぐり』も再放送ですか?残念ながらCSは観れないので、羨ましいばかりです。。
エイスケさん見たさで、『あぐり』もDVDが欲しいと、時々思い出したように思うんですよね。あのエイスケさんの笑顔がまた見たい…!!うう(泣)
ついでに、超可愛かった生田斗真君ももう一度見たい…

投稿: ちィ | 2011.06.06 01:36

「鞍馬天狗」の再放送のことは、万作の会のホームページ
で知りました。
RICCさんのイラスト、カッコ良いですね。
緒方直人さんの近藤勇さんは、人間性、品性、優しさ・強さが感じられる方です。
安心感を感じますね。重厚感というか・・・・。
鞍馬天狗の強さを認め、魅かれる近藤緒方さんが好きです。
最終回の「貴殿が鞍馬天狗であったか・・・。」
セリフは確かこうだったと思うのですが、違っていたらすみません。土方さんはもうちょっと何とか・・・ですねえ。
杉本哲太さんは好きです。笑顔が優しい方ですよね。
あぐりはCS放送なので見ることができないのです。
もしお店で見つけることができたらいいな・・・ですね。
今日、「ベッジ・パードン」初日ですね。

投稿: hiro | 2011.06.06 13:56

「鞍馬天狗」地上波で再放送ですか!?
観ます、観ます!
情報を有り難うございます(*^_^*)

>土方のコスプレした悪い人なんです。ショッカーを引き連れて居座ってます

YAGI節さん!(笑)
その通り!(大笑)

テンプレ、素敵ですね~!
私にはまったく絵心が無いので、このようなイラストが描ける方、尊敬します。

投稿: あさぎ | 2011.06.06 14:05

この鞍馬天狗、とても可笑しくて笑ったような気がします。緒方近藤は良いのですが、杉本土方は悪党のようだったし、
石原桂など、兎に角楽しかったですよ。

投稿: 早々 | 2011.06.06 16:19

わーわー!仕事から帰って今やっとお邪魔出来たんですが…綺麗にレイアウトして下さり感謝感激です!!!
いやもうこの拙いイラがYAGI節さんの"新撰組愛"ブログの玄関を飾っているとは…恐縮しきりです(汗)。
あらためまして、キリ番GETありがとうございました!
カウンタの"証拠"までちゃんと掲載されてるw
そして"『鞍馬天狗』初心者の方々への注意書き"笑いながら読ませて頂きました!分かる分かるwww
しっかり見て頂くところと、ちょっと目をつぶってもらうところと(爆)…それにしても急に降って湧いたかのような再放送、今でもちょっと信じられない感じです。
DVD持っていてもオンエアは別なんですよねw
仕事が終わってわき目も振らず帰宅すれば何とかギリギリ間に合うか(泣笑)…。

投稿: RICC | 2011.06.06 17:40

ちィさん
ごめんなさい、実は会員No.2は発起人である弟なんです。
発起人なのに、1番を私に譲ってくれました。←どうでもいい話

ホント、近藤さんとの対決良かったですよね~。
うんうん、最終話も良かったです

『あぐり』も部分的にしか見た事がないので、すごく楽しみです。
しかし、CS対応の録画態勢が整っていないのが悩みの種……。
録画環境はのんびり整えて行こうと思っていたのに。
困った~。

hiroさん
天狗様と近藤さん、互いに認め合って、敬意を払っているのが良いですよね。
まさに好敵手という感じ。

杉本哲太さん、テレビ版の『陰陽師』の博雅役が好きでした♪
土方役は残念な感じでしたが、素敵な役者さんですよね。

『あぐり』のDVD、Amazonで買えますよ~。高価ですけど(>_<)。
記事中の写真からジャンプ出来ます。リンクちょっと直しました。

あさぎさん
放送当時、あさぎさん「新選組擁護の記事を書く!」みたいな事、おっしゃってましたよね。
毎週、あさぎさんの感想読むのが楽しみでした。なんだか、懐かしい。

イラスト、良いでしょー♪
「自分でもあんな絵が描けたら良いのになぁ」と憧れます。
私はほんっと不器用で、学校では図工や美術の時間が一番憂鬱でした……。

早々さん
そうそう、結構笑えるシーンもあるんですよね。
天狗はカッコ良いんですが、宗房はお茶目な所もあったし。
天気予報が外れまくりの石原桂も、面白かった♪

RICCさん
この度は、ホントありがとうございました!!

キリ番は、「ゲットしたい」という思いが強すぎたせいか、「キリ番ゲットした!?」という見間違いを2~3度しました(爆)。
実際ゲットした時も「また見間違いなのでは……?」と自分が信じられず、思わずキャプチャー取ってしまった次第です(笑)。

ブログを開く度に、イラストに見とれています。
見ていると、なんだか天狗様の頭巾の上から顔を撫でたくなってくるのですが~。←ばか
天狗様と近藤さんのみならず、背景までキレイに丁寧に仕上げて頂けて感激してます。

投稿: YAGI節 | 2011.06.07 00:11

「あぐり」の写真をクリックしてみました。
今回の東京行きの飛行機代と通常の値段がほぼ変わらない
値段でした。(笑)
¥34.340でした。(笑)エアドゥです。
最近では、萬斎さんが何冊かの雑誌に載っているということで、本屋さんに立ち寄り、あまり行かない男性紙のコーナーに行ったり、女性紙のコーナーに行ったりして雑誌を手に
取って記事を読んだりしています。
男性紙のコーナーって、周りに男の人がいたりするので、
ちょっと意識しちゃいますね。(笑)
今までに見つけることのできた雑誌は、「ターザン」と「Pen」です。
一番後ろのページでした。
あと何冊かあるということなので時間を取って、ゆっくり
巡り歩きたいと思います。❤❤

投稿: hiro | 2011.06.10 13:16

hiroさん
はい、最近は雑誌チェックが忙しいですよね(笑)。

ananはなぜか月刊誌と勘違いして、見逃しました(>_<)。
もう新しい号が出てしまったので、図書館でチェックしてみます……。
『ターザン』『グラツィア』『PEN』は私も見ましたよ~♪
『ターザン』良かったですよね

『ポパイ』と『文芸春秋』が今日発売らしいのでチェックしなくては!!

投稿: YAGI節 | 2011.06.10 21:53

「アンアン」はいつも立ち寄る書店に前々月号までありましたので、立ち読みしようと思っております。(笑)
グラツィアも何とか見つけてページを捜して読みました。
何だか、萬斎さんの写真がいつも見るお顔と印象が違うような・・・・。
全部買うといくらでしょうね。(笑)
書店に全部そろっていたらいいんですが・・・。
残るは「文藝春愁」と「ポパイ」・「アンアン」ですね。
世田谷パブリックシアターまでの道のりは羽田空港からだと
リムジンバスを渋谷で乗り換えなくてはなりません。(-_-;)
こうして色々と道順を覚えていくんでしょうか。(笑)

投稿: hiro | 2011.06.12 14:51

hiroさん
あっ、今日帰りに「文藝春秋」と「ポパイ」をチェックしようと思っていたのに、忘れた(>_<)。

そういえば、三軒茶屋はちょーっと不便かもしれませんね。
でも、渋谷で寄り道するのも楽しいかも?

>こうして色々と道順を覚えていくんでしょうか。(笑)

東京通になっちゃいそうですね♪

投稿: YAGI節 | 2011.06.12 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 命を無駄にするな、藤堂平助 | トップページ | 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 »