« 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 | トップページ | 2013年大河 »

2011.06.12

名刀菊一文字か

今日のタイトルも、『新選組血風録』の斎藤一のセリフから取りました。
第11回『菊一文字』です。

今回は、殺陣は最高。
話は微妙……って感じでしょうか。

これ、原作が大好きなんです。
『新選組血風録』の中では『槍は宝蔵院流』と匹敵する位好き。
思い入れがあります。思い入れありすぎると、ちょっと見方が厳しくなるのかも

高級居合刀 新撰組一番隊組長 沖田総司の愛刀 菊一文字則宗刀に全く興味のなかった私は、この作品を読んで刀に興味を持ちました。
「沖田総司をそこまで魅了する刀を生で観たい!」と思いました。
「名刀にはとてつもない魅力があるのだろうなぁ」と憧れました。
菊一文字を見る事はかなわないので、和泉守兼定を見に行ったのでした。

が、今回は、菊一文字を抜かなかったのは「体力がなかったから」という理由になってしまっていました。
『菊一文字』を読んで刀を見に行った私の立場はどうなるんだ~(違)。
「血を吸わせたくなかった」という理由だけで良かったと思うのですが。
近藤や土方には絶対無さそうな独特の感性。そんな総司が素敵だと思ったのに。

あと、斬られたのが新選組隊士ではなく、お悠というのも残念。
なんでわざわざ登場させて殺すかな……。

が、総司の殺陣はホント素敵ですね~。
一人で練習している時も無茶苦茶良かったし、ラストの殺陣もカッコ良かった。
原作通り一瞬で斬ってほしかった気がしないでもないけれど、あの華麗な殺陣を長く見られるのはやっぱり嬉しい。

斎藤さんが、稽古で負けたのはちょっと悔しかったけれど……今回は許すっ(笑)。

色々書いてきましたが、来週最終回だなんて悲しい……。

そして、日曜のもう一つのお楽しみ『JIN-仁-』。
最近、ちょーっとヘビーだったり痛そうだったりの回が続き、ながら見の事が多かったのですが、今日は無茶苦茶引き込まれました。
でも、こちらも最終回間近?
「最終章」っていう言葉が紛らわしいけれど、今月中に終わっちゃう事は確かですよね。一気に日曜の夜が寂しくなります……。

|

« 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 | トップページ | 2013年大河 »

コメント

そうですよね。
殺陣は最高。話はよかったようなそうでもないような…
刀本体の話ではなかったですよね。
それもこれもお悠の話がまじったおかげなのですが…
最初からこの血風録は、ヒューマンドラマの方に重点をおいてるような気がします。だから菊一文字を抜かなかった理由にしても、人間的でしたね。いいか悪いか別として…

辻本君は殺陣が最高でした。
もう来週はそんなに出番はないだろうし、今日で見納め位の気持ちですが、今までみた総司役の中では私的には一番でした。

あ。他の記事で恐縮ですが、
再来年の大河、会津ですね!!
きゃーきゃー
私も今日は1日、この記事が出でからウキウキでした。
山川さんや梶原さんや容保公や…配役が気になりますね~!
新選組も出るかな~♪

投稿: Mini子 | 2011.06.12 23:38

Mini子さん

>それもこれもお悠の話がまじったおかげなのですが…

そうなんですよ~っ!!
Mini子さんのブログにも書かれてましたが、ホントお悠の話は引っ張らないで欲しかった。
1話で留めて欲しかったです。

辻本総司、良かったですね♪
ただ、総司が良すぎたので、他の役を見たくないような気がして困ってます。
辻本さんの事は見たいけど、「こんな事する総司、見たくない」みたいに、今後重ねて見てしまいそう。
山本耕史さんの時も、「土方役以外の山本さんは見たくない」という気分になっちゃったんです。
ハマリ役も時には困りものです……。

>山川さんや梶原さんや容保公や…配役が気になりますね~!

お風呂に入りながら誰が良いか考えていたら、頭を洗いすぎてしまいました(爆)。
結局いい人、思いつきません~。

投稿: YAGI節 | 2011.06.14 00:19

辻本総司、殺陣素晴らしかったですね。和泉守兼定、日野で見ましたよ。刀には冷たい透明さのようなものを感じます。
だからこそ島田総司のように悟った総司であってほしかったのですが。

仁は龍馬の暗殺シーンがあれっ!と言う展開でしたが、来週が最終回でしょうか?
 
大河、再来年は会津が登場とは楽しみです。

投稿: 早々 | 2011.06.14 15:37

>島田総司のように悟った総司であってほしかったのですが。

まさにっ!!
人間誰しも泣いたり悩んだりするでしょうし、現実には島田総司のような人はなかなかいないかも知れないけれど、せめて小説やドラマの中にはいたって良いと思うんですよね~。
辻本総司はそっち系かと思ったのですが、前髪妖怪に魅入られて以来、普通の人間路線に行ってしまったような……

投稿: YAGI節 | 2011.06.15 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『小川の辺』舞台挨拶付チャリティー上映会 | トップページ | 2013年大河 »