« 『新選組!』お気に入りキャラベスト10 | トップページ | 2011 NHK杯 »

2011.11.11

ちはやふる

私はテレビを付けっぱなしでパソコンをいじる事が多いです……。
CMの間にちょっとネットサーフィンするつもりだったのに、気付いたらパソコンに夢中になって、テレビが付いている事を忘れるなんて事がしばしば。
「気付いたら見たくもない番組がかかっている」なんて事もあります。

その日は気付いたら夜遅くなっていて、「うわっ、もうこんな時間。寝なくちゃ!!」と思ったんですが、その瞬間、あるアニメが始まりました。
百人一首を扱ったアニメです。
なんと初回でした。
狙ったわけではないのに、百人一首のアニメをちゃんと初回から観れてしまうなんて。
やはり、私は百人一首に縁があるのかしらん。
それが『ちはやふる』というアニメでした。

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)まーったく知らなかったのですが、人気漫画だったんですね。
面白かったので、その後も毎週録画して観ています。

『ちはやふる』というタイトルは
「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」
という和歌から取られてます。
この歌の作者は在原業平!!
『業平餅』で一部ではお馴染みの(笑)あの業平です。

で、アニメにはな~んか見覚えのある風景が出て来ます。
「もしや……」と思ってはいたんですが、途中で確信しました。
登場するかるた会は、私が一瞬通っていたかるた会がモデルだっ!!

ヒロインの師匠である原田先生はお医者さんですが、某会の会長さんもお医者さんでした。
あんな感じの作務衣を着ていらっしゃった。
そして、「片町文化センター」というのが出て来ましたが、そこへ私も何度か行きました。
ああ、懐かしい。

ちなみに私はかるたは好きなのですが、通っていて「イヤだなぁ」と思う点がいくつかありました。
まず、ジャージをはいてくるように言われた事。
私、ジャージ似合わないんです。
やわらかジーンズだったから動きやすかったのに、ジャージじゃなきゃダメですか?
スポーツならいざ知らず、いい年した大人がなんでかるたでジャージにならなくちゃイケナイんだ……。

ちはやふる(6) (Be・Loveコミックス)そして競技中はもちろん正座なのですが、少しでも早く取れるようにお尻を浮かして構えるようにと言われました。カエルみたいな感じ?
ジャージというだけで憂鬱なのに、お尻を浮かせるだなんて、ますますカッコ悪い……
さらに札を取る時勢い良く何枚も飛ばすのがイヤ。
その都度わざわざ取りに行くって、何それ……

なーんて思ってましたが、
アニメの主人公はモデル並の美女という設定。
共にかるた部を作る幼なじみの男の子も「まつげくん」というあだなの美少年。
そんな2人がやっていると、サマになるんですよね~。
なんだかカッコ良く見えるのでした。
あれを見たら「やってみたい!!」って思う人、多いんじゃないかな。

ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)登場人物達の気持ちはかなりよくわかります。
私も、かるたの相手をしてくれる人が欲しかった……。
家族はお正月だけは付き合ってくれたけれど、「お正月だから一応」というノリだった気がします。
普段はぜーっったい相手してくれないです。結構時間かかるし。
小中学校でも1月しかやらなかったなぁ。
そして、大人になってからはますますやる機会が無い(>_<)。
それで、かるた会に行ってみたんですけど、ジャージはいてスポーツのノリでイヤになっちゃったという。

でも、会に行かなくなった最大の理由は、札を早く並べられなかったからかな。
「自陣に置く札の並べ方を考えてくるように」という課題を与えられました。
会長さんが作った配置図をもとに、自分用の配置図を作ったのですが、その通りに並べるのが大変なんです。
自分で考えたとは言っても、その配置図を覚えていないからいちいち見ながら並べる。
が、百枚の配置が書かれた図を見ながら並べるというのは無茶苦茶時間がかかるものなんです。
でも、どこに何を置いたか把握した上で臨まないと、その会では勝負にならない。
「自陣の札は取れて当たり前、相手の札をいかにして取るかが勝負」といった感じなんです。
なので、配置図を覚えてから出席しようと思っていたら、いつまで経っても覚えられず、出席出来なくなったのでした(爆)。

歌自体は小学生の頃にほとんど暗記していたんですが、配置図を覚えるのがそんなに大変だとは

今でも半年に一遍位ふと思い出して、配置を覚えようと並べてみるのですが、ダメです。定期的に並べてれば覚えるのでしょうけど、とにかく時間がかかるので、余程暇な時しかやる気になれないんです……。これを覚えたら、また通ってみたい気もしますが、いつの事になるやら。

|

« 『新選組!』お気に入りキャラベスト10 | トップページ | 2011 NHK杯 »

コメント

そうですよねぇ。お気持ちはわかります。
私も何でもスポーツ感覚になるのは好きではありません。
文化的なものに甲子園とか、体育会系的なノリをくっつけるのは
イヤです。
まあ・・・、ジャージというのは動きやすさを考えてのことなのでしょうが・・・。
ジャージというと、なぜか想像する色が濃い緑とか、えんじ色
です。(笑)
舞台のけいこ中の萬斎さんの来ていたのは、アディダスでしたね。
スポーツ用の服を着ている萬斎さんを写真で見て意外な(❤)きもちになりました。
あっ、それで思い出しましたが、「ベストステージ」買いました。
萬斎さん、お肌の調子がちょっと…、大丈夫でしょうか?
パックシートをプレゼントしてあげたいと思いました。
可能なら、直接お肌をお手入れして差し上げたい!ですよ。
役得、役得❤こんなこといっていますが、萬斎さん本人を目の前に
したら、見とれているんだろうなあ・・・。
こちらのほうでは、「ちはやふる」はやっているかどうかは
わかりませんが、かるた会というのは機会がありましたら参加
してみたいと思っていました。
「いつでも取れるようにお尻を浮かせてカエルの様に・・・。」
で、萬斎さんが そーいう格好をしている姿を上から眺める・・・というのを想像してしまいました。
参加したら、皆さんの勢いに呑まれそうですね。たぶん、目を皿の様にしているでしょうが…。
響久しぶりに図書館に行ってきました。「源氏物語を楽しむ」の
平安朝言葉と現代語訳のリーディングと仕舞があるというので
出かけたんですが満杯とのことで入ることができませんでした。
そこで、せめて出向いた甲斐がほしいと、「義経記」を借りて
今読み始めたところです。義経さんって、優しくて強い人ですよね。
                        


投稿: hiro | 2011.11.14 00:23

hiroさん
hiroさんはバレエをやっていらしたとの事ですからジャージ姿もカッコ良く決まるんだろうなぁ。私はスタイルが悪くて

>文化的なものに甲子園とか、体育会系的なノリをくっつけるのは
>イヤです。

おお、hiroさんも?
私は吹奏楽が大好きで、「吹奏楽の甲子園」と言われる普門館にもすごーく興味があるのですが、あまりにも体育会系的で厳しい高校の映像などを見ると引いてしまいます。

そんな私ですが、高校時代はバドミントン部で、似合わないジャージを毎日はいてました。
試合で短パンをはくのがすごーくイヤで、その時ばかりはジャージをはきたいと熱望していたっけ(笑)。
運動部だったのに体育会系的なノリは苦手で「大きな声で掛け声をかける」とか憂鬱でした。
とか言いつつ、スポ根大好き。我ながら矛盾してますね。

『ベストステージ』、面白かったですね!! でも萬斎さんのお肌の調子の事は気付きませんでした~。

投稿: YAGI節 | 2011.11.15 21:03

どうも有り難うございます。やはり、習っていないと体が硬くなりますね。
萬斎さんの載っている雑誌を探し求めるようになってから、あちこちと色々なコーナーを見て回るようになりまして、カラダに関する本など、バレエやストレッチの本をパラパラめくってみたり。
私も高校時代はバレーボール部に入っていました。
それまで文科系だったんですが、高校に入ったら、体育系に入ってみようと思いまして・・・。
隣ではバドミントン部の人たちが部活をやっていました。
バレーもいいけど、ラケットも振りたいなぁとか思っていました。

投稿: hiro | 2011.11.17 13:41

hiroさん
バレエもバレーもやっていらしたのですね♪
私の高校でもバドミントン部とバレー部、同じ体育館で練習してました。
シャトルが風で流されてしまうのを防ぐためバドミントン部は夏でも窓を閉めるのですが、他の部のみなさんには申し訳なくて肩身が狭かったです~。

投稿: YAGI節 | 2011.11.17 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『新選組!』お気に入りキャラベスト10 | トップページ | 2011 NHK杯 »