« WOWOW 15日間無料体験 | トップページ | 東都大学野球プレーオフ »

2011.11.03

三谷幸喜の日

WOWOWでは今日11/3を「三谷幸喜の日」と銘打って、三谷作品をいくつも放映してくれました。
その中で、『ベッジ・パードン』と『ろくでなし啄木』を観ました。
それぞれの感想行ってみます。

監督だもの 三谷幸喜の映画監督日記◆ベッジ・パードン
舞台を観に行きましたが、当日双眼鏡を忘れてしまったので、細かい所は全く見えてませんでした。なので今回テレビで観られて良かった♪

これ、舞台美術がホント素敵ですね。
生で観た時も素敵と思ったけれど、遠目だから良い様に見えるのかと思ってました。
が、テレビで観てもイイですね。
特に窓が好き。
窓から見える外の景色もいいし、1幕ラストの窓の外から見える室内の図(野村萬斎さんと深津絵理さんが見つめ合ったりしている図)も素敵でした。窓を通して観る事によって、なぜかよりロマンチックに感じるんだよなぁ。
カーテンコールで5人が窓から顔を出す図も無茶苦茶好き!!
そこで頭の上に手をネコ耳のように乗せ、振る萬斎さんがキュート過ぎました

ひょっとしたら「喜劇」という事になってるかもしれないこの作品、私の中では悲劇というイメージが圧倒的に強いです。
観てから数ヶ月経ってしまったという事もあり、1幕の印象がやや薄れていました。
が、久々に観たら1幕はとっても楽しいですね。
「だからこそラストが悲しく感じられる」とも言います
改めて観ると、深津さんはほんっとに可愛らしくて、「なんでこんなチャーミングなベッジを悲劇のヒロインにするんだ」と腹立たしくなるほどです。
作品の出来云々よりも、三谷さんが「妻子ある男性の、妻以外の女性を相手にした恋愛物」という私の苦手なテーマを選んだ事がとにかく残念でなりません。
これ、観た事のある三谷作品の中ではベスト3に入る程好きな作品って事にはなりますが、夢にまで観た三谷さん&萬斎さんというゴールデンコンビの作品を、手放しで「大好き」と言えない事がちょっぴり淋しい私です。

ろくでなし啄木 [DVD]◆ろくでなし啄木
面白かった!!

実は全く期待してませんでした(^_^;)。
暗い話だと聞いていたので、「『ベッジ…』といい『啄木』といい、最近の三谷さんはどうしちゃったんだぁ」とがっかりしていたのです。
私、暗いストレート・プレイって苦手なもので。

前半は「あぁ、やっぱり私、これ苦手かも……」と思いました。
が、後半が好き。
「ある事件を、様々な角度から見る」というの、大好物なんです。

古くは、さだまさしさんの『検察側の証人』。
あれを初めて聴いた時、衝撃を受けました。
タイトルから想像すると、アガサ・クリスティの作品から取っていたりするのでしょうか? って事は、クリスティの小説も面白いのかも知れませんが、ミステリにはあんまり興味がなく、そちらは未読です。
で、さださんの歌では1番の歌詞(証言)では、「Bさんを棄てた悪い女・Aさん」について歌われてます。
2番ではAさんはそこまでヒドい女性ではないという証言(?)がされており、3番ではなんとBさんがAさんを棄てたという事になっているんです。
「見方によって、全く違う話になる事もあるんだなぁ」と教わりました。

最近ではゲーム『幕末恋華新選組』(爆)。
全く同じ出来事も近藤勇の側にいて見るのと、斎藤一の側にいて見るのとでは、違って見えるんです(笑)。

……って、たとえが偏っていて恐縮ですが、とにかく「たまたま目に入った物だけが全てではない」というような話に惹き付けられるらしい私です。

そして、中村勘太郎さんが凄かった!!
藤原竜也さんの演技については色々な所で褒められているのをよく目にするので熱演にもさほど驚かなかったのですが、勘太郎さんが歌舞伎以外の舞台であそこまでやるとは。
なんだか勘太郎さんの事は、見る度見直しているような気がします。イイ役者さんですね。

インタビューを流してくれたのも嬉しかった♪
たとえば……
勘太郎さん、藤原さん、そして吹石一恵さんという組み合わせは『新選組!』を思い起こさせるトリオですが、事実『新選組!』の撮影後の飲み会で、藤原さんが「何か僕に書いて下さいよ」と訴えていたそうです。で、周りにいた山本耕史さんや堺雅人さんには「そんな事ここで言うもんじゃない」とたしなめられ、袋叩きにあったのだとか。
その後も2ヵ月位毎に催促の電話をして来たというから凄い熱意ですね。
『新選組!』って2004年の作品なので、7年かかって実現した舞台という事か……。
そんな情熱が伝わってくるような作品でした。

また、三谷さんが上演中に役者さんを笑わせようとする話はよく目にします。
「皆さん、よく怒らないなぁ。演出家には逆らえないのかなぁ」なんて思っていたら、藤原さんは怒ったのだとか。三谷さんが笑わそうとして叱られたのは初めての事だそうです(笑)。

|

« WOWOW 15日間無料体験 | トップページ | 東都大学野球プレーオフ »

コメント

うわ~!昨日だったんですね!?
”啄木”観れば良かったー!
こっちでも舞台をやっていたんですが、その時は結局観に行けずじまいだったんです。。。
藤原さん、吹石さん、中村さんってホント、新選組!トリオなので、是非観に行きたかったんですが、、、 
いや~ もう一回くらいTVでやってくれませんかねぇ?(^_^;)

>三谷さんが笑わそうとして叱られたのは初めての事だそうです(笑)。

へえ~ 面白いエピソードが知れて良かったです(*^_^*)

投稿: あさぎ | 2011.11.04 12:18

「15日間無料~」、1時間40分あればwebで間に合ったんですね。
WOWOWの資料をまず請求してからと思い、家族に話してみました。
11月26日から「15日間~」にしてみようというかんじでしょうか。
YAGi節さんもおっしゃっていたとおり、テレビだと生では見ることができなかった部分が見れていいですよね。
キュートな萬斎さんの猫耳や、深津絵里さんと見つめあうシーン、
画面で見ることができていたら今頃、気分が違って「二人が見れて幸せ~、切ない余韻」が残っただろうと思います。
舞台の背景は、暖かなレンガの家を思わせる、素敵な下宿だなと思いました。
今の季節に「ベッジ・パードン」は、ちょうど雰囲気があうような
感じがします。
ベッジ(深津さん)が二人のために作ったチョコドリンク?とサイコロのおみそ汁のように、ココア&マシュマロを作って飲みたいと思います。❤

投稿: hiro | 2011.11.04 13:11

あさぎさん
あう~、『ベッジ…』は昨日のが初回放送だったので再放送ありますが、『啄木』は春に放送された物の再放送だったみたいです。
なので、しばらくは再放送なさそう……。

藤原さん、タイトル通りヒドイ「ろくでなし」でしたよ~。
なので、見たらひょっとしたら沖田のイメージ、壊れるかも?
あ、でも、夜神月も屈折してましたね。

hiroさん
無料体験は、最短だと15分で観られるようになりますよ。
BSを観られる環境であれば、スクランブル解除の電波(だったかな?)を送信してくれるだけという簡単なものでした。で、期間が来たら見られなくなり、観たかったら改めて申し込むという感じみたいです。
でも、26日ならゆっくり検討しても大丈夫そうですね。

この季節、ココア&マシュマロいいですね♪ でも、おダシは入れないで下さいね~(笑)。

投稿: YAGI節 | 2011.11.04 23:05

ありがとうございます。26日までまだありますので、どうなるかわかりませんがその日が来るまでは「萬斎金之助さん」が見られるようにしたいと思います。
じつは・・・、舞台を見ていたときに、濃厚なココアにおダシを入れて試しに飲んでみようかなぁなんて考えていました。
想像だけで考えているので、ダシの味わいとチョコはそれなりに
飲めるのかも・・・と。
舞台の萬斎金之助さんと大泉惣太郎さんを見る限り、味がイケてないんでしょうか?(笑)
お豆腐の代わりにサイコロを入れてみるところが遊び心というか
可愛らしいですよね。(おもちゃみたいで)
さすがにサイコロは入れませんが(笑)
「素敵な隠し撮り」ご覧になりましたか?
深津絵里さん、本当に可愛い方ですね。
映画もいつ見に行こうかと考えています。
あのドラマの中の三谷さんがとても面白くて、1日中お話し相手になってもいいかも知れないな…と思いました。

投稿: hiro | 2011.11.06 14:35

hiroさん
そうか、舞台を観た時は「マズそう」としか思えなかったのですが、確かにチョコレートって料理に使われる事もあるから意外とイケるのかも?
そういえば、お肉にチョコレートのソースがかかっているの食べた事ありました……あまり好みではなかったけど。

『素敵な隠し撮り』、CM見て「面白そう」と思っていたのに、うっかり見逃しました(>_<)。
映画はいつも「すいてから」なんて思っていて、行くのが遅めなのですが、こちらは見逃さないように気を付けなければ。

投稿: YAGI節 | 2011.11.09 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WOWOW 15日間無料体験 | トップページ | 東都大学野球プレーオフ »