« 狂言劇場その七 | トップページ | MANSAI◎解体新書その拾九 言葉も楽譜もテープも万能じゃない »

2011.12.07

2012カレンダー

この所、毎年歴史倶楽部さんの卓上カレンダーを使ってました。
最初の2年は新選組、その後は「珠玉の一言」という幕末志士の言葉が載った物、そして去年は「日本の名城」という物でした。
ホントはまた新選組のカレンダーにしたいのに、新選組の卓上タイプのカレンダーの販売はなくなってしまいました。壁掛タイプになってしまったんです。私は壁掛タイプは使わないのに(涙)。

頼りの歴史倶楽部さんで作ってくれなくなったので、自分で用意する事にしました。
富士フイルムでオリジナルカレンダーを作るサービスを提供していたんです。
そして、今日注文した物が届きました。

Cal1 Cal2 Cal3

土方や近藤をさしおいて斎藤さんが真ん中。私が作ったからこそ出来る事です(笑)。

書き込めるタイプの物にしたつもりなんですが、光沢紙っていうんですか? 紙質がもろ写真です。まだ書き込んでませんが、書きにくそうな予感……。
でも、だからこそ思っていた以上に美しくプリントされていて、気に入りました♪

最初は新選組関連で作ってみたのですが、試しに他の写真でもやっちゃいました。
著作権の事がよくわかりませんが、これを商品として売るわけではなく、個人で楽しむだけなので許されるのではないかと。

Cal4 Cal5

『鞍馬天狗』でまとめようと思ったのですが、のぼう様も加えてしまった。
統一感が全くないカレンダーになってしまいましたが、好きな写真ばかりでシアワセです

|

« 狂言劇場その七 | トップページ | MANSAI◎解体新書その拾九 言葉も楽譜もテープも万能じゃない »

コメント

フジフィルムで作ってくれるんですね!?
写真はお気に入りのを持っていくんですね?
いや~ しかし素晴らしい出来ですね!

斎藤さんが、ホント、真ん中(笑)
いえ、笑って済みません(^_^;)

萬斎さんのも素敵です♪

投稿: あさぎ | 2011.12.08 11:41

「鞍馬天狗」のカレンダーに感動しました。
その月ごとに各シーンを見ることができるなんていいですね。
見せていただいたカレンダーは5月~10月までなんですか?
2012年をこの「鞍馬天狗」さんで過ごせるなんて
羨ましいです。
杉作ちゃんと一緒のものがお顔が優しくて好きです。

投稿: hiro | 2011.12.08 14:07

史跡をご自分の足で確かめたり、あらゆるジャンルに凄い情報量を発信され、いつもながら感心させられます。
その中でも新選組愛や萬斎さん好きが随所に感じられ、今回も斉藤一といい萬斎さんといい新選組が絡んで、世界に一つのYAGI節さんらしいカレンダーですね。

投稿: 早々 | 2011.12.09 22:46

あさぎさん
私はWEBで注文しました。
お店に持って行ってお願いするには、ちょっと照れ臭い写真の数々です(^^;)。

斎藤さんを真ん中にする加工は年賀状作成ソフトでやりました。
年賀状作成ソフトがこんな事で役に立つとは思わなかった~。

hiroさん
1年分のカレンダーを作る為には12枚の写真を選ぶのですが、そのうちの6枚を萬斎さんにした次第です。残りは新選組だったりデヴィッド・ボウイだったりします(^_^;)。
どの月にどの写真を使うかは、紅葉の写真を秋にした位で特に意識はしませんでした。

ホント、杉作ちゃんと一緒の天狗様は素敵でしたね

早々さん
好きな事を垂れ流し的に書いてるだけで、タメになる情報は一切ないのでお恥ずかしい限りです~。
早々さんこそ幅広いジャンルの知識をお持ちで、いつも感心しています。

カレンダー、ホント気に入っていて、早く使いたくてたまりません。
年の明けるのが楽しみになりました♪

投稿: YAGI節 | 2011.12.11 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狂言劇場その七 | トップページ | MANSAI◎解体新書その拾九 言葉も楽譜もテープも万能じゃない »