« わかりやすい解説付き能・狂言2012 | トップページ | 新春名作狂言の会 2012 »

2012.01.27

新春浅草歌舞伎2012(第2部)

私がオールタイムで一番好きだったプロ野球選手といえば阿波野秀幸さんなのですが、野手(投手以外)で一番好きだったのは現在オリックスの二軍監督である新井宏昌さんでした。その新井さんのお嬢さんが、なんと今年のミス日本グランプリに輝いたそうです。
新井さんはカッコ良かったからお嬢さんが美人でも不思議はないけれど、ミス日本とはスゴイ。
ちなみに、吹石徳一さんのお嬢さんは吹石一恵さん。元近鉄の選手のお嬢さんって美人が多い?

Tree1さて、先週浅草歌舞伎第1部を見に行った話をアップしましたが、昨日は第2部を見て来ました。

第2部で上演された『敵討天下茶屋聚』(かたきうちてんがぢゃやむら)は実は2010年にこんぴら歌舞伎(金丸座)で観た演目。
しかも市川亀治郎さん・片岡愛之助さん・中村亀鶴さん・中村壱太郎さんがその時と同じ役を演じます。
「同じ物を複数回観る」という事はあまりしない私なので、最初はスルーしようと考えていたのですが、母がこれの都民半額観劇会のチケットを当てました。
半額だったら行くでしょー!! 金丸座で観た時、とても面白かったし♪

という事で、母と2人で観て来ました。
「母と観劇」というのは1年に1度あるかどうかという感じなのですが、今月だけで2度になっちゃった(驚)。

行ってみたいカフェレストラン(シエロイリオ)があると言うので、蔵前で下車して観劇前に寄ってみた所……安くて美味しくて、お洒落なお店でした♪
結構味にはうるさい母ですが、「また浅草に来る時には寄りたい!!」と絶賛してました。
蔵前からはスカイツリーがよく見えます。いや、浅草からも見えるんですけどね。

先週、「仲見世にはまだお正月らしさが残ってました」なんて書きましたが、今週も変わらず。先週は曇っていたのですが、今週は晴れて青空がキレイだったので、また写真撮っちゃった……

Asa1 Asa2

それでは感想行ってみます。

◆お年玉〈年始挨拶〉
坂東薪車さんでした。
なぜか花道からご登場。今迄何人ものお年玉を見て来ましたが、「舞台中央の座布団に座っている状態で幕が開く」というパターンがほとんどだったような気がするので、ちょっとビックリしました。
普段花道の見えない席にばかり座っている私ですが(爆)、今回は2階席とはいえ1等席(しかも花道寄り)だったので、よーく見えました

薪車さん、浅草歌舞伎初登場との事ですが、トークは手慣れた感じ。
注意事項伝達、営業(イヤホンガイドやパンフレットの宣伝)、そして拍手の練習……とソツなくこなしてました。
「見終わったらぜひ周囲の人に話して下さい、『亀ちゃん良かったよ、愛ちゃん良かったよ』って。亀ちゃん、愛ちゃん、亀ちゃん、愛ちゃん、そして時々薪車も……」みたいな事をおっしゃって笑わせる一幕も。
愛之助さん、「ラブリン」というあだなもあるようですが、「愛ちゃん」推奨?
そういえば、市川男女蔵さんはイヤホンガイドでご自分の事をさかんに「オメッティ」と言っていたっけ(^^;)。あだなでお呼びした方がいいんでしょうか(笑)。
若い人に親しんでもらおうという作戦なのか?

Asa3 Asa4

◆敵討天下茶屋聚
こんぴら歌舞伎で観た時は、憧れの金丸座だったし、最前列だったし、とにかく気分がハイでした。普通じゃなかった。冷静ではいられませんでした。楽しかったという印象しかありません。
が、改めて観ると……ヒドイ話ですね
私は悲劇が苦手な筈ですが、これ、大変な悲劇です。
忘れっぽい私は主人公の元右衛門に関しては「面白かった~」という思い出しかなかったのですが、心優しい兄を殺し、大金を奪い、伊織は歩けなくし結局は殺害し……って、どんだけ悪党なんだ。

Asa5 Asa6

イヤホンガイドではピカレスクと称してましたが、本来私はそういうの苦手です。
こんな悪党の話、現代劇だったら絶対観たくない。なのに、歌舞伎になると楽しんでしまう、拍手喝采してしまう。我ながら不思議です。似たような事、『伊勢音頭恋寝刃』の感想をアップした時にも書きました。『女殺油地獄』も相当だ……。歌舞伎って結構ヒドイ話多いですね。
常々シェイクスピアが苦手とか言っちゃってる私ですが、ストーリーだけで比較したら、むしろ歌舞伎の方が苦手なんじゃないだろうか?
シェイクスピアの悲劇はあからさまに悲劇で暗いけれど、歌舞伎ではカラッと明るく人が死んでしまう事も多い。リアリティがないから楽しめてしまう。
それって、恐ろしい事かも?
ひょっとして教育上良くないんじゃないでしょうか。
子供に見せちゃいけないんじゃないでしょうか?
ま、好んで歌舞伎を観る子供って、そうそういないと思いますけどね。
客席には、分別があると思われる一定以上の年齢の大人しかいないからな~。

Ten1 Ten2

それにしても、亀治郎さんは凄かった。
第1部でも目立ってましたが、この『敵討天下茶屋聚』は「ザ・亀治郎ショー」といった趣。もう、やりたい放題に見えました(笑)。
アドリブも多かったようです。仇討ちの人達に囲まれてしまい、隙を作ろうとするシーンではまず相手を褒めます。「敵討ち御立派、御立派」から始まって、壱太郎さんには「文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞受賞おめでとうございます。いや~、素晴らしい」などと言って褒めそやし、「もう私なんぞはどんどん隅においやられてしまう、これからは、皆さんが浅草歌舞伎を盛り立てて、私は卒業」(←記憶力が悪いので、かなり違っているかも知れません)みたいな事をおっしゃってました。亀治郎さんが今年で浅草歌舞伎卒業という噂はやっぱり本当なのですね……。ちょっと寂しい。

Name

金丸座では縦横無尽に会場を走り回っていた亀治郎さんですが、浅草公会堂ではちょっぴり控え目でした。2階から飛び降りたシーンが衝撃的だったのですが、浅草公会堂の造りではそんな事はさすがに出来ません。逃げ回るシーンはこんぴら歌舞伎の時と比べると若干短かったような気がします。それでも客席に座っちゃったりする場面は初めて観る人にとっては嬉しいサプライズだったんじゃないかな♪

2幕ではちょーっと眠くなってしまったのが誤算でしたが、ラストではそんな眠気は一気に吹き飛ばされました。
という感じで一部考えさせられる所もありましたが、二度目でも楽しい敵討天下茶屋聚でした。

Nya1 Nya2

浅草公会堂前の店に、こんな猫が!!(笑)

|

« わかりやすい解説付き能・狂言2012 | トップページ | 新春名作狂言の会 2012 »

コメント

スカイツリーの写真、とても綺麗に撮れてますね!
是非、実物を見てみたいものです。

あと、浅草公会堂のネコ!?
それって何で出来てるんでしょう?
可愛いですね(^^)v

投稿: あさぎ | 2012.01.27 14:32

あさぎさん
スカイツリー、一般公開はまだですけど、外は完成したみたいですね。
5月オープンらしいので、ぜひ遊びにいらして下さい(^^)/。

ネコは……よくわかりませんが、木っぽいです。
「何をそんなに熱心に観てるのかな?」って気になりますよね(笑)。
それとも寒いから中に入りたいのかなー?

投稿: YAGI節 | 2012.01.28 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わかりやすい解説付き能・狂言2012 | トップページ | 新春名作狂言の会 2012 »