« ショコラのお話2012 | トップページ | 2月の清盛 »

2012.02.25

狂言の世界

越谷のサンシティホールで行われた狂言の世界、見て来ました。
越谷は遠いイメージがあって行くのを躊躇している話は以前当ブログにも書きましたが……結局行っちゃいました。

っていうか、思ったより近かった。
特に帰りは20:32の電車に乗って、帰って来てテレビ付けたら『ヤッターマン』のオープニングタイトルが出ていたから……1時間ちょっとで帰って来れちゃったみたいです。
これなら毎年行ってもいいかも
ヤッター、ヤッター、ヤッターマン♪

しかし、サンシティって
♪I ain't gonna play SUN CITY~
って歌われてたじゃないですか(年がバレる)。
上演しちゃっていいんですか?(爆)

あ、洋楽に興味のない方の為に説明しておきます。
昔、"SUN CITY"という歌がありました。
かなりの大物ミュージシャン達が集まって作られたチャリティ・ソングです。
「サンシティなんかで演奏するもんか!」と歌われています。
サンシティというのは南アフリカの超一流エンターテインメント施設なんですが、白人しか入れないというアパルトヘイト(人種差別)の象徴のような施設でした。そこで演奏したアーティスト達は一時期まるで犯罪でも犯したかのように批判されたのでした。
なので、ある程度の年齢の洋楽ファンにとってはネガティブなイメージが相当強いです。
そんな名前を一流アーティストを招くエンターテインメント施設に付けるとは(驚)。
何か意図があるのかな? あるいは知らずに付けたのか? 反対した人はいなかったのかな~?

って、相変わらず前置きが長くてすみません。
公演の事書きますね。

Sekai◆解説/野村萬斎
いきなり「確定申告の季節ですが……」みたいな事を言われてドキッ。
ここ数年はパソコンで作った物をプリントアウトして提出していたのですが、プリンタが壊れているのです。この際プリンタいらずのe-Taxデビューしようか。でも準備が面倒そう……。
萬斎さんはなんとなく税理士とか専門の人にお願いしてそうな気はしますが、口を挟んだりするのかな? 「いかに経費で落とすか」なんて考えているのかしらん?
衣装代幾ら位だろう?……なんて色々下世話な事を考えてしまいました。
他にも生協を利用している事が判明したりと、プライベートな話が聞けました(笑)。

解説は狂言のみならず、小舞の解説もしてくれました。
舞は解説ないと全くわからないのでとてもありがたかったのですが、聞いても動きと内容があまり結び付かない私でした(>_<)。

◆小舞/月崎晴夫・中村修一
中村さんが飛び上がって着地をする際に滑って体勢を崩しました。ビックリした~。
でも考えてみれば、「板+足袋」っていかにも滑りそう。今迄滑っている図を目にした事がない事が逆に驚きかも。もっとも、あんなに激しく動く人も珍しいのかな? 「萬斎さんか中村さんか」っていう位の豪快なジャンプでした。

◆狂言 鎌腹/野村万作・高野和憲・石田幸雄
あぁ、トラウマの『鎌腹』(爆)。
いや、話自体は楽しいんですよ。「腹を切る切る」言いつつ、ちっとも切らない万作さん面白すぎ!! が、「夜桜能」の時のショックが。
萬斎さん目当てで行ったのに、妻役の萬斎さんはあっという間に退場して、それきり出てこなかったという切ない思い出が甦ったのでした。
舞台に一人きりになるというのは、やはり珍しいんだそうです。

◆狂言 千鳥/野村萬斎・竹山悠樹・深田博治
先日、『竹生島』について熱く語り、ウサギと波と月の話などを書いたばかりですが、今日の萬斎さんの衣装の背中になんとウサギと波と月が描かれていましたっ!!(興奮)
これ、『竹生島』で着て欲しい気がしますが、能の『竹生島』のアイは神社の社人なので柄の付いた衣装は着ていませんでした。
「波ウサギ」は模様として定着しているらしいですけど、つまり今日の衣装も私が勝手に興奮してましたが、別に『竹生島』仕様というわけではなく純粋に模様の一つとして成立しているという事なのですよね。

先月観た大蔵流との違いは……
「和泉流の方が酒屋が意地悪」と聞いてましたが、酒屋のみならず主人も意地悪な気が。思わず太郎冠者に同情してしまったのですが、それは贔屓の萬斎さんが演じているせいなのか?

流鏑馬の所はかなり違いますね。
大蔵流では杖を使っていたけれど、和泉流では杖なし。
『にほんごであそぼ』では小林一茶の俳句と組み合わせて「馬場のけ馬場のけ」なんてやっていたけれど、元はこれなのか。

お酒の代わりにお米を渡すような事を言ってましたが、大蔵流ではそんな件なかったような……? お祭りのくだりも、なんか違ったような気はするのですが……うーん……?
って、結局思い出そうにも既に相当忘れているおバカな私でした。情けない。

|

« ショコラのお話2012 | トップページ | 2月の清盛 »

コメント

YAGI節さん

行かれたのすね!!越谷(興奮)!!!
一人で行って、感想はmixiの日記に書きまくったのですが(自分のブログを持っていないもので)やはり同じ舞台を観た方の感想を共有できるって嬉しいです

そう・・・サンシティホールですが・・・
駅に着いて駅前の地図を見ても、サンシティホールってどこにも書いてなくて、それらしき建物には「コミュニティセンター」とだけ・・・
同じく狂言を観に行こうとしているらしい人が地図を見ながら「この建物だよね~」なんて言ってました。
ちょっと不親切です(ぷんぷん
しかもサンシティホールってネーミングにそんないわれが
ホールの前の通りに「サンシティ商店街」って書いてあったので、あの辺り一帯が「サンシティ」なのかも・・・

ってホールの話はこの辺にして・・・人生初狂言は、なかなか楽しかったです

解説での袴姿の萬斎さんも素敵で・・・我が家も生協利用しているので、それだけで嬉しくなってしまいました(←おバカ)

中村さんの着地失敗は、私も「あっ!!」ってびっくりしました~あんなこともあるんですね~

そして「鎌腹」は・・・私もYAGI節さんの「夜桜能」の記事を思い出しながら見ていました
万作さん、あのお年でいまだ現役・・・すごいですよね!!
萬斎さんもあと30年はご活躍かしら・・・そしてそのころには、裕基くんが万○とか襲名して花開いていて、女子たちの熱い視線を浴びていたりして・・・そんな女の子におばあちゃんになったがまが「昔の萬斎さんも素敵だったのよ~」なんて話してたりして・・・などいろいろ妄想しておりました

そして、萬斎さんの「千鳥」・・・月並みな言い方ですが、やはり「華」がありますね!!
舞台に出てきただけで、観客の視線を集めてしまうオーラがあると思いました。
衣装も粋でしたね~あれぞまさに「美しい太郎冠者」
まだあまり他の舞台は観ていませんが、狂言をしている萬斎さんは、水を得た魚のように生き生きしているなあ・・・と思いました!!

今度は能楽堂で観てみたいです!!
見比べてないのでわからないですが、やはり能舞台で演じることを前提につくられているものなので、ホールとは違うのかなあ、などと思いました。

そうそう、立川のことですが、我が家から30分はかかるのですが、我が家は立川から南北に伸びる多摩都市モノレール沿いなもので・・・JRの乗り換えの際などにはかならず通ります。
「ロートンヌ」・・・そんな美味しいケーキ屋さんなんですか!!知りませんでした。今度買ってみます!!

投稿: がま | 2012.02.25 21:49

がまさん
初狂言、楽しまれたようで何よりです
ホント、同じ舞台を観て感想を共有出来るの嬉しいです♪

そして、サンシティホール、わかりづらかったですよね。
途中ですれ違った人に「サンシティホールってどこですか?」と聞いてしまいました。
本来曲がるべきところを曲がらずに数十メートル位過ぎてしまっていた事が判明しました(爆)。
早めに尋ねたので、傷が浅くて幸いでした(^_^;)。

袴姿の萬斎さん、ステキですよね~。
どんな格好もステキですが、私はあの黒紋付袴姿が一番好きかも。

中村さん、実は前回「佐藤健さんみたい」と書いた方です。
改めて見たら似てなくて、「どうしよう、ブログ訂正しようか、でも角度によっては似てるかも?」なんて演技とは関係ないことを考えながら見ていたらあんな事になってビックリしました~。

「夜桜能」の記事、思い出して頂いたなんて恐縮です。っていうか、変な事思い出させてしまってすみません

能楽堂は雰囲気あって良いですよ~♪
ただ、柱が邪魔で。どの席種を選ぶか、悩ましいです。

投稿: YAGI節 | 2012.02.26 23:29

YAGI節さん

確かに、能楽堂は良いお席はお値段もそれなりにするけれど、席によっては柱が邪魔そうですねえ・・・

思うに、能楽の初期のころは民衆が自由なところに立って見ていたり、あるいはお殿様が真正面で見ている・・・などなど・・・昔は、現代のように「能楽堂」という建物があって、観客席がある・・・という設定ではなかったんですものね。

そういう意味で、「狂言劇場」は今後の狂言のあり方として有意義なアプローチなんでしょうね・・・なんて、まだ見てないくせに偉そうに書いてしまいましたが・・・これからもいろいろ教えてくださいね!

投稿: がま | 2012.02.28 16:12

がまさん
そういえば、歌舞伎をやる歌舞伎座(建替中)や新橋演舞場も、安い席(3階席)は花道が全く見えないという弱点があります。
普通の劇場の安い席は「遠い」というデメリットだけなのに……。

「狂言劇場」をやる世田谷パブリックシアターは、どこからでも見やすくて、良い劇場だと改めて思います
今後の展開も楽しみですね。
共に楽しんで見守って行きましょう(^^)/

投稿: YAGI節 | 2012.02.29 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショコラのお話2012 | トップページ | 2月の清盛 »