« 韓国桜紀行① | トップページ | 韓国桜紀行③ »

2012.04.11

韓国桜紀行②

ここの続きです。

2日目の朝食はシジミ汁定食。

Br1 Br2

御飯は写真のような銀色の容器入り、そしてお箸も銀色という事がほとんどでした。
日本のシジミのお吸い物や味噌汁は殻付きですが、これは殻無し。
そしてシジミは驚く程たっぷり入っていました。美味しかったです。

写真ではシジミ汁の他に7品の小皿が並んでますが、1品はエゴマ(シソの一種)、そして残りは全てピリ辛系。辛さは控え目ですが(日本人向け?)、辛い物が苦手な私にとっては試練の食事が続きそう……

と思ったら、昼食は超おいしかった!!
サムパップという、御飯と豚肉を野菜で包んで食べる料理をいただきました。
しかも、ようやく韓国海苔が出て来た。
ああ、この海苔ともっと早く出逢いたかった。そして、その昼食が一番おいしかったのに写真撮り忘れました。

この日(4/7)は慶州へ行きました。
慶州は新羅王朝の都だったそうで、今でも掘ると至る所から何かが出て来るのだとか。
新羅は当然「しらぎ」と読みますが、ついファイナルファンタジーに出て来る「神羅(しんら)カンパニー」を連想してしまう私。弟が盛んに「神羅カンパニーに入社したい」と言っていました(爆)。

まずは世界遺産の石窟庵へ。
本尊仏というのが有名らしいのですが、残念ながらガラス越しにしか観る事が出来ませんでした。凛々しいお顔の仏様でした。仏像の写真撮影は禁止だったので、周囲の写真のみアップしておきます。

Kei3 Kei2

(写真右)甘露水。とっても美味しいというので飲んでみたのですが……私には繊細な水の味はよくわからない……。

Kei1

石窟庵維持の為の寄付瓦というのがあり、色々な国の言葉で瓦に願い事が書かれていました。日本語の書かれた瓦もありました。

続いて、同じく世界遺産の仏国寺へ。

Kei4

Kei5

ガイドさんが「加藤清正はここの石垣を参考にして、熊本城の石垣を作った」と言うと、「熊本城の石垣はこんな風じゃなかったですよ」と反論するツアー客。
「イギリスの○○にここと似た所がありましたね。あまりにも似ててビックリしちゃった」なんて言う人も。
なんだか「旅慣れている」と思われる参加者が多いツアーでした。

で、その加藤清正、この寺を焼き払った人でもあるのだとか。現在の仏国寺は再建した物なのですね。帰国してから知って愕然。切ない思いで更に調べたら、清正が燃やした説に異論を唱えている人もいた……う~、前回の李舜臣の件といい、わからない事だらけです。
いずれにしても、秀吉の朝鮮出兵が色々な所に波紋を投げかけた事だけは間違いないですよね。朝鮮出兵がなかったら、日韓関係いくらか変わっていたのかな?
石田三成が朝鮮出兵に参加しなかったせいで、孤立したという説もあったっけ。もし朝鮮出兵がなければ、関ヶ原で家康が負けていた可能性もあって、日本の歴史も変わっていたかも……なんて飛躍し過ぎ?

Kei7 Kei6

(写真右)この猪に触るとお金持ちになれるそうです。

慶州も桜で有名らしいです。
特に桜マラソンで有名な普門湖は桜の名所……だそうですが、まさにこの日はその「桜マラソン」の為、普門湖には立ち入れないとの事。うそーん!!
私のお目当ては鎮海とはいえ、桜の名所のすぐ側を通りながら入れないとは口惜しい。
もっとも、慶州は釜山より北で、まだ桜は咲いてないというので、まぁ、いいか。
鎮海は満開だという噂だったし♪

そして釜山に戻り、市内の桜を鑑賞。
南川三益ビーチアパートの桜並木。満開です!!

Sakurab Sakurab2

どちらの写真もクリックすると大きくなります。
まるでスポットライトのように、部分的に西日が当たってました。

Sakura3 Sakura4

釜山にはこういう15階建て位の団地風住宅が至るところにありました。
そして、一軒家や日本でいう所のアパート(2~3階建ての物)が見当たらない。

Bu1 Bu2

これらも団地っぽい?
描き込まれている字や絵は独特。

この日の夕飯はサムギョプサル。

Di2 Di1

豚の三枚肉を野菜で包んで食べます。
そして、やっぱり韓国海苔は無かった……。
韓国海苔って夕飯には食べないものなんでしょうか?

またしても長くなったので、今回はここまで。
次回はいよいよ鎮海です。

|

« 韓国桜紀行① | トップページ | 韓国桜紀行③ »

コメント

おーっ、仏国寺だ~。
ここの門前町にある旅館に泊まりました。オンドルの部屋で1泊1250円でした

写真に写っている正面入口の橋(青雲橋と白雲橋)って欄干が継ぎ目のない一枚石?なんですよね。あれには感動しました。

慶州は古墳がそこらじゅうにポコポコあって、古い雰囲気がいい感じの町ですよね。サムパップは慶州名物だというので私もホテルの人にお勧めの店を教えてもらって食べにいきました。おいしかった! というか、韓国って何食べてもおいしいと思いました(釜山で食べたタコの踊り鍋以外は)。

投稿: shoh | 2012.04.11 23:36

shohさん
慶州に行かれた事あったのですね♪
1泊1250円って凄いっ!!
私の泊まったホテルにもオンドル部屋はあったようで、「時期によってはオンドル部屋利用となる場合がございます」とありました。
覚悟はしていたのですが、ごく普通のツインでした。ほっとした気分と、「滅多に出来る体験ではないからオンドルでも良かったのに」という気分がないまぜになりました。

仏国寺、入口の階段が「三十三で……」なんていう解説は聞いたのですが、欄干の件は全く気付きませんでした~

チャガルチでの食事、危うく(?)タコの踊り鍋の出る店になる所でした~。
結局、別の店に行く事になったのですが。

投稿: YAGI節 | 2012.04.13 00:37

タコの踊り鍋、食べなかったんですか? 残念。
鍋一面にタコの足がうにょうにょと動いている光景はトラウマ間違いなしだったのに。

③の桜の写真きれいですねえ。34万本ではなかったとはいえ、あれだけ大量に見られたらラッキーですよ。
アップにして見ると枝が日本の桜とちょっと違うように見えるんですが、実物はどうでした?

投稿: shoh | 2012.04.13 00:52

shohさん
shohさんでさえトラウマになってしまうという踊り鍋、
タコその物もあまり好きではない私が挑んだらどうなっていたのでしょう。恐っ。

桜って、数日前に決めて行くならまだしも、何週間も前に決めて行くとなるとなかなか満開の時期にぴったり合わないですよね。
今迄何度涙を呑んで来た事か……
それを思えば、おっしゃる通り今回の桜は本当ラッキーでした♪

枝は確かに写真だとちょっと違うように見えますが……
その場ではあまりわかりませんでした……

投稿: YAGI節 | 2012.04.14 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国桜紀行① | トップページ | 韓国桜紀行③ »