« 戦国鍋TV 渋谷パルコ夏の陣 | トップページ | ロンドン五輪を振り返って② »

2012.08.15

三谷文楽「其礼成心中」

一昨年、三谷幸喜さんが野村萬斎さん出演舞台の脚本を書くと知ったとき、当ブログに私こんな事を書いてました。

ついでに、三谷さんに、新作能書いて頂きたいっ。 好きじゃなかった幕末をこんなにも好きにさせてくれた三谷さん。 全く興味の無かった『三銃士』を面白く見せてくれた三谷さん。 三谷さんが新作能を書いてくれたら、私は能も好きになれるかも知れない。
「忙しそうだし、やっぱり書いてくれないか……」とがっくりしていたら、文楽を書いていたとは……。 能じゃなかったけれど、伝統芸能に光を当てる活動、やってたんですね。

もっとも、文楽って、わざわざ三谷さんがやらなくても面白いと思うんだけどなぁ。
本当に三谷さんの力が必要なのは能なのに……はっ、こんな書き方じゃ、「能は面白くない」って取られちゃうか。や、「難しい」という意味ですから。「私にとって」という意味ですから。

文楽は人形の動きが面白い。
特に『紅葉狩』、最高でした!! 鬼女との戦いはエキサイティングだったなぁ。
にも関わらず滅多に見に行っていないのは……お金がないから。
お金があったら萬斎さん見に行っちゃってるから(爆)。

が、三谷さんの文楽なら、行くしかないっ!!
という事で行ってみました。

さすが三谷さん、面白かった!! ホントの文楽とは違うかもしれないけれど、親しみやすくてホント楽しかった!!
ここからネタばれあります。

Sore最初に三谷人形が挨拶や上演中の注意事項についてお話し。
遅刻して来るお客さんに「あ~、良かった。いらっしゃいましたね。心配してたんです」なんて言ってみたり、お客さんと握手してみたり、サービス精神満点な三谷さんでした。

内容は、わかりやすかった♪
「タイミング」とか「ダイビング」とか、文楽ではありえないカタカナがやたら出てきてたなぁ(^_^;)。
文楽を楽しむにあたっての最大の障害は「言葉がわかり辛い」という点だと思うのですが、これが払拭されるとホントありがたい。
で、ストーリーが面白いのは三谷さんだから当然って感じでしょうか。
「其礼成」は「それなり」と読みます。語感が「曽根崎」と似ていますが、ただの言葉遊びではなく、ちゃんと『曽根崎心中』が巧みに使われている。そのアイデアに感心しました。

で、人形の動きなのですが……
普通の文楽を見ていても「人形の動きがリアルですごいなぁ」と感心するのですが、今回は特にすごい動きをしてました。
それは(運動神経抜群の)コメディアンの動き。
のたうち回って悔しがるシーンがあるのですが、普通の文楽……というか普通の人はあんな動きはしないと思われる動きでした。でもそれが「いかにも人形」という感じではなく、まさにコメディアンの動きで、文楽らしさはないけれど、リアルで「あんな動きも出来るのか」とビックリ。
体を使って笑わせるコメディアンがいますが、まさにそんな感じ? 衝撃的でした。

ラスト、カーテンコールがありました。
これも普通の文楽では考えられないですよね?
太夫や三味線の皆さんまで手を振ってくれて、ちょっと嬉しかった(笑)。

これ見て、『曾根崎心中』や『心中天網島』を見ようと思った方、きっと沢山いると思います。
橋下さん(大阪市長)にも見せてあげたいなぁ(笑)。
そういえば、文楽ファンと思しき女性の「橋下のばかが……」なんておっしゃっている声が聞こえました。橋下さん、文楽ファンの一部からは相当疎まれていると思われます

|

« 戦国鍋TV 渋谷パルコ夏の陣 | トップページ | ロンドン五輪を振り返って② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦国鍋TV 渋谷パルコ夏の陣 | トップページ | ロンドン五輪を振り返って② »