« 『歴史街道』・斎藤一総力特集 | トップページ | 斎藤一講座 »

2012.08.31

実写版『るろうに剣心』

公開を待ちに待っていた映画、『るろうに剣心』を一昨日見て来ました。
元は「週刊少年ジャンプ」に掲載されていたこの作品、「一体どんな層が見に来るんだろう?」と興味津々でしたが、レディースデイだったせいもあってか、女性客だらけでした。「佐藤健人気」おそるべし。

Ru綾野剛さんも影響してますか?
……実は、当ブログに検索でいらっしゃる方々の検索ワードで今一番多いのが「綾野剛」なんです。
BS『新選組血風録』、来年の大河、NHKのイギリス特集、『サイケデリック・ペイン』の記事中で名前を出したとはいえ、それ程綾野さんについて多くの事を書いているわけではないので、恐縮です。
今まさに旬で、本当に魅力的な俳優さんですよね(と、フォローしてみる)。

さて、映画の感想ですが……
なんというか……予想通りの作品でした。
佐藤健さんの剣心は観る前から「絶対似合う!!」と思っていたし、
吉川晃司さんと香川照之さんは、間違いないだろうし、
蒼井優さんはちょーっとイメージ違うと思ったけれど、それでも彼女なら何とかしてくれると思っていました。
青木崇高さんは『龍馬伝』の後藤象二郎しか知らなかったので(『平清盛』に出る前です)、初め全く想像が出来なかったのですが、左之助に扮した写真を見た時「似合ってるかも♪」と思えました。
綾野さんは……すみません、外印ってどんなキャラだったか、まるで覚えてませんでした(爆)。アニメには出てなかったみたいですね。原作も全巻読んだ筈なんだけどな~。思い出せない~ という事でオリジナル・キャラの気分で見てました。素晴らしい殺陣でした
先週はギターで魅せてくれて、今回はアクションで酔わせてくれた綾野さん、ブラボー

「予想通り」と書きましたが、佐藤健さんに関しては「予想以上」かも。
「絶対似合う」とは思っていましたが、あんなにアクションが出来る人とは思わなかった。ダンスをやっていたという話は聞いた事がありますが、運動神経いいのでしょうね~。
同行者は「殺陣というより、香港映画のアクションみたい……」と言ってましたが(^_^;)、スピード感があって楽しい殺陣でした。お見事っ!!

そういえば、吉川さんも水球のオリンピック候補生だったらしいし、綾野さんも陸上ではかなりの成績をおさめているらしいし、須藤元気さんは格闘技のプロだし……もう身体能力の高い人だらけ。次々繰り出されるアクションに、それこそオリンピックを見ているのと似たような「お~」という興奮を味わわせて頂きました。

「るろうに剣心」オリジナル・サウンドトラックが、やはり私はネタバレはダメだ~。
今回、原作とは異なる部分も結構あったのですが、刃衛が何をするのか、薫がどうなるか等はさすがに忘れっぽい私でも覚えているわけで……
ストーリーを知らなければ「この先どうなるんだろう?」とワクワクドキドキ出来るのに、わかっていると楽しみ半減という感じ。

世間には同じ映画を何回も観て楽しめる方もいらっしゃるようですが、私はストーリーがわかっているとテンションが下がってしまい、なかなか「もう一度見よう」と思えません。
今迄、お金を払って複数回見た映画って、『ハウルの動く城』だけかも(『のぼうの城』は「のぼう様」に魅せられて何度も見たくなるといいなぁ)。
筋を知っていても「面白い」と思えたのは『オペラ座の怪人』だけ。
ただし、あれはミュージカルなので特殊です。

という具合なので、今回「どうだった?」と聞かれても「無茶苦茶面白かったよ~」とは言い難い感じです。
とはいえ、素晴らしい作品だったんじゃないかとは思いました。

さて、当ブログによくいらして下さる皆さんであれば、そろそろ「おや?」と思うでしょうか。
はい、斎藤一に触れてませんね(笑)。

え~と、書きたい事は色々あるのですが、何から書こう?
とりあえず、これから見に行く斎藤ファンは遅刻厳禁ー!!
冒頭から斎藤ファン大喜びのシーンがあります。

あ、斎藤一の事は普段は「斎藤さん」と呼ぶ私ですが、『るろ剣』のあの人に関しては漫画の登場人物という事で区別して「斎藤」と呼んでます、時々ごっちゃになりますけど(^_^;)。

私と『るろ剣』を繋いだのは斎藤一です。
「斎藤さんが出ているらしい」という理由でアニメや原作に手を出しました。
「テレビアニメ全部観て、OVAも観て、原作も読んで、ゲームも持ってる」なんて言うと凄いファンだと思われそうですが、『るろ剣』ファンというよりも「『るろ剣』に出て来る斎藤」のファンです。
そして↑でも述べたように、史実の斎藤さんとは別と思いつつも、一致している部分も当然沢山あるので、「どちらもそれぞれ好き」という感じになってます。

斎藤さんは作品によって描かれ方が異なりますが、「『るろ剣』の斎藤」はとても魅力的。
ちなみに「私の好きな斎藤ベスト3」は「三谷幸喜さんの描く斎藤さん、司馬遼太郎さんの描く斎藤さん、そして和月伸宏さん(『るろ剣』)の描く斎藤」なんです。
小説としては木内昇さんの作品が一番好きですが、斎藤一に限定すると和月さんの方が好きなんですよね~。たとえ主役となろうともA田J郎さんの斎藤さんよりも、「『るろ剣』斎藤」の方が圧倒的に好きな私です。

で、その斎藤、映画では新選組隊服着て、タバコ咥えてました。
これはいかがなものかと思いますが、原作御存知ない方の為に一応フォローしておきますと、『るろ剣』の斎藤はヘビースモーカーという設定です。が、今回の映画ではその後、斎藤がタバコを吸うシーンがなかったような。「斎藤=タバコ」、「タバコを吸わない斎藤は斎藤じゃない」という位(?)の象徴的なものなので、あえて最初の登場シーンで咥えさせたのかもしれません。
……ちなみに「史実の斎藤さんがタバコ好きだった」という話、少なくとも私は聞いた事ありませんけどね。

るろうに剣心 完全版 6 (ジャンプ・コミックス)
しかし、原作で好きな斎藤のシーンがカットされてた
石田散薬売ってる行商人」のフリするシーン(笑)がないーっ!!
温和な顔で忍び込んで、豹変する恐いシーンがないーっ!! そもそも牢屋で剣心と出会うのって違ーうっ!!
剣心と斎藤の戦いを止めるのは大久保&川路がいいーっ!!
壬生の狼を飼う事は何人にも出来ん」というあの名セリフがないーっ!!

……もっとも、限られた時間の中で、何でもかんでも詰め込むわけにはいかないですよね……
すごく工夫して、うまい具合に帳尻を合わせていたとは思います。
でも、山県有朋の側にいる斎藤ってなんかイヤ。
大久保利通はもう斬られちゃった後という設定なのかな?
原作の「大久保に従ってる斎藤」という図も最初は違和感あったんですけど、それでも山県よりは大久保&川路利良の方が我慢出来るのは……私の中では大久保の方が大物感が強いせいなのか?

という感じで、斎藤の描写に関しては満足出来たとは言い難いけれど、江口洋介さんはカッコ良かったです。
ただし「牙突がシャンデリアに向かうべきではなかった」というあちこちで見かける意見に関しては私も同感

あ、そうそう、剣心の必殺技をどう処理するかというのは凄く心配していたのですが、変なエフェクトは無かったですね。最後にぼそっと「双龍閃」という位だったので、ホッとしました。そしてそれで違和感なかった

という感じで、偏った見方になってはしまいましたが、実写版見られて良かったです。
続編あったら、また見に行っちゃうと思います♪

『るろうに剣心』については過去に何度も話題に取り上げてます。
よろしければご覧下さい。

2005年10月17日 ケーブルテレビでアニメの再放送が始まった事について書いてます。
2006年3月18日 「るろうに剣心ファンに100の質問」に答えてます。
2006年8月2日 「星霜編」について書いてます。
2006年8月5日 アニメ放送開始10周年記念の特番について書いてます。
2007年7月7日 原作単行本全28冊を読破しての感想を書いてます。
2011年6月28日 実写映画版の制作を知った時の気持を書いてます。
2011年6月30日 「『るろうに剣心』映画化」の報で気付かされた事を書いてます。
2011年7月26日 ヒロインが発表された時の気持を書いてます。
(ですが、武井咲さんについては特に触れてません)
2011年10月4日 斎藤一役が発表された時の気持を書いてます。

|

« 『歴史街道』・斎藤一総力特集 | トップページ | 斎藤一講座 »

コメント

やはり原作とアニメを知っていると映画の見方も変わってくるんですね。
私はこれから原作読んでもう一度映画見てみたいなんて思ったりしてます。
斎藤さんが石田散薬行商人のフリ!?ひじょ~に気になりますっ(笑)
冒頭のシーン、ちょっと驚きましたが原作では煙草が斎藤さんに欠かせないアイテムなのてすね、、なるほどー!


投稿: dandara | 2012.09.01 18:51

dandaraさん
わっ、しまった。
石田散薬の件は、原作これから読むという人にはとんでもないネタバレですよね。
ごめんなさい~。

実は原作では斎藤さん、なかなか出て来ません。
7巻(完全版では6巻かな?)位からの登場です。
なので、最初は挫折しそうになりました(^^;)。

>原作とアニメを知っていると映画の見方も変わってくるんですね。

佐藤健さんに関しては、余程こだわりのある人以外は原作ファンも認めるんじゃないかな。
素晴らしかったと思います

投稿: YAGI節 | 2012.09.01 19:46

外印…素顔が明かされた時はある意味衝撃的だったなぁ…(笑)
そうそう、完全版コミックスのカバー裏では「再筆」として、るろ剣キャラクターを今(2006~7年現在で)描くとこうなる!といった感じのラフスケッチが描かれていたのですが、綾野剛さんの外印はそっちのイメージですね、きっと。

私は逆に、ネタバレした方が安心して物語を見られる奇特なタイプです(^_^;)
自分に合う・合わないをネタバレで判断している所もありますね~。

投稿: Natsumi | 2012.09.02 00:43

Natsumiさん
今、ウィキペディア見て来ました。
外印、夷腕坊を操ってた人でしたか!!
綾野さんが人形を作るシーンは全くありませんでした

そしてウィキペディアには
「『覆面キャラの素顔は美形』という法則を打ち砕いたため、それを想像していた読者から批判された。それまでは『美形なら覆面する必要ないだろう』と考えていた作者も反省して次の覆面キャラは美形にすると発言」
という記載があってウケました。
反省して描き直したのか?

私が『るろうに剣心』にハマり始めた頃、コメントでお付き合い下さったのがNatsumiさんでしたね~。
あれからもう7年近く経つらしい……
その節はありがとうございました

Natsumiさんのブログでは実写版映画についての記載を見かけていないような気がするのですが、ご覧になる予定はないですか?(見逃してたらごめんなさい)
Natsumiさんが佐藤健さんの剣心をどう感じるか、興味津々……。

投稿: YAGI節 | 2012.09.02 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『歴史街道』・斎藤一総力特集 | トップページ | 斎藤一講座 »