« 狂言 万作の会 | トップページ | 『のぼうの城』のここが好き »

2012.11.19

『のぼうの城』大ヒット御礼舞台挨拶

私は『ぴあ』会員です。

が、何度退会しようと思ったかわかりません。
会員費無料のカードも少なくない昨今なのに年会費は3990円と高額。
そして、チケットを取るのに優位なカードなのかと思ったのに、恩恵を感じたためしがないのです。
会員パワーを使いたいような競争率の激しい公演の場合は会員専用電話にかけても取れないし、優先予約は良席を約束する物ではない……というかむしろ「普通に買った方が良い席になるじゃん」みたいな感じ(あくまで個人の感想です)。
一時期WEBで『ぴあ』が読めるようになって、「ようやく特典らしい特典が受けられるようになったよ」と喜んだのに、すぐそんなサービスもなくなってしまったっけ(涙)。
解約は「更新日直前にした方が無駄がないだろう」なんて考えているのですが、思い立った時にやらないとついつい忘れてしまうものですね。気付くとまた自動更新されているといった状態でした。
そんな使えないと思っていた「ぴあカード」。
久々に活躍の場面が巡ってきました。
『のぼうの城』大ヒット御礼舞台挨拶付のチケット購入です。
抽選販売なんですが、ぴあ会員は当選確率アップというではありませんか。
喜びつつも、「これが外れたら今度こそ解約してやるぅ」と微妙な負の念も送りつつ抽選に臨んだところ……当選しました
「ぴあカード」使える子じゃないですか(豹変)。
結構当選したという声も見聞きするので、実はそれ程の高倍率じゃなかったのかな?
でも、その働きに感謝して、とりあえず今年は更新する事にしました(笑)。

という事で、またしても『のぼうの城』を見て来たのですが……
どうしよう、面白い。
ネタバレが苦手な私は、結末がわかっている映画を何度も観るという事は通常しないのですが、珍しく飽きない。また見たい。
何年も観ていない『陰陽師』ですら再度観たいとは思わないのに、今日観た『のぼうの城』をもう一度観たいと思えるなんて、我ながらビックリです。
この辺語ると長くなるので、また改めるとして……
今日は舞台挨拶の感想行ってみたいと思います。

Nobo

進行は青木裕子アナウンサーでした。
もし神様が「好きな顔にしてあげるから、女子アナの中で選びなさい」と言ったら、私は青木アナか内田恭子アナを選ぶと思います。
実物もキレイだったなぁ。

今回の登壇者は野村萬斎さんと上地雄輔さんの2人のみ。最初は「ちょっと淋しいかも……」
と思いましたが、今思えば「むしろ2人で良かった」という感じ。
息のあった楽しいトークを聴く事が出来ました。

Masuまずは大ヒットを祝して鏡開き。
現在2週連続で興行成績トップだそうです。
客にも升が配られ、皆で乾杯です。
萬斎さんと上地さんの升にはロケ地である苫小牧のお酒が入ってましたが、客席の升はカラです。
カラの升を手に、観客もフォトセッションに参加するのであった(笑)。
この升、何かに使いたいけれど、何がいいかな~。

印象に残ったのは「相手に言いたい事は?」という質問の答。
萬斎さんは上地さんに「もっと時代劇に出て欲しい。時代劇を担って欲しい」というような事をおっしゃってました。これって、視聴者目線での発言……ですよね。
なんだか時代劇を見ない若い人が聞いたら「おお、時代劇スターの萬斎さんが上地さんに託そうとしている」という風に取るのではないかと余計な心配をしてしまいました。「萬斎さんはそんなに時代劇出てるわけじゃないから。時代劇スターじゃなくて狂言師だから」とフォローしたくなりました。
上地さんが萬斎さんに言いたい事は「もっと俺に会って」だって(爆笑)。
どんだけ萬斎さんの事が好きなんですか。「夫婦みたい」とか言うし。微笑ましいったらなかったです。
そういえば、途中で萬斎さんがお酒をこぼすと、「どんだけこぼしてんですか」とツッコミまくってたし、とても良いコンビでした。しかし、あんな風にツッコまれる萬斎さんを見たのは初めてかも。面白かった~。客席からは「かわい~」という声が(驚)。確かにかわいかったけれども、なんだかとても不思議なものを見た気分でした。

裏話という事で披露されたのは市村正親さんが撮影時に熱があったという話。
にも関わらずあの迫力の演技はさすがですね。裸のシーンもありましたが悪化しなかったのだろうか……。

最後は萬斎さんの掛け声に合わせて皆で「えいかえいかおー!!」を唱和して終了。
ほんっっっっっと楽しかったです。
あ、そういえば、小説では普通に「えいえいおー!!」じゃなかったですか?
なぜ映画では「えいかえいかおー!!」なんだろう???

|

« 狂言 万作の会 | トップページ | 『のぼうの城』のここが好き »

コメント

YAGI節さん

がまですレポありがとうございます!!!
昨日の舞台挨拶、お二人のトークも楽しそうだし、生田楽踊りまであったそうで…今までの舞台挨拶の中で一番「行きたかった〜」と思いました☆
YAGI節さんはぴあの会員だから当選確立が高かったのですね!!
でもまあ、どのみち昨日は都合が悪くて、申し込みもしてなかったのですが・・・
萬斎さん、女性のハートだけでなく、上地さんのハートまで掴んでいるのですねっなんて

この分だと、YAGI節さんも、もう一度リピートでしょうか?
私は、都内でフィルム上映している映画館があるようなので、そこで見納めにしようかなあ・・・と思っています☆

投稿: がま | 2012.11.19 20:57

見る気まんまんだったのに体調不良のためにまだ見ることができていません

そんななか。お気に入りブログでこの映画を取り上げていました。映画雑誌に似顔絵エッセイを書いていらっしゃる方のようですが、いつも切り口が面白くて笑ってしまいます。

http://loveholly.blog.so-net.ne.jp/2012-11-18-1

投稿: shoh | 2012.11.20 10:42

がまさん
上地さんとは相思相愛な感じでしたよ(笑)。
上地さんは「萬斎さんといると楽しい」っておっしゃってるし、萬斎さんには「そんな上地さんがかわいくてしょうがない」みたいな雰囲気がありました。
ラジオもイイ感じだったし

リピートは……どうしようかなぁ。
「もう一度見たい」という気分はあるのですが、きりがないような気もして(^^;)。

shohさん
まだしばらくは上演していると思うので、ぜひ元気になってからご覧下さい。
この所、急に寒くなったりして(でも昼間や電車の中は暑かったり)体調管理が難しいですよね。お大事になさって下さい~。

ご紹介のブログ、見てみました。
「ノムマン」って……(笑)。

山口智充さんがアジアンテイストというのは無茶苦茶同感です。
上地雄輔さんは……3年前に大河ドラマで小早川秀秋やってるんですけどね。
それよりやっぱりお馬鹿キャラのイメージの方が強いか。

投稿: YAGI節 | 2012.11.21 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狂言 万作の会 | トップページ | 『のぼうの城』のここが好き »