« 秋の信州② | トップページ | 清須会議 »

2012.11.06

続・萬斎まつり

映画『のぼうの城』、いよいよ公開されましたね♪
東京国際映画祭と試写会とで既に2度観たので、3度目はどうしようかと考え中ですが、グッズが気になったので、公開初日に近所の映画館に行ってみました。
で、パンフと風呂敷を購入しました。
実は成田家の家紋と近藤勇の家紋は同じなんです。
それも購入の決め手となりました(笑)。

Nobo

何故パンフの「のぼう様」の顔はカットされているのだろう……

さて、10/28に『野村萬斎まつり』というタイトルの記事をアップしました。
あれ以降はさすがに「1日5番組」なんていう驚異のテレビジャックはありませんが、それでも結構出てましたね~。
という事で、その後の番組の感想も行ってみます♪

◆笑っていいとも
萬斎さんがポスターの裏表を間違えてみたり、「ぐっさん」と言っているのにカメラマンが佐藤浩市さんを映してみたりと、一部おかしな所もありましたが(^_^;)、国民的番組で映画の宣伝出来たので良かった良かった(笑)。

◆VS嵐
同じ嵐の番組でも『しやがれ』はとっても楽しみにしていたのですが、こちらは全く期待してませんでした。が、意外にも見てみたら楽しかったです。
萬斎さん、キッキングスナイパー大活躍でしたね♪
なんか、和田竜さんの顔がいつもと違ってました。
一瞬整形したかと。そんなワケないですね。
髪型のせいかな~?

◆アカデミーナイト
短いながらも良かったです♪
萬斎さんが『アマデウス』とチャップリンの『ゴルフ狂時代』に影響を受けていたとは知らなかった。
どちらも見た事ないので、観てみたいです。
『アマデウス』は近所の図書館にあるようなので早速予約。古い映画なのに2人待ちとなっていました。私のようにこの番組を観て『アマデウス』観たいと思った人がいたのかも?

◆ぴったんこカンカン
いや~、これも面白かったなぁ。たい焼き、私も食べたい~。
そして、安住さんの『盆山』良かったです♪
安住さんって特に運動神経が良いとか、ずば抜けた才能があるとか、そんな感じはしないし、時にはヘタレな雰囲気を醸し出す事もあるのですが(失礼)、意外と度胸が座っているというか、土壇場に強いというか。結構ムチャ振りでも頑張れちゃったりするんですよね~。
今回も見事に狂言こなしてました。ブラボー!!
萬斎さん、「なで肩」と言われるのはおイヤなのかなぁ?

◆王様のブランチ
映画出演者がたくさん出ていて楽しかったです
忍城のメンバーは映画の宣伝で結構目にしてましたが、豊臣軍の平岳大さんの出演は珍しかったかも。
映画のみならず、大河ドラマのイメージなどでクールでシャープなイメージを持っていた平さんですが、意外とぽわんとのんびりした雰囲気だったなぁ(驚)。
萬斎さんの肌が妙にキレイに見えました。ファンデーション?

◆シネホリ
日本映画専門チャンネルの10分程の短い番組です。萬斎さんのインタビューは5分程。短いけれど、インタビュアーの映像はカットされているので、時間の割にはボリュームがありました。普通の映画の宣伝で、特に変わった事はおっしゃってなかったと思います。

◆攻略『のぼうの城』の世界
J-COMの番組ですが、内容はTBSの「『のぼうの城』ナビ」とかなりダブっていたような気が。もっとも映画の名シーンがかなり紹介されていたので、これはこれで消せません。
「J-COMチャンネルご覧の皆様」なんていう萬斎さんの1分程のメッセージがCM明けの度に流れたのですが、萬斎さんの「のぼう」の発音が微妙で、気になる~。
「路傍」とか「ごぼう」と同じイントネーションになっているのです……。
狂言は2字目を強く発音するので、「のぼう」もそうしてるのですか?
「でくのぼう」の「のぼう」だから、「の」にアクセントが来ると思うのですが。
つまり、「書房」と同じイントネーション。
CMも、アナウンサーも、芦田愛菜ちゃんも(笑)、そのように発音しているのでそれが正しいと思うのですが。
映画の中では、「のぼう様」は自分の事を「のぼう」なんて言わないので、萬斎さん意識してないのかな。

◆心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU
この番組は割と好きで、普段も結構観てます。
なので、萬斎さんが出てくれて嬉しかった♪
大東俊介さんが無茶苦茶真剣に萬斎さんの映像などを見ているのもなんだか嬉しかった♪
『平清盛』の撮影中にNHKのスタジオで萬斎さんを見かけたという話も興味津々。
『平清盛』といえば、なんかスゴイ事になってきました。最新回はかなり胸に迫って来たので、感想書きたいんだけどな~。他にも書きたい事がたまり過ぎているので、無理かな~。

◆めざにゅ~
初めて観ました。
「ハマ♪SONG」というコーナーに出るというのを聞いて、「ハマSONG? 横浜の歌? 萬斎さんが?」などと寝惚けた事を考えてしまいましたが、「ハマッている曲」の意味なのですね(^^;)。
『ボレロ』を紹介し、萬斎さんが『ボレロ』を舞っている映像も紹介。
うーん、これの意図をつい考えてしまうなぁ。
既に何回か舞台でやりましたが、「あれで終わりではなく、まだ何度もやろうとしていて、その宣伝でもあるのかな」とか。
「新展開を考えてるのかな」とか。
あるいはただ単に「狂言で『ボレロ』やったりもするんだよ、面白いでしょ、ハマってます」という情報提供に過ぎないのか……?

『かるべや』はタイマー予約したつもりが、録画に失敗してました。きー。

と、以上はテレビですが、
上地雄輔さんのFMラジオ番組(『ラジ音!』)の萬斎さんゲストの回もすごーく面白かった!!
終了の時間が来てしまい、残念そうに「(萬斎さんと)もっと話したい!」という上地さんがかわいかった。皆に愛される理由がわかるような気がしました。
萬斎さん、相手が上地さんだからなのか、普段とちょっぴり口調が違っていて、時々タメ語がまじってました。「○○じゃん」と言った時はすごく新鮮に聞こえました。萬斎さんも「じゃん」なんて言うんですね~。もちろん私も言います。

『シューイチ』に出ていたのは知らなかった。
毎週観ているのですが、いつも途中で仕事に出かける時間になってしまうのです……
が、幸いYOUTUBEで観られました♪
インターネット、ありがたや。

『のぼうの城』にエキストラ参加している私が某テレビに写っていたので公開しちゃいます。

Ya4

Ya2

映画をご覧になった方、どのシーンかわかりますか?
もっとも、私は映画には写ってないのですけど(爆)。

で隠してある部分が私です。
ただでさえお見せ出来ない顔が、汚しメイクでかなりヒドイ事になってますが、それでも大事な記念になりました。

|

« 秋の信州② | トップページ | 清須会議 »

コメント

YAGI節さん

がまです。
信州旅行の写真拝見しました!
とっても写真が綺麗ですね!見ているだけで旅行気分が味わえました☆

そして・・・萬斎さんと同じ画面に写ってらして、本当に良い記念になりましたね羨ましい
映画にも写っておられたら良かったのに〜残念・・・

私は連日の萬斎まつりに、なんだか感覚が麻痺してしまって全部の番組を見れていません
アカデミーナイトは見ていませんが、アマデウスについてお話しておらたのですね!私、「ゴルフ狂時代」は見たことないけれど、「アマデウス」は大好きで・・・何回見ても飽きません!なんだか嬉しいです(^o^)

というわけで、全部は制覇できてないものの、主要な番組は見れてます
ぴったんこカンカンの安住アナに感心したりvs嵐の「嬉しかった」に悶絶したり・・・

そうそう、私も萬斎さんの「のぼう」の発音には「おや?」と思いました。
どの発音が正しいのか・・・でも、萬斎さんは日本語の発音を大事になさる方だから、やはり萬斎さんの発音が正しいのでしょうか??

TVに出ておられる萬斎さん、なんだかと〜ってもお茶目で可愛いですよね!
前からお茶目なところがあるなあ、とは思っていたのですが・・・この祭りで爆発しているような・・・

TV出演も、明日のAスタで一区切りでしょうか・・・ちょっと寂しいです。夜遅いけれど、ちょうど主人が出張で一人だし、ネットカフェに行って見ようと思っています!

投稿: がま | 2012.11.09 01:32

がまさん
『アマデウス』、お好きでしたか。
自分が好きな物について萬斎さんが言及しているなんて嬉しいですよね♪
同じ芸術を志す者として、衝撃を受けたそうですよ。
サリエリを見て「音楽をあんなに好きでも才能が無いと大変なんだな」と思い、
モーツアルトを見て「才能があっても数奇な運命をたどるし、才能だけでも成り立たない」と思ったそうです。
芸術への取り組みの意識が変わったのだとか。

>嵐の「嬉しかった」に悶絶したり・・・

そうそう! あれ、かわいかったですよね~(笑)。

>TVに出ておられる萬斎さん、なんだかと〜ってもお茶目で可愛いですよね!

ホントに!!
でも、これがたとえば、藪原検校みたいな役でもあんな風にテレビで弾けてくれるのかな?
のぼう様だからこその弾けっぷりのように感じるのは気のせいでしょうか?
「良い作品に出てくれたなぁ」なんて喜んでる今日この頃です。

そして、とうとうAスタ、終わっちゃいましたね。
とても楽しかったけれど、祭の後の寂しさをひしひし感じています……
ま、映画は始まったばかりだし、まだしばらくは劇場に行けばいつでもあの素敵な城代様を見られるのですけどね。

投稿: YAGI節 | 2012.11.10 23:31

YAGI節さん

アマデウス・・・私はクラシック音楽が専門で、萬斎さんや、ましてやサリエリやモーツァルトとはレヴェルが違うけれど、芸術に携わる者にとって、あの作品は衝撃的です。
とはいえ、私は正真正銘の「凡庸なるもの(映画に出てくる表現です)」グループなので、葛藤もないですが(サリエリは、もうあと一息で凡庸を抜け出すところにいたから悩みが深かったのかなあ、とか)・・・これ以上はネタばれになっちゃうのでこの辺で

Aスタ、面白かったですね☆
萬斎さんもだけれど、鶴瓶師匠の、相手の話を引き出す技に感服しました
萬斎祭りも終息でちょっと寂しいけれど、お陰で、普段見ない番組もいっぱい見れて楽しかったです!
あとは映画・・・私は3回見て、また見に行くかは検討中です

投稿: がま | 2012.11.11 23:44

がまさん
おお、がまさんはクラシック音楽をやられているのですね♪
ミュージカルの『マドモアゼル・モーツァルト』なら見た事あるのですが(笑)、早く『アマデウス』見てみたいです~。

『Aスタ』、ご家族にお話を聞くというのが、また他の番組とちょっと違って良かったですね♪

『のぼうの城』、3回ご覧になりましたか!!
何度も見たくなっちゃいますよね。
私も、今度の日曜3回目行きます♪ 大ヒット御礼舞台挨拶当たりました

投稿: YAGI節 | 2012.11.13 20:09

舞台挨拶当たりましたか〜!!!
すごい〜
二度目の生萬斎舞台挨拶ですね
レポ、楽しみにしています☆

投稿: がま | 2012.11.13 22:13

はい、すみません、二度目の舞台挨拶、見せて頂いちゃいます
「ゲスト、2人だけか……」とちょっと淋しく思いましたが、その分お一人の持ち時間が増えると思えばいいのかな。

投稿: YAGI節 | 2012.11.17 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の信州② | トップページ | 清須会議 »