« 滋賀・京都旅行2012① | トップページ | 新選組の足跡(草津&壬生) »

2012.12.12

滋賀・京都旅行2012②

ここの続きです。

今回は憧れの京都ブライトンホテルに泊まりました。

部屋にはなんと抹茶セットが置いてありました(茶筅とか)。
障子を連想させるような飾りがあったり、所々に「和」なテイストがあって素敵でした。

b3  b2

b b4

実は先日軽井沢に行った時は一睡も出来ず、「私は旅先で眠れない体質になってしまったのか~っ!?」と焦りましたが、今回はぐっすり。
ブライトンのHPにはベッドに対するこだわりが書いてありましたが、確かに寝心地良かったです。

と、快適な眠りから覚め、朝窓から外を見たら……
雪~っ!!

彦根で雪に降られる事は覚悟してましたが、京都で降られるとは思わなかった。

さて、2日目(12/10)は、甘春堂という和菓子屋さんの和菓子教室に参加して来ました。

ka1 ka2 sweets

写真左の2つのような物を作る筈だったのですが……
出来た物は右の写真の物で……
やっぱり作るより食べる方がいいです(爆)。

夕方からは、嵐山花灯路へ行きました。
花灯路とは、ウィキペディアの言葉を借りると

嵐山から嵯峨一帯にかけて広がる歴史的、文化的景観を活かし多数の路地行灯や生け花の花をあしらうことで華やぎと陰翳を付与、日本情緒を演出することで京都の夜の新たな風物詩となることを目指し、冬季の観光客を呼び込むべく始められた観光イベント

だそうです。

◆竹林の小径

L1 L3

◆大河内山荘庭園

L4 L5

◆長神の杜
Kahi1 kahi2

写真左:紫式部歌碑(クリックすると大きくなります)
写真右:崇徳院歌碑

◆宝厳院

L6 L7

◆桂川周辺

L8 L11

L9 L10

◆法輪寺
ここはスゴイ事になってました。

ho1 ho2

ho3 ho4

ho5 ho6

100万枚の画像が大型プロジェクター10数台を使って投影されているそうです。
色や柄が刻々と変化するので飽きずに長い時間見続けてしまいました。
しかし、お寺がこんなにサイケデリックでいいんでしょうか(驚)。
苦手な方もいらっしゃるようですが、私は楽しめました

結局天気は「曇り時々晴時々雪時々雨」といった感じだったでしょうか。
雪が降っているのに光が射しているという不思議な時間帯もありました。
傘は「ささなくてもいいか、いや、やっぱりさした方が良いかも」みたいな微妙な時間帯が長かったかな。
不安定な天気ではありましたが、大雨に降られるという事はありませんでした。
天気が良かったら、花灯路はもっと混んだかもしれないので、丁度良かったのかも……と思う事にします。

|

« 滋賀・京都旅行2012① | トップページ | 新選組の足跡(草津&壬生) »

コメント

嵐山花灯路、いいなあ。

毎年12月に京都に行くのに、いつも終わったあとで悔しい思いをしています。今年も行くのは来週末なので終わってますー。

それにしても、日本史に強いYAGI節さんはどこに行っても人の数倍楽しめてうらやましいです。私も勉強しようとは思うんだけど、興味がないせいか、読んだ文字がすーっと耳から抜けていっちゃう。

続きはあるのかな? 楽しみにしてます。

投稿: shoh | 2012.12.13 22:14

shohさん
わー、毎年京都に行かれているのですか。
いつか、花灯路とタイミング合うと良いですね。
ちなみに実際と写真の雰囲気はかなり違ってました。
今のカメラは高感度なので、実物以上に明るく派手に撮れちゃうみたいです。

>どこに行っても人の数倍楽しめてうらやましいです。

新選組ファンになってから、国内旅行が楽しくなったのは確かなのですが、「どこに行っても楽しめる」というよりは、幕末の香りを感じられる所ばかり狙って行ってるに過ぎないかも。
日本史全般に強いわけではなく、限られた時代の偏った事しか知らないです~
色々幅広く御存知なshohさんこそ、人の数倍楽しまれてる気がします。

続きは……
すみません、新選組ネタのみです(爆)。

投稿: YAGI節 | 2012.12.15 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滋賀・京都旅行2012① | トップページ | 新選組の足跡(草津&壬生) »