« 会津旅行2013(日新館) | トップページ | 会津旅行2013(絵ろうそくまつり) »

2013.02.12

会津旅行2013(鶴ヶ城とその周辺)

ここの続きです。

無事高塚団地から救出された私(嘘)。
乗客は1人という、まるで貸切のようなバスに揺られて、いよいよ市内中心地へ向かいます。
バスの走行音はやけにうるさく揺れも激しいので、「古いバスだからかな?」と思ったのですが、チェーンを巻いていたからですね。
そんな事が新鮮に感じられる、雪にあまり縁のない私です。

で、どこを経由するかさっぱりわからず、とにかく「会津若松駅に行ってくれる」という事で乗ったバスだったんですが、鶴ヶ城の前も通るというではありませんか。
というわけで、今回の最大の目的地・鶴ヶ城へ向かったのでした。
……ホントは鶴ヶ城に寄る前に山川大蔵の生誕地に寄りたかったんですが、「それは帰りでもいっか」という感じで。

降ろされた鶴ヶ城西口というバス停は、本来の予定では降りる筈ではなかったバス停なのですが、すぐ近くに山鹿素行の生誕地があるので寄ってみました。

Yama Naoeb1

写真左:この碑は東郷平八郎が建てたのだとか。

以前会津を訪れた時に入手した地図には、「山鹿素行生誕地」としか書いてないのですが、直江兼続の屋敷跡でもあるそうです。
「『天地人』放送の頃からそういう点もクローズアップするようになったんだろうなぁ」と推測。
右の写真クリックすると大きくなります。

そして、そこから徒歩数分の所に山本覚馬・八重生誕の地の碑があります。

Yae1 Yae2b

右の写真クリックすると大きくなります。

碑がある所と実際の生誕地は若干(数十メートル)ずれてるそうで、ホントの生誕地にはこんな看板がありました。
そして、私の心を射止めたのはこの図!!

Yae3 Yae4b

左の看板の一部分を拡大したのが右の写真で、クリックすると大きくなるのですが……
「高木盛之輔」の字があります。そう、ここが時尾さん(斎藤一の奥様)の家だったんですね~。
斎藤さんと時尾さんがいつ知り合ったかは知りませんが、「斎藤さんもここを訪れたかも?」なんて想像してしまう私でした。
ちなみに「日向」というのが『八重の桜』にこの後登場予定の剛力彩芽さん扮する日向ユキの家。
八重・時尾・ユキはホント、ご近所さんだったんですね~。

そして、いよいよ鶴ヶ城です!!

Tsuru01 Tsuru03

うぉ~、真っ白だぁ~。
憧れていた雪の鶴ヶ城です!! これが見たかったんです!!
『家族に乾杯』で見た時は空がグレーだったけれど、こっちは青空で、よりステキじゃないかっ!! 嬉しい。感動……
この頃になると雪が止んでいました。
容保様のお力ですか? 斎藤さんのおかげですか?(しつこい)
なんだかわからないけど、皆さん、ありがとう。
「もう東京へ帰りたいよ~」と泣きたい気分になっていたのはいつの話だっけ?(笑)

Tsuru5 Tsuru4

写真右:ミニチュアモードで撮ってみました

その後、大河ドラマ館へ。
『八重の桜』で使われた衣装が展示されてましたが、撮影禁止でした。残念。
心引かれたのはやはり容保公の衣装。
まだドラマには登場してませんが、「容保様といえばアレ」というあの陣羽織が飾られてましたよ。
足元には見慣れない履物が。
毛がたくさん付いてたんですけど。防寒用の履物なんだろうなぁ。

Taiga出演者のサイン色紙も飾られてました。
松重豊さんの色紙がステキでした。
そういえば、『龍馬伝』の大河ドラマ館に飾られていた色紙の中では児玉清さんの色紙がステキだったっけ。主人公のパパ役にはステキな色紙を書ける人が抜擢されるのですね(違)。

あとは、大河ドラマ館だけで見られるというメイキング映像も楽しかったです。
綾野剛さんが「会津は食べ物がおいしいですね。ソースカツ丼もわっぱ飯も頂きました。お米がおいしいですよね」みたいな事をおっしゃってました。
最近の会津ではB級グルメ・カレー焼きそばを推してるみたいで、今回はそれにトライしようと思っていましたが、「やっぱり私もソースカツ丼食べる事にするよ!!」と思いました(笑)。
あ、そうそう、以前、第二回に御薬園と思われる場所が登場したというような事を書きましたが、やっぱり御薬園で正解だったようです。ただし設定は江戸の会津上屋敷だったとの事。そうだったのか。会津だと思い込んで見てたよ
や、容保様ってば、会津と江戸を行き来してるんで、どこにいるか時々わからなくなるんですよね~(爆)。

その後、福島県立博物館へ行きました。
ここは今迄常に素通りでした。
が、容保公の胸像があると聞いて、寄る事に。

Kata1 Kata2

なんだか哀愁を感じる……
胸像はロビーにあるので、展示を見学しなくても見られるのですが、せっかくなので中も見て来ました。

ここは写真撮影OKでした。嬉しかったのはコレ!!

Sisi Sisi2

彼岸獅子です。
先週の『八重の桜』で獅子の対立シーンがありましたね。
山川大蔵が入城時に使ったのは小松の獅子舞だそうで、この功績により小松の獅子舞では会津葵の紋の使用が許されているのだそうです。

そして孝明天皇が容保公にあてた御宸翰。

Sin

もちろん複製ですが、感無量な私……

あと、恐竜好きなんで、コレが嬉しかった~!!

Ryu

フタバスズキリュウ。

そしていただきました、ソースカツ丼!!(とおそばのセット)

G

|

« 会津旅行2013(日新館) | トップページ | 会津旅行2013(絵ろうそくまつり) »

コメント

おーっ、美しい!

まるで一面にシュガーコーティングしたウェディングケーキのようではありませんか。狙って行ってもなかなかこんなふうなコンディションでは見られません。遭難した甲斐ありましたね。

ソースカツ丼もうらやましー。

投稿: shoh | 2013.02.12 22:19

shohさん
「遭難した甲斐」にウケました。
自分で言い出した事だけど(^^;)。
「苦あれば楽あり」なのですね。

鶴ヶ城、確かにおいしそうかも……
眺めてうっとりしてます(笑)。

投稿: YAGI節 | 2013.02.13 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会津旅行2013(日新館) | トップページ | 会津旅行2013(絵ろうそくまつり) »