« 福島桜紀行(前編) | トップページ | スタジオパークに行って来ました »

2013.04.19

福島桜紀行(後編)

ここの続きです。

2日目は二本松へ行きました。今回は2日間の旅なので、最終日です。

N1 N2

霞ヶ城
知らないお城だと思ってましたが、二本松城の事でした
ウィキペディアで「霞ヶ城」と検索すると「二本松城」という項に飛ばされるのですが、観光案内にはことごとく「霞ヶ城」と記載されてました。

Nib1 Ni2

左の写真、クリックすると大きくなります

Ni3 Ni4

霞ヶ城観光は大変だった~。
レンタサイクルを利用したのですが、ちょーっと厳しい坂がありました。
自転車で坂を登ってへろへろになった所に追い打ちをかけるかのような城内の本丸までの坂。辛かったです~。
っていうか、自分の体力が明らかに落ちているのが悲しい。年のせいなのか、咳喘息のせいなのか、体重増加のせいなのか……おそらくその全てが影響しているのでしょうが……汗だくでどうにかなりそうになりながら「こんな筈じゃないのに」と何ともいえない不条理感(違)と戦ってました。
でも桜は満開でキレイでした。

合戦場のしだれ桜
霞ヶ城とは違った意味で訪れるのが大変な場所です。
美しいと評判の桜ではあるのですが、ツアーなどには滅多に含まれていません。
駅から直通のバスもありません。
が、タクシーだと片道5千円位かかってしまうらしい。往復1万円? ヤダヤダ~
というわけで、免許を持たずタクシーも使いたくない人は、二本松駅から路線バスに乗り20分程走った後でコミュニティバスに乗り換え、更に20分程揺られるしかないのでした。そしてバスの本数は少ないので、「11時頃に二本松駅を出て、14時位に合戦場を発つ」というパターンにするしかなさそうでした。

Ka1 Ka2

行くのは大変ですが、その苦労を無駄とは思わされない素敵な桜でした。
三春の滝桜があまりにも素晴らしくて、「もう他の桜を見ても感動出来ないかも……」なんて思ってしまったのですが、タイプが違いますね。
ピンク色がキレイ。
滝桜よりはかなり小さいけれど、あの色であんなに大きな桜を見たのは初めてだったので新鮮な驚きがありました。

Ka4 Ka5

周りにも濃いめのピンクの桜が何本もあって、そちらもかわいかったな~。

福田寺の糸桜
Ito

新殿神社の岩桜
Ishi Mokuren

写真右:近くに咲いていたモクレン(多分)。なんか、花が大きかった。

大隣寺
Dai1 Dai2

Dai3 Dai7

写真は撮りませんでしたが、二本松少年隊の墓所がありました……

街中では、浪江の案内板を見ました。
二本松って、原発事故で避難指示区域に指定された浪江の隣だったのですね。
私は気づかなかったのですが「放射能の除染完了」なんていう看板もあったとの事。
「除染って、どんな事やるんだろう?」と思い、今調べてみたところ、「市内の小中学校では除染の為に樹木の伐採が行われたが、サクラは対象から外された」なんて記載があり、「桜は愛されているって事かな」などと感慨に耽ったのでした。
霞ヶ城の木も、結構伐採されたらしい……

帰りの新幹線の中では駅弁を食べたのですが、またしても会津関連のお弁当を買ってしまう私であった……

Aidu1 Aidu2

このお弁当箱、會津塗だそうです。
もったいなくてとても捨てられない~。という事で持ち帰りました

こんな切手シートも買ってしまった……
Stamp

会津行ってないのに。

|

« 福島桜紀行(前編) | トップページ | スタジオパークに行って来ました »

コメント

二本松行かれたんですねー!いいなぁ。。
二本松も一度は行ってみたいと思ってるのですが、いつも若松を回ってるだけで時間がなくなってしまい行けずじまいです(^-^;
でも今年の秋に会津に行く予定なのですが、郡山に住んでる方が車で二本松を案内してくれるって言っていたのでもしかしたら今年は念願叶っていけるかも!?(^-^)
桜、とてもきれいですね~!特にしだれ桜、美しすぎます!!素晴らしいですね♪
今年はバタバタしていて気づいたら桜も散っていてお花見も行けなかったので、YAGI節さんが撮った福島の桜を見ながら心癒されました(^.^)

投稿: dandara | 2013.04.24 18:12

dandaraさん
おお、秋に行かれるかもしれないのですね。
しかも車付きとは羨ましい。
私は車は酔うので苦手なのですが、今回だけは「車欲しい」と切に思いました。

実は「合戦場の桜が観たい」という友人の言葉から二本松に行く事になりました。
二本松というと、どうも悲しいイメージが強くて、私自身は「すすんで観光には行けないかも」と思ってたんです。
会津もかつては飯盛山など白虎隊関連の地は好んで足を運ぶ気にはなれませんでした。
今は容保様や山川大蔵のおかげで、「ときめきモード」になるのですが、二本松はまだ悲劇のイメージの方が強くて……
でも、とても素敵な所でした。
行って良かったです

投稿: YAGI節 | 2013.04.24 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島桜紀行(前編) | トップページ | スタジオパークに行って来ました »