« Something kind of hit me today 4 | トップページ | 二度目の入院 »

2013.10.27

MANSAI◎解体新書その弐拾参 特別編

ジャスタウェイ勝った~!!
以前ここで書いた通り応援している馬なので見に行きたかった……。
と、天皇賞についても書きたい所ではありますが、今日はジャスタウェイより好きな萬斎さんについて。
って、変な比較してすみません。

実は一昨日まで4日間検査入院していたのですが、昨日のMANSAI◎解体新書は行っちゃいました。
あ、家にいても体調が良くなるわけではなく、むしろじっとしていると内臓の働きが停滞してしまう感じで、少しは動いた方が調子が良いのです。

Kaiいつもはゲストを「解体」するのですが、今回は特別編という事でゲストが萬斎さんを解体します。
3日にわたって日替わりゲストが様々な角度から萬斎さんを解体するというステキな趣向。3日間共行きたかったけど、体調がイマイチだったので1日だけにしてみました。チケット買った時は、この時期自分が入院しているとは想像出来ませんでしたけどね。

私が行ったのは犬童一心監督の回。
言わずと知れた『のぼうの城』の監督さんです
『のぼうの城』の裏話などが聞けるかと思ったけれど、考えてみれば萬斎さん登壇の試写会は二度も行き、特番は観まくり、パンフもオフィシャルブックも豪華版Blu-rayも買ったファンにはかなり色々な話が既にこぼれて来ているわけで(^^;)、今回『のぼうの城』に関してはそれ程貴重なお話を聞けたという感じではなかったかな。

ただ、犬童監督が持つ萬斎さんに対しての印象というお話は面白かった♪
「振り幅の大きい人」とか「負けず嫌いな人」とか「欲ばり」とか。
「振り幅 萬斎」で検索したら無茶苦茶ヒットしました。「萬斎さんの振り幅の大きさについて語っている人は過去にもかなりいるんだな~」と変に感心してしまった。

のぼう様は結構くだらない事をやっちゃうのだけれど、萬斎さんはくだらない事を一生懸命やってくれる、「そこまでやるか」と周囲が驚く程何でもやってくれる。下ネタでも「それじゃR-18になっちゃうから」と止める程やって見せてくれるんだそうです。一見クールでやってくれなさそうに見えるから、そのギャップにはビックリするだろうなぁ。
中には「ああ、この人はここまでしかやってくれないんだ」という感じの俳優さんもいらっしゃるそうで、そうなると作れる物の範囲も狭まってしまうから、何でもやってくれる萬斎さんはありがたかったとの事でした。

「負けず嫌いな人」というお話では乱能を例に出してました。
お祭り的な雰囲気で皆が楽しくやっているのに、一人(正確には一組)必死にやっていたという。「空気を読まずに」と、もちろん冗談ぽくですが、言われてました(笑)。
萬斎さんは垂直跳びには自信があって、「誰よりも高く跳んでやろう」という意識があったとの事。三番叟でも似たような事、おっしゃってたっけ。
「狂言師は能楽師(というか、シテ)に憧れている所がある」という事もおっしゃってました。
一瞬、意外……というか「え」と思いましたが、すぐ合点が行きました。
今でこそ萬斎さんのようなスーパースターが出て、「アイの萬斎さん」目当てに能を見に行く人も少なくないと思います。狂言だけでの公演も多い。
けれど、一般的には「能がメインで狂言はサブ」というイメージですよね。
狂言師と能楽師という表記の仕方もどうかとどこかで疑問視されてた気もしますが、萬斎さん自身が「狂言師」とおっしゃってるのでそれは置いといて――シテが「脇役の人」や「狂言やってくれる人」や「演奏してくれる人」などを集めて興行(?)を仕切るというのが元々のスタイルみたいだし。
「サブの俺だって、技術ではメインの人達に負けないんだっ!!」という思い、それを証明したいという思いにはすごく納得しました。「俺がこんだけやれるんだから、本職の人達もしっかりやってくれよ!!」と発破をかけたい気持もなんとなくわかるような気がしました。

しかし、犬童監督が萬斎さんの事を褒めると「褒めすぎじゃないですか」となぜか居心地の悪さを感じ、万作さんの事を褒めると「万作さんばかりじゃなくて萬斎さんの事ももっと褒めてあげて」と思ってしまう私は一体なんなんだ(^^;;;;;;)。
あと、かつてオダギリジョーさんが大好きだった私としては「『メゾン・ド・ヒミコ』の時のオダギリさんはその点どうだったんですか」と思わず突っ込みたくなった瞬間もありました。

ラストにはMANSAIボレロも披露されました。私はどうも舞の事は(も)わからず、ボレロにも全く思い入れが無いのですが、「侍ヴァージョン」とか言われて、ちょっと気分が上がりました(笑)。
女性っぽい格好で踊るヴァージョンよりは黒紋付のこっちの方が好き

|

« Something kind of hit me today 4 | トップページ | 二度目の入院 »

コメント

体調宜しくないようでお察しします・・・
最近、母が腹痛?で救急車のお世話になり、胆泥じゃなしの?ってアドバイスしましたが(結局は原因不明)

天皇賞行ってきました! but競馬通に言わせるとジャスタウェイは適距離でないと・・・推し馬のレースで馬券外し後悔です。
表彰式での大和屋オーナーのジャスタウェイ人形アピールには少々恥ずかしくなりましたが・・・世代最強と推していた馬がGⅠを勝ち嬉しい限りです。

久々の競馬ネタでのコメでした。

投稿: ぽぐぽぐ | 2013.10.28 00:28

ぽぐぽぐさん
お母様も原因不明ですか。
なんか親戚でも「お腹が痛くて救急車で運ばれて、原因わからなくて別の病院へ」というパターンがあったようです。
病院が頼りにならないと困りますよね~(>_<)。
もう良くなられたのでしょうか。

ジャスタウェイ人形アピール!?
見たかったかも~(笑)。
『みんなのKEIBA』では映ってませんでした。残念。

いや~、天皇賞はただ単に好きな馬二頭買ってれば当たったみたいで買わなかった事が悔やまれます(生で好走見たのでジェンティルドンナにも情が移ってる)。
って、4番人気と1番人気だから馬連の配当はそれ程でもないか。

投稿: YAGI節 | 2013.10.30 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Something kind of hit me today 4 | トップページ | 二度目の入院 »