« ウォークマン買いました | トップページ | 今日の写真 »

2013.11.17

好きなフィギュアプログラム

フィギュア・スケート・シーズン真っ只中です♪
今まで「好きなフィギュア・スケート選手」という記事はアップした事がありますが、プログラムについてはまだ選んでみた事がありません。今回考えてみる事にしました。
好きな選手でもこれといったプログラムが思いつかないケースがある事に我ながら驚きました。逆のケースもあるんですけどね(^_^;)。
では行ってみます。

伊藤みどり トリプルアクセルの先へ1.伊藤みどり/ラフマニノフ ピアノ協奏曲(アルベールビル五輪)
伊藤みどりさんの五輪でのトリプル・アクセルは忘れられません。
感動しました。泣けました。

2.カタリナ・ヴィット/カルメン(カルガリー五輪)
「フィギュアはスポーツか芸術か」なんてよく論議されますが、伊藤みどりさんがアスリートだったら、ヴィット選手は芸術家って感じですね。
美しかった……。

3.髙橋大輔/道(バンクーバー五輪)
1位と2位は「好きなプログラム」とか言いつつ、好きな選手を挙げてしまった気もしますが、これは純粋に「好きなプログラム」と言えます。
曲良し、衣裳良し、振付良し。そして、これを演る時の髙橋選手は無茶苦茶カッコいいっ!! メダルに相応しいプログラムでした。

4.ヴィクトール・ペトレンコ/カルメン
ベスト5に『カルメン』2つも入れてしまった(^_^;)。
ヴィット選手はタイトル・ロールのカルメンですが、ペトレンコ選手は闘牛士ですね。
「ペトレンコといえば『カルメン』」と思うのは私だけではないようで、復帰後のリレハンメルでも『カルメン』で滑りました。でも、私が好きだったのは若かりし頃のスリムなペトレンコの闘牛士。リレハンメルの時は「なんか違う……」と思ってしまったのでした。

5.トッド・エルドリッジ/ゲティスバーグ(長野五輪)
曲が無茶苦茶好き。見た事のない映画の主題歌で、知らない曲だったのにあまりにも気に入ってサントラ買ってしまいました。
オリンピックの前か前々シーズンにやっていたプログラムだったと思います。
オリンピック・シーズンに新しいプログラムを見た時はちょっとガッカリして、「『ゲティスバーグ』をオリンピックでやればいいのになぁ……」なんて思っていたら、本番ではホントにこれをやったのでビックリ。きっと評判が良かったのでしょうね。メダルは穫れなかったけれど素晴らしかった!! 今でもこの曲を時々聴き返す私です。

6.フィリップ・キャンデローロ/ロッキー(リレハンメル五輪・エキシビション)
キャンデローロ選手の演技はいつも面白かった。
キャンデローロ・スピンとかキャンデローロ・ジャンプ(?)とか個性的な技で魅せてくれましたが、特に印象的だったのはエキシビション。
彼の影響で一時期私は競技よりエキシビションの方が好きだったのでした。
キャンデローロ選手に花を投げようとするファンが階段をかけ降りる際の地鳴りのような音は忘れられません。

7.ペトル・バルナ/チャップリン(アルベールビル五輪・エキシビション)
すみません、バルナ選手の演技が……これしか思い出せない(爆)。
でも、このプログラムは大好きっ!! 素晴らしかったです。
まさにチャップリン。楽しかったなぁ。

8.イザベル・ブラスール&ロイド・アイスラー/逆立ちピエロ(アルベールビル五輪・エキシビション)
このペアのエキシビションもいつも楽しかった。
ピエロの格好をして滑るだけでも面白いのに、これは逆立ちをして滑っているように見える衣裳でした。
曲は覚えてません

金メダルへの道9.荒川静香/トゥーランドット(トリノ五輪)
キレイだったな~。輝いてましたね~。
荒川選手、いつもキレイですけど、この時は特別キレイだった。「こんなにキレイだっけ?」と思う位キレイだった。
衣裳もこの時が一番ステキでした。
調子が良い時はルックスも良くなると思うのは私だけでしょうか?
『道』の髙橋選手といい、この時の荒川選手といい、ソルトレークシティ五輪時のヤグディン選手といい、なんか妙にキラキラしてたんですよね~。
関係ないけれど、かつて私が大好きだった阿波野投手も調子が良い時はカッコ良かったんですよ。顔見て、「今日はなんかいい顔してるからいいピッチングしてくれるんじゃない?」なんて思った事ありました。

高橋大輔 カレンダー 2014年10.髙橋大輔/マンボ・メドレー
初めて観た時は失笑しました。なんじゃ、これはと(失礼)。濃い、濃過ぎる。
それが観れば観る程引きこまれて……今では大好きなプログラムとなりました。
今年のNHK杯のエキシビでやってくれた時はもう大喜び。いつの間にこんなに好きになっていたんだろう。八木沼純子さん曰く「鬼ステップ」。確かにあれはスゴイ。もう血湧き肉躍る。あれはフィギュアを観て感じる感覚ではないです。
「日本人のエキシビはどうもつまらないんだよなぁ」なんて思ってましたが、元SPだった演目をエキシビに持ってこられてあれだけエキサイト出来るとは。や、ホント、スゴイ。脱帽です。もう一度生で観たいっ!!
という感じで、なんと髙橋選手のプログラムを2つも選ぶ事になってしまったのでした。全く違うタイプの2プログラムです。
っていうか、『オペラ座の怪人』も良かったし、髙橋選手いいプログラム多いんですよね~。なのに、オリンピック・シーズンである今シーズンのフリーはちょっと……
ビートルズは好きだけれど、あのアレンジと衣裳はあまり好きではないんです。
とか言いつつ、マンボ・メドレーのようにこれから魅力を感じるようになるのかも?

11.アレクセイ・ウルマノフ/リゴレット~椿姫(リレハンメル五輪)
2つの作品をくっつけていたような朧気な記憶がありますが……違ったらすみません。
フリフリ衣裳でまさに王子様。あの衣裳はありそうでなかなかないですね。それが似合ってしまうノーブルなウルマノフ、ステキでした。優勝候補ではなかったのに、五輪で一番良い演技をしました。

12.鍵山正和/八木節(リレハンメル五輪)
私の「YAGI節」という名前の由来となったプログラム。
日本で観た時はあまり好きにはなれなかったのに、リレハンメルで生で観たら、なんだか愛国心を喚起させられてしまいました。
その後の幕張での世界選手権の好演技も忘れられません。その後写真撮らせてくれたしっ(笑)。

13.シェイリーン・ボーン&ヴィクトール・クラーツ/リバーダンス(長野五輪)
舞台の『リバーダンス』来日公演を先に見てましたが、それに劣らぬ素晴らしいプログラムだったと思います。
今や振付師として名作を沢山生み出しているシェイリーン・ボーンさんですが、現役時代もアイデアを出したりしていたのでしょうか?

14.鈴木明子/ウエストサイドストーリー(バンクーバー五輪)
そのシェイリーン・ボーンさんが振付けたのがこれ。
楽しくて大好きなプログラムです。

羽生結弦 カレンダー 2014年15.羽生結弦/パリの散歩道
2011-2012シーズンの『ロミオとジュリエット』には無茶苦茶心揺さぶられたのですが、あれはプログラムというより、まだ幼さの残る羽生選手が息も絶え絶えに必死に滑っている姿に心を打たれたわけで、冷静に思い返すとプログラム自体が好きというわけではなかったような気がします。が、こっちは曲も好きだし、振付も好き。特にあの……なんていうんでしょ、イーグルでいいのかな?――がカッコ良すぎる!!

16.カート・ブラウニング/『彼を帰して(レ・ミゼラブル)』(エキシビション)
う~ん……ブラウニング選手は無茶苦茶好きで、以前「好きなフィギュア・スケート選手」という記事では2位に挙げた程なのですが、好きなプログラムを思い出そうとすると……思いつかない(汗)。
プログラムというよりも、彼の楽しい雰囲気が好きだったんですね。
でもブラウニング選手のプログラムを一つも挙げないなんて自分が許せないので(ばか)ムリヤリ選びました。
実は初めて観た時はまだ『レ・ミゼラブル』のファンではなかったので、これを観てもそれ程ピンと来なかったのですが、後からじわじわ来ました。

17.浅田真央/鐘(バンクーバー五輪)
浅田選手も……現役女子選手の中では一番好きなのに、これというプログラムが思いつかないんです……。ショパンが合っているような気はしますが、自分がそれ程ショパンに思い入れないからなぁ(^^;;;;;)。それ程思い入れのない曲で、それ程好きな衣裳じゃなくても浅田選手だったらOKという感じの私です。
『鐘』は浅田選手らしさがあまり出ないし、大変な割には良さが出にくい難しいプログラムじゃないかと思ったのですが、そんなプログラムに果敢に挑み続ける姿に感動しました。コーチが「曲を変えようか」と提案してもやめなかったんですよね。途中で投げだそうとしない、浅田選手のそんな所が好き。

18.田村岳斗/紅
いや~、プログラムの面白さだったらこの人外せない(^_^;)。
この『紅』はNHK杯で生で観ましたが、沸きましたね~。衣装自分で作ったんですよね。エンターティナーという感じですね。
YOU TUBEでしか観てない『宇宙戦艦ヤマト』も良かった!!
最近は解説者としてもすっかりお馴染みになりましたね。

19.本田武史/アランフェス協奏曲(ソルトレークシティ五輪)
本田選手といえば、「ジャンプはいいけど美しさが……」という評価だったのでは?
が、『アランフェス協奏曲』で滑る本田選手の事は「美しい……」と思ってしまいました。
円熟味が出た素晴らしいプログラムだったと思います。そして「大人になったなぁ」と思った!!(笑)
私の中ではアランフェスといえば、パトリック・チャン選手でもプルシェンコ選手でもなく、本田選手なのでした。

20.オクサナ・グリシュク&エフゲニー・プラトフ/メモリアル(長野五輪)
『コックと泥棒その妻と愛人』という映画の曲。
これも映画は観た事ないのに、あまりに曲が気に入ってCDを買ってしまったっけ。
といっても『ゲティスバーグ』と違って、最近は全く聞き返しておらず、「好きだった筈だけど……どんな曲だっけ?」なんて思ってしまった
演技もよく覚えてなくて、久しぶりにYOU TUBEで確認してしまった……
ひょっとしたら、アイスダンスっぽくない?
でも、そこがまた好きだったのかもしれないなぁ……(朧気)。

|

« ウォークマン買いました | トップページ | 今日の写真 »

コメント

伊藤みどりさんを子供の時に見て、彼女のようなスケーターになりたいとスケートを子供のとき習ってました。もちろんそんな実力は露ほどもなく(爆)

私は、キャンデロロの三銃士ダルタニアン、本当にしびれました!大好きな選手です^^あとカートブラウニングの雨に歌えばも本当に素晴らしかった!もう一度見たいものですねぇ。

今一番好きなのは真央ちゃんです。彼女の十代の時は全く興味がありませんでしたが、大人になり、数々の試練に負けず、どんどん演技に磨きが掛かって行く透明感のある演技に心から惹かれます。今の彼女の演技が一番好きです^^高橋君もそうですし、鈴木明子さんも真央ちゃんも引退なんて、とても淋しいですね。まだまだ見ていたい素晴らしい選手達です!

投稿: FUYU | 2013.11.20 01:35

再びFUYUさん
きゃー、ブラウニングについてのコメント頂けるなんて夢にも思ってませんでした。
ありがとうございます
そうそう『雨に歌えば』も良かったですよね
いや、朧気にしか覚えてませんが、良かった気がする……。
ブラウニングだからイイに決まってる!!(爆)

『三銃士』はしっかり覚えてますよ♪
知り合いが会場でダルタニアンのコスプレをしていたので余計印象に残ってます。
キャンデローロはアイデアが素晴らしく、それを生かせる技術があって、サービス精神もあって……ステキなスケーターでしたね

そして、最近は日本人スケーターの充実ぶりが半端ないですね。
でも、あの3人が辞めちゃうのはホント寂し過ぎる~

素晴らしいスケーターの滑りを見ていると自分も滑りたくなりますよね。
私もカルチャーセンターに一瞬習いに行った事があります(笑)。
大人になってから行ったので、全く上達しませんでしたけど

投稿: YAGI節 | 2013.11.21 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォークマン買いました | トップページ | 今日の写真 »