« 疾風幕末演義④ | トップページ | 会津人首相も靖国神社を参拝するのかな »

2013.12.23

The Long and Winding Road

The Beatles 1967-1970今日のタイトルはビートルズの名曲から取りました。
髙橋大輔選手の今シーズンのフリー・プログラムはビートルズ・メドレーで、その中にこの曲が使われてます。
「長く曲がりくねった道」。なんだかこのタイトルと髙橋選手のスケート人生が重なって……

フィギュアスケート全日本選手権が開催中です。
今日は男子シングル・フリープログラムが行われました。
思えば織田選手が出て来た時からヤバかった。
それ迄は「誰がオリンピックに出るのかな。ワクワクドキドキ♪」という楽しい気分でいたのですが、織田選手の演技を観ていたら、「あ、織田選手の演技を観るのはこれで最後かも知れないのか」と思い、急に寂しくなっちゃったのです。

織田選手、色々やらかしてくれましたね。
スケート以外のアクシデントも多かったけれど、8年前のNHK杯の号泣から始まって随分楽しませてくれたなぁ。
今、当ブログの過去記事を読んでいたら、トリノ五輪の1枚の切符を織田・髙橋・本田の3選手で争っていた事が書いてありました。
「五輪に出したい選手が3人もいるなんて日本の男子のレベルも上がったなぁ」なんて当時は思っていたけれど、まさか3枚切符があっても足りないと感じる時代がこんなに早く訪れるなんて……感無量です。

Sports Graphic Number PLUSフィギュアスケート特集そして髙橋選手。
「ビートルズは好きだけれど、あのアレンジと衣裳はあまり好きではない」なんて書いたばかりでしたね。
実際前半は「やっぱりこのプログラム、あんまり好きじゃない」なんて思ってたんですが、"In My Life"あたりからうるうる来て、"The Long and Winding Road"では涙が出ました。

髙橋選手にも、ホント楽しませてもらったからな~。

初めて観た時は「パキパキした動き」という印象でした。
それはキレがあって観ていて気持ちの良い物で、それはそれで好きだったけれど硬かったのかも知れない。いつしかそれは「しなやかな動き」に変わっていました。
「アスリートの動き」から「ダンサーの動き」に変わったというか。
それでいてトリプル・アクセルは無茶苦茶迫力があって、踊りでもジャンプでも惹き付けてくれました。
最初は「日本人だから応援したい」という感じで観ていたけれど、今は違います。
あまり意識した事はなかったけれど、先日アップした「好きなフィギュアプログラム」の記事の中では髙橋選手のプログラムを2つも挙げていたし、ひょっとしたら私は髙橋選手のファンになっていたのかもしれない(気づくの遅すぎ)。

氷上の奇跡2013-2014 (別冊家庭画報)そんな彼が血を流しながら滑っている。
ケガによって失われた四回転ジャンプの感覚をようやく取り戻しつつあって、ソチに向けていよいよ仕上がってきたと思ったら、またケガ。その上、今夜は手からは流血というおまけ付き
そういえば、前のケガも調子が上がって来た所でのケガじゃなかったっけ?
「この調子ならイケる!」と思った頃に訪れるアクシデント……。
「髙橋選手のオリンピックへの道はどれだけ曲がりくねっているんだろう」と呆然としてしまう……。

髙橋選手といえば、ミスをしても照れ笑いをしているようなイメージで、あまりネガティブな表情を見せない印象がありましたが、昨日の演技後はホントに悲しそうな顔をしてましたね。そして今夜はインタビューを一時中断せざるを得ない程の涙……

いや~、こんな髙橋選手を目にする事になろうとは、夢にも思っていませんでした。
オリンピック出場確実と思われた髙橋選手がこんな事になって、代表争いはいよいよ混沌として来ました。

フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シ思い出すのは8年前のトリノ五輪の出場を賭けた女子の争い。
男子は史上最高のバトルは今回のソチ五輪の代表争いですが、女子の場合はトリノ五輪の代表争いが最も熾烈でした。
ここで当時の事を書いてますが、私は荒川選手を応援してました。荒川選手が選出されるかは最後までわからずに、ハラハラさせられましたが、その荒川選手はトリノ五輪で見事金メダルを獲得しました。
国内で修羅場を味わったからこそ、オリンピックで怯む事なく最高の演技が出来たのかもしれません。あの修羅場に比べればオリンピックだってぬるい(ホントか?)
当時の荒川選手の立ち位置と今の髙橋選手の立ち位置は似ているかもしれません。
共に世界チャンピオンを経験したベテランにも関わらず、オリンピック前の代表争いで苦戦しています。
という事は、ここを乗り切れば髙橋選手のソチでの金メダルもあるかも!!
……なので、関係者の皆様、是非髙橋選手を選んで下さいね(笑)。
これで髙橋選手見納めなんてイヤだからーーーーーっ!!

って、実の所、髙橋選手の足の具合ってどんな感じなんだろう?
オリンピックで今日のような出来だったら、悲し過ぎる……そんな事はないよね、ね、ね。

という事で、私の希望としては代表は羽生&髙橋でお願いしたい所なのですが、残る1人が悩ましい。
普通に考えれば町田選手でしょうか。
小塚選手も好きなんだけど。もちろん織田選手も好きだよ。でも町田選手が選ばれなかったら、「フェアじゃない」と思っちゃうかも。あ~、困った。
オリンピックには開催前からドラマがありますね。こんなにドラマチックにしなくてもいいのに~。
運命の日(発表)まであと1日。選手の皆さん、今夜は眠れないかも?

しかし、フィギュア選手って見られる期間は短いですよね。ジュニア時代からチェックしていても10年も見られないなんて寂し過ぎる。
……と思ったら、サラブレッドはもっと短いですね
オルフェーブル、今日で引退です。もう引退だなんて寂し過ぎる。
まだ5歳ですよ。名前を知ってから2~3年しか経ってないよ。
最後まで凄かったですね……って、馬と人間と比べるのは間違ってますね、失礼しました~。

アズ・イズ・ナウフィギュアの合間に流れていたDAKSのCMにポール・ウェラーが出てましたね。
白髪になってて衝撃を受けましたが、それでもカッコ良い。
デヴィッド・ボウイ・ファンの私はなぜかポール・ウェラーにライバル心のような物(?)を持っていて、時々「ボウイとポール・ウェラー、どっちがカッコいいかな?」なんて比較してしまうのです(ばか)。
や、ポール・ウェラーもかなり好きなんで、ライバル心というのとは違うのかも知れませんが。
白髪のポール・ウェラーはカッコ付けてる感がないにも関わらずカッコいいって、どういう事なんでしょ。あんな風に年取れたらいいですね。

|

« 疾風幕末演義④ | トップページ | 会津人首相も靖国神社を参拝するのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疾風幕末演義④ | トップページ | 会津人首相も靖国神社を参拝するのかな »