« 新春名作狂言の会 2014 | トップページ | 前へ前へ »

2014.02.06

ソチ五輪開幕

いよいよ開幕ですね。
皆さん準備は出来てますか?
や、テレビ観るだけなんですけどね(^^;)。
冬季五輪は3大会現地観戦した私ですが、それも過去の事。
最近はもっぱら自宅観戦です。

とりあえずブログのデザインを変えました。
この所、ずーっと自分で作ったテンプレートを使っていたのですが、ソチっぽい材料がなかなか見つからないので、久々にココログが提供しているテンプレートを使ってみました。
ソチっぽさは特に感じられないけれど、冬季五輪っぽい感じはある……かな。

より気分を盛り上げる為に、こんな物を読んでみました。どれも図書館にありました。

誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術 (朝日新書) フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法 フィギュアスケート 疑惑の高得点

知って感じるフィギュアスケート観戦術フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法(共に荒川静香さん著)、フィギュアスケート 疑惑の高得点

前者2冊が光について書かれた本だとすると後者は闇について書かれた本という感じ。
荒川さんの本を読むとフィギュアを好きになり、後者の本を読むとキライになるかも……。

荒川さんはきちんとした人ですね。
テレビを観ていても、なんとなくそういう印象を受けたけれど、本を読んで「やっぱり」と思いました。お茶目な所もあるけれど、基本きちんとしる。
そしてスケートへの向き合い方や考え方が素敵で共感が持てます。
アーティスティックな部分も、アスリート魂も持つ素晴らしいスケーターだと思います。
「ああ、こういう考え方をしているから、ああいう演技が出来るんだ」と納得させられる部分も多かったです。

特に印象に残ったのは、タチアナ・タラソワコーチの「オリンピックはゲームなのだから、楽しまなくてはいけない。でも、本当に楽しむ権利を獲得できるのは、死ぬほど苦しんで準備した人だけだ」という言葉。
荒川さんもよく「楽しんで」と言ってましたが、彼女は毎日「今日が最後になっても悔いはない」という程練習していたそうです。
あとで後悔しなくてもよいように、自分でできる最高の準備をしてその日を迎えようという思いで毎日を過ごしてきたスケーターだけが、本当に「オリンピックを楽しむ」という意味を理解出来るのだとか。ものすごーく納得しました。
こういう事言う人、好きなんだよな~。
競技中、脱臼で肩が抜けてもスピンしながら自分ではめちゃったという逸話を持つ人だからな~。根性ありますよね(スポ根に弱い私)。

最後の一冊は……
うーん……
なんというか……
タイトル通りなのですが……
フィギュアの採点に納得出来ない事って、確かにあります。
この作者が書いている事も一理……いや、二理、三理?――あるかも知れません。
ただ、全部を真に受けてしまうといけないような気がしました。
「悪を糺す」というお気持ちなのかも知れませんが、その矛先はあちこちに向けられていて、個人にも向けられて……あまり良い気分にはなれませんでした。
ブログではありがちな表現方法でしたが、大勢の人が目にする、図書館に置いてあるような出版物が、こんなに攻撃的で良いのかなという気がしました。
荒川さんの本は色々な選手の良い点を挙げていました。公平だったように思います。
パトリック・チャン選手やキム・ヨナ選手に高得点が出る原因もわかりやすく解説されてました。その後に読んだせいか、こちらは偏っているように感じました。
私は荒川さんの本に書いてあった「現在のフィギュアスケートは健全な、良い方向に発展していっている」という言葉を信じたいです。……って、甘いかな(>_<)。

年始から五輪関連の番組も結構ありました。録画したきり、まだ観てない物もありますが……
面白かったのはミッツ・マングローブさんがMC(といえるのか?)をしたNHK BSの『スポーツ酒場 語り亭』。
ゲストの清水宏保さんも良かったし、フィギュア・ファンとしては伊藤みどりさんとマツコ・デラックスさんがゲストでやって来たのが嬉しかった。
マツコさんの「みどり愛」は有名ですが(笑)、本人と一緒に出ているのを観たのは初めてかも。マツコさんの事好きでもキライでもなかったのですが、「伊藤みどり好き」と知ってから好感を持つようになった私です。
みどりさんの滑りは今観てもスゴイと思う。
かつて好きだった人の滑りをYou Tubeなどで観てガッカリする事は多いです。昔「スゴイ」と思った筈なのに、今観るとそうでもなかったりするのです。今の選手の方が難しい事やってるんですよね。が、みどりさんは違う。あの方だけタイムスリップしているというか時空がおかしい。
マツコさんが、「ビットなんて今観ると大した事ないのよ」みたいな事をおっしゃっていて、「うわっ、言っちゃったよ……」と思ったのですが、確かに大好きだったビット選手なのですが、今観ると「あれ、こんなもんだっけ……?」という感じなのです……。美しさは抜群ですけど。
が、みどりさんのジャンプには今観ても血湧き肉躍っちゃうんだよなぁ。

というわけで、開会式はまだなのですが、もう競技は始まっちゃいました。
フィギュアは団体戦が今日の深夜というか日付がかわった頃に始まります。
日本男子SPの代表は羽生選手みたいですね~。
これは頑張って生観戦しようと思います。
その後のペアは……すみません、録画で観ます。いきなり飛ばしてもね、まだ先長いし(^^;;;;;)。

|

« 新春名作狂言の会 2014 | トップページ | 前へ前へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春名作狂言の会 2014 | トップページ | 前へ前へ »