« 第七回 新宿文化寄席 夢の三人会 | トップページ | MANSAI◎解体新書その弐拾四 STARMAN »

2014.10.28

高須四兄弟展

一昨日、あるお笑いコンビの一人に、ある場所を訊かれました。
コンビ名は知っていたけれど、その人の名前は知らなかった。
テレビではおバカな事をやっている人ですが、ダンディな感じで、カッコいい声をしていました。
その話を5人にしたのですが、そのコンビ名を知っている人は今の所一人もいません。残念。

そのコンビと、幕末のこの兄弟はどちらが有名だろう(^^;)。
高須四兄弟。
その名を聞いてピンと来る方はなかなかいないかも?

そういう私も2007年迄はそんな事は全く知らず、当ブログで松平容保の兄弟があちこちの藩主になっている事を知って驚いた事をバカ丸出しで語っていたっけ(笑)。
はい、高須四兄弟とは、松平容保とその兄弟の事です~。
高須藩は岐阜にありましたが、その上屋敷が新宿にあり、そこに生まれたのが高須四兄弟でした。慶勝は尾張、茂栄(もちはる)は一橋、容保は会津、定敬は桑名に養子に出され、それぞれ当主となったのでした。

そんな高須四兄弟の特別展「新宿・荒木町に生まれた幕末維新」を新宿歴史博物館に見に行きました。

Takasu1 Takasu2b

右の写真、クリックすると大きくなります。

もちろん私のお目当ては容保様。
昨年国立能楽堂の「みちのくの能・狂言」というテーマの展示で、「会津は金春流と宝生流」という記載を見ましたが、今回、容保様所有の鼓(桐蒔絵鼓)が飾ってありました!! 宝生流だそうです。なんでも偉い方が舞う時に、容保様が鼓を担当されたのだとか。や、容保様も偉いけど。えっと、将軍とかが舞う時だっけ? 一橋とか書いてあった気がしないでもないけれど……慶喜でもなかったと思うし……う、うー???←忘れるの早過ぎ

ちなみに、この鼓、福島県立博物館が所有している物との事。
昨年、福島県立博物館行ってるんだけどなぁ。その時はなかったです。
ここに当時の記録が残っています。鼓があって、私が素通りした筈はないっ!!
丁度今回のようにどこかに貸し出されていたのかも知れませんね。

あとは容保様の書状。意味はわからないのですが「新撰組」「抜群」などの文字が見えて、新撰組が抜群の働きを見せたという事ですか!? と興奮してしまったのでした。最初説明をして下さる方がいらして、「わからない事があったら質問して下さい」っておっしゃっていたので、「これの意味教えて下さい」と聞こうと思ったのですが、いざ探すといらっしゃらない(>_<)。意を決して、「さっきいらした解説(?)の方は?」と聞いてみたのですが、講演中と言われてしまいました。残念。
図録も見たけれど、意味までは載ってなかった~
特別展は写真撮影禁止でした。それも残念。

Takasu3 Takasu4_2

右の写真クリックすると大きくなります。

常設展の中には内藤新宿の模型がありました。
内藤新宿といえば、甲陽鎮撫隊が甲府に向かう際のスタートの地。
が、私が連想してしまうのは……ごめんなさい、飯盛女
えっと、内藤新宿は宿場町で、宿場町に女性がいるのは当たり前なのか、あるいは内藤新宿は特にその手の店が多かったのか、実際の所は全く知らないのですが、新選組隊士達が遊んだというイメージがあってつい。

そんな事を考えながら、模型を写真に撮っていたら、人が少ないせいもあり、係の方に話かけられてしまいました。
思わず考えていた事を口にしてしまう私(爆)。
が、肝心の「飯盛女」という言葉が咄嗟に出てこなくて、「女性のいる店はどこですか、芸者じゃなくて、えっと……」とアブない人のような発言をしてしまうのであった。
幸い「ああ、飯盛女ですね」とすぐにわかって頂いて良かった。
なんでも、大っぴらにしていたわけではなく、二階建の建物の二階にそういう女性がいる事が多かったんだそうです。二階建ての建物、ありすぎてわかんないよ。
が、飯盛女以外の話をしたいというのがひしひしと伝わって来たので、当たり障りのない宿場町の話を聞いて、その場を後にしたのでした。

Naito1 Naito2

この入口を土方さんも通ったんだろうなぁ。

その後は近くにある、高須藩の上屋敷跡へ。
車力門通りから入ります。
車力門は高須藩上屋敷の門の一つだそうです♪

Araki1

まっすぐ進んでいくと、とんかつ屋『鈴新』発見!!
容保様の誕生日である29日を毎月「容保の日」とする容保様びいきのお店という事で興味津々でした。生憎この日は準備中。
しかし、店の裏にはこんな案内が貼ってあるのでした。

Katamori1b Katamori2b

どちらもクリックすると大きくなります。

すぐ近くには金丸稲荷神社。dさん、お読みになってるかな? ここ、前にも通りましたでしょうか?(私信)

Araki2 Araki3

ここも屋敷内との事。
広~いお屋敷だったんだろうなぁ。

あまりにも広いので、「容保様はこの辺で生まれた」でいいんですけど、『鈴新』の裏に貼ってあった説明書きには「荒木町19番地で生まれた」とまで書いてあったので、やっぱり19番地を探してしまいました。

Araki4 Araki5

こんな感じの坂がいくつもありました。

近くに『FMステーション』誌(古っ)の表紙になりそうな大きな車が停まっていました。
そこに建っていたマンションがまた強烈で、思わず激写してしまった。ガウディか!(違)

Araki6 Araki7

|

« 第七回 新宿文化寄席 夢の三人会 | トップページ | MANSAI◎解体新書その弐拾四 STARMAN »

コメント

キャーっ!!ステキ☆ 高須四兄弟展なんて!!こんなマニアックな展示会が開催されてるなんて全然知りませんでしたよ~!!
早速行かなくてはっ!!まだやってますよね??
「鈴新」も行ってみたいなぁ。。
ところで、あまり知られていない?!お笑いコンビの名前も気になります(笑)

投稿: dandara | 2014.11.01 21:45

dさんもといdandaraさん
お読み頂けて良かったです~。
以前皆さんと青山霊園に行った帰りに四谷に行きましたが、「あれってこの辺でしたっけ?」と伺いたかったんです!
お岩稲荷は見たようですが、金丸稲荷は行ってなかったでしたっけ?

高須四兄弟展は11/24迄なので、まだ大丈夫ですよ♪
東京で、容保様が迎えてくれる展覧会を見られるとは夢にも思ってなかったので嬉しかったです
実はこの展覧会期間中に松平保久さん(会津松平家14代当主)の講演会もあったので、申し込んだんですが、100名の定員の所に266名の応募があったそうで、あえなく落選してしまったのでした(>_<)。無念。

お笑い芸人さんは……
すっかりマイナー扱いしてしまって今更名前を出すのも申しわけない気が
「オイルショック!」のギャグでお馴染みといえばdandaraさんならわかりそう

投稿: YAGI節 | 2014.11.02 22:53

あは♪やはり私でしたか(笑)四ッ谷あたりを散策したのは覚えているですが金丸稲荷は記憶になかったのでもしかして私じゃなかったら恥ずかしいゎと思いその件には触れずコメント残しました(^-^;
でもこの近くを歩いていたかもですね!私もお岩稲荷と土方さんの親戚筋の方ゆかりの地でしたっけ?食事をした風月堂は覚えています(^^)

早速次の休みに行って来ようと思っています♪
松平保久さんの講演ですか!!私も行きたかったなぁ。。でもマニアックかと思いきやかなり人気なのですね!流石、殿の御子孫ですね。

オイルショック!黒渕メガネのあの方ですね!(笑)

投稿: dandara | 2014.11.03 00:15

dandaraさん
方向音痴な私、それでも自分で地図を見ながらだといくらか憶えているのですが、人に連れて行って頂いたりすると、どこ歩いているかさっぱりわからなくなっちゃいます~
お岩稲荷も金丸稲荷もどちらも最寄り駅は四谷三丁目だけれど、方角は違いますねぇ。
そして、食事をしたのは風月堂でしたか。忘れてました

黒ぶちメガネ、ビンゴです! さすがdandaraさん♪
そして、メガネかけてない方の人は、わからない私であった……。

投稿: YAGI節 | 2014.11.04 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第七回 新宿文化寄席 夢の三人会 | トップページ | MANSAI◎解体新書その弐拾四 STARMAN »