« 新春名作狂言の会 2015 | トップページ | 歌舞伎フェイスパック »

2015.02.04

歌舞伎座の豆まきとか

体調がすぐれない為、少し控えていた観劇活動。
歌舞伎は長丁場なので、ちょーっと不安もありました。
が、もうすっかり調子が良いので、行っちゃう事にしました。

実は何年も前から節分に歌舞伎座に行きたいと思っていました。
毎年豆まきをやっているからです。

恒例行事だと思うのですが、昼の部にやるのか夜の部にやるのかがわからないので販売開始直後に問い合わせてみると「決まってません」との返事。
1月の末に問い合わせると、「昼の部の後にやります」と教えてもらえましたが、昼の部のチケットを買えば良いのか夜の部のチケットを買えば良いのか尋ねてみると「まだ稽古中なので…」との返事。リハーサル次第で変わるのだろうか…?
前日に問い合わせてようやく「昼の部のチケットで見られます」という返事をもらえました。
という事で昼の部のチケットを予約して、いざ歌舞伎座へ。

歌舞伎座が新しくなってから訪れるのは初めてです。
東銀座駅の改札を出ると新しいお土産屋がたくさん並んでました。新商品もたくさんあって楽し~。
オープン直前に訪れた時はこんなに賑わってなかったよ!

S2 S1

ひな人形も飾ってありました♪

東銀座駅と歌舞伎座のビルは直結している気がしますが、券をもぎって貰うには一旦地上に出なければいけないようです。

地上から見る外観は旧歌舞伎座とほぼ同じ。

Ka1 Ka2

左:以前の歌舞伎座 右:現在の歌舞伎座

圧倒的な違いは高いビルなのですが、「背後に別の建物が建っている」という風にも見えますね。

Tate

その背後から劇場部の屋根を見るとこんな感じ。

Yane

私が買ったのは一番安い3階B席ですが、結構見やすかったです♪
思ったより舞台が近くに感じられました。
そのせいか、前後の席間は狭い。
多くの劇場は座っていてもその前を人が通る事が可能だと思うのですが、ここは無理ですね。立たないと通れない。最近の劇場はそういう所が増えてるかも? あるいは安い席だけだろうか?
奥だった私は出入りが億劫になってしまって、休憩時間もずっと動きませんでした(爆)。

ほぼ中央の席で花道は3割位見えました。もう少し右寄りを取ればもっと花道が見えたと思うのですが、あまり右にすると花道は遠くなるし、舞台も見づらくなるので兼ね合いは難しいですね。

しかし、私ときたら…この日の前日は仕事が忙しく、寝るのが朝の4時位になってしまいました。当然寝不足。そして上演中に睡魔が……。
久々の歌舞伎観劇だというのに、かつてない程寝てた気がします(恥)。ごめんなさい、ごめんなさい。
特に見たい演目でもなく、贔屓の役者さんが出ていたわけでもなく、豆目当てというのがそもそも間違ってます

眠い中でこの日一番興味を引かれた演目は『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』。
ここに出てくる良峯少将宗貞というのは、なんと出家前の遍昭だというではありませんか!
遍昭といえば、ここで書いた『歌仙』で野村萬斎さんが演じて以来すっかり気になる存在となってしまったお坊さん。
以前「イケメンに描かれていたためしがない」なんて書いてしまいましたが、今回は紛れもなく二枚目な役な気がする。
小野小町の元彼だって。好きなタイプかと聞かれると困ってしまいますが、カッコいい設定の筈だっ!!
いや~遍昭にこんな過去があったとは驚きました。
『歌仙』でも小町と共演しているけれど、相思相愛には見えなかった。
遍昭の思わぬ一面が見れて興味深い『積恋雪関扉』でした。
もっとも、これ、史実とは違うらしいですね。

この日の小町役は萬斎さんとは親子役を演じた事もある尾上菊之助さん。
小町&墨染(実は桜の精)という一人二役(三役ともいう?)でしたが、きれいだったなぁ。
特に桜の精の時の衣装はピンクでとってもかわいかった。
あそこまで薄いピンクが似合う男性は女形でもそうそういないっ!!
かわいいのに勇ましく戦っちゃうのがまた素敵でした。
萬斎遍昭と菊之助小町の共演を見たいと思ってしまった私です。

そしていよいよお待ちかね、豆まき!!
サービス精神旺盛な尾上菊五郎さんは、なんと赤鬼の格好をして登場。
その他、松本幸四郎さん、中村錦之助さん、中村児太郎さん、坂東巳之助さんなどが出て楽しませてくれました。
(その模様は歌舞伎美人のサイトのここに載ってました)

Mame1 Mame2

あいにく撒いた豆は3階までは届かないのですが、全員に行き届くように係の方が配ってくれました。ありがとう♪

Ka3帰りは歌舞伎座ギャラリーに寄って『歌舞伎は旅する大使館』展を見てきました。
海外で上演された事の多い作品トップ3になんと『連獅子』と『棒しばり』という能狂言でお馴染みの演目2本がランクインしており、その小道具と衣裳と松羽目が飾ってありました(『連獅子』の元ネタは『石橋』)。
『連獅子』はともかく、『棒しばり』の衣裳はもろ狂言ですよねぇ(^^)。
残る1本は『藤娘』。
あの独特の帯を近くで見られたのは嬉しかったです。藤の花の模様が「ふじ」という字になってるのは面白いのですが、ずっと見ていると気味悪くなってくるのは私だけでしょうか(^_^;)。
太鼓を叩けたのも楽しかった♪

スヌーピーと歌舞伎がコラボしたグッズが多数売っていて感動!!
キティちゃんは見た事あったけど、スヌーピーグッズは知らなかった。
どれを買おうか迷った末、一枚で色々な表情のスヌーピーが見られるこのクリアファイルと付箋を買いました。
スヌーピーの付箋、この前買ったばかりだけどね……

Sn1 Sn2

クリアファイルなんて使わないんだけど、一枚に藤娘も大石内蔵助も弁慶もいるんだもーん。

Snf2 Snf1 Snf4 Snf3

子供の頃からキャラクターグッズには興味のなかった私ですが、唯一の例外がスヌーピーでした。
後に、ムーミンとかスイカのペンギンとかも好きになっちゃうのですが(^_^;)。
もう一つ、自分用の面白いお土産を買いましたが、それについては改めて(^^)/

さらにその帰りは大國魂神社の豆まきを見学。
稀勢の里関をかなり至近距離で、紫吹淳さんはかなり遠目で見る事が出来ました。
密度の濃い一日でした。

|

« 新春名作狂言の会 2015 | トップページ | 歌舞伎フェイスパック »

コメント

Very descriptive blog, I enjoyed that bit. Will there be a follow up?

投稿: Foster | 2015.02.22 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春名作狂言の会 2015 | トップページ | 歌舞伎フェイスパック »