« 野川の桜(小金井)2015 | トップページ | 会津旅行2015 »

2015.04.16

芸人本

最近、中田敦彦さんを「面白いなー」と思ってます。
「武勇伝」で「あっちゃん、カッコイイ!!」と言われてたあの「あっちゃん」です。
もともとオリエンタルラジオはかなり好きだったんですが、最近は発言が面白いなぁと。

「ほほー」と思う発言を度々聞かせてくれる「あっちゃん」ですが、特に面白かったのは『しくじり先生』。
彼の回があまりにも面白かったので、その後も見たいと思いつつも、深夜番組なので結構見逃してました。
そんな『しくじり先生』、今度ゴールデンタイムに進出するというではありませんか!
しかも初回のゲストが堀江貴文さんって、楽しみすぎ(笑)。

話が逸れました。

芸人前夜 (ヨシモトブックス)「あっちゃん」が、本出したら面白いだろうなぁと思いました。
「出せばいいのに」と思ったら、私が知らなかっただけでとっくに出てました。
『芸人前夜』という本です。
近所の図書館にはなかったので、隣市の図書館から借りてきて読んでみたら……

面白かった~っ!!

電車の中で読んでたんですが、止まらなくなっちゃって降りてからもしばらく読み続けてしまった程。「歩きスマホ」ならぬ「歩き読み」。

「芸人さんの書く本ってこんなにも面白いのか」とちょっと感動しました。
そういえば、昔島田紳助さんと松本人志さんの共著(『松本紳助』)を読んで「2人共それ程好きじゃなかったけど、この本はすごく面白い!!」と思ったっけ。
(でも、たけしさんの本はあまりピンと来なかったっけ)

天才になりたい (朝日新書)他の芸人さんの本も読みたくなっちゃいました。
Amazonの「この商品(『芸人前夜 』)を買った人はこんな商品も買っています」というコーナーに載っていた本の中から近所の図書館にあった本を2冊借りてみました。

まずは山里亮太さん(南海キャンディーズの山ちゃん)の『天才になりたい 』。
朝日新書です。
若手(中堅?)芸人さんの本が新書で発売ってすごいなぁ。
こちらも面白かった!!

京大芸人 (幻冬舎よしもと文庫)続いて菅広文さん(ロザンの「宇治原さんじゃない方」)の『京大芸人』。
これも面白かった!! 2時間で読めた(笑)。

又吉直樹さん(ピース)の『東京百景』も借りようとしたら、予約が20件以上入ってました。げげげっ。
気長に待つ事にします(^_^;)。

という感じで、ここ2週間で3冊の芸人本を読みました(『東京百景』も読めてれば今月を「芸人本月間」と呼んだのに……)。
共通して面白かったのは相方探しの話。
三人共、どちらかといえば「じゃない方芸人」だと思うんですが、相方を「誘った方」でありネタを「書いてる方」だったんですね。
面白いネタを書ける人なら、面白い本も書けちゃうという事か。
あ、ロザンのネタは見た事ないけど(爆)。
でも、
「京大入ってや」
「なんで?」
「芸人になったとき売りになるやん」
というやりとりは凄すぎ。まるでコントみたい。

3組とも吉本興業所属なのが、また興味深かったです。
『芸人前夜』を読んでNSC(養成所)のシステムがなんとなくわかった後に『天才になりたい』を読むと「同じNSCの生徒でも随分違うんだなぁ」と面白かったし、その後に『京大芸人』を読むと「あらっ、NSC行かなくても吉本入れちゃうんだ、菅さん、すごいなぁ。あ、でも、このオーディションはやっぱり受けたんだ」等と比較出来るのも楽しかったです。

『芸人前夜』と『天才になりたい』には他の芸人さんの話が出て来るのも興味深かったなぁ。
同期の「はんにゃの金田」を見た時の「あっちゃん」の反応が面白かったし、『天才になりたい』に出て来たキングコングはインパクトありました。
売れる人はデビュー前から輝いてるもんなんですね。輝いてるからデビュー出来るのか。

芸人としては3人の中では菅さんが一番マイナーだと思うのですが、この3冊の中で一番売れたのは『京大芸人』なのかな?
今調べてみたら、ロザンは宇治原さんのクイズの賞金も菅さんの本の印税も折半なのだとか。
ちょっと前にそれを聞いたら、「えーっ、宇治原さんかわいそう」と感じたと思いますが、今の私には宇治原さんと菅さんのどちらが稼いでいるのか全くわからない……(^^;;;;)。

|

« 野川の桜(小金井)2015 | トップページ | 会津旅行2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野川の桜(小金井)2015 | トップページ | 会津旅行2015 »