« 頑張らずに頑張って | トップページ | A REALITY TOURの記事アップしました »

2015.12.28

新宿 PIT INN 50周年記念ジャズフェス

有馬記念、全日本フィギュアなど、気になるイベント目白押しの27日でしたが、私が足を運んだのはこちら。

Pit

老舗名門ライブハウス『ピットイン』が50周年を迎えたそうです。
その記念公演が「新宿ジャズフェスティバル2015」という名前で2日間に亘って開催されました。

すみません、私、ピットインには行った事ありません(爆)。
でも、このジャズ・フェスの参加メンバーが物凄いんです。超豪華なんです。
「行きたいなぁ、ちょっと(私にとっては)高いけど、チケット買っちゃおうかなぁ」なんて言ってました。
すると、その言葉を伝え聞いた副業先のおばさま(ムーミン・フィギュアの方とは別人です)が、なんと招待券を入手してくれました。ぎゃー

なんでも(?)、言ってみるもんですね~。
いえ、その方に直接言ったわけじゃないんですよ。
「なんで、行きたがってた事知ってるんですか!? なんで伝わってるんですかっ!?(驚)」って感じ。
噂話を影でされるのは普通は喜ばしい事ではありませんが、こんな嬉しい噂話もあるんですね。バンザーイ!!

という事で行ってきました。13:00~19:00、6時間という長丁場。予定より押していたので7時間近かったかも。
ずーっと1人で観てました。物好きですね(^_^;)。
フェスは初めてではないけれど、友人と一緒の場合は途中で休憩したり食事を取ったりするのでぶっ続けで観る事はありえません。が、今回は1人だったので空腹はお菓子で誤魔化し、全部観ちゃったのでした。こんな事初めて。

ナチュラリー一番感動したのは渡辺貞夫さん。
渡辺さんのコンサートは12年前に観たきりでした。
なんか当時はブラジル音楽だとかアフリカ音楽だとか、ちょーっと私の好みとは違う方向に行ってしまっていて、「演奏は素晴らしいけど、コンサートはもう観なくても良いかな」なんて思ってしまったんです。
が、今夜観た渡辺さんは私が観たかった、聴きたかった渡辺さんでした。
しっとりした曲をそれはそれは美しく奏でてくれて……涙出そうだった!!
音も良かったです。
以前聴いたのはオーチャードホールだったけど、あの曲(タイトルわからない~)だけで比較したら新宿文化センターも遜色ないかも。

あ、そうなんです、ピットインの記念イベントなのに、新宿文化センターで行われたのです。
キャパの問題ですね。

音といえば、ピットインはすごーく音にこだわっているそうです。
社長さんは「世界一音がいいライブハウス」と豪語されてましたよ。そうなんですか?

渡辺さんの話に戻って……
12年前の当ブログには「70歳越えていらっしゃるのに若々しい」なんて事が書いてあります。ただし、「歩き方や佇まいはお年寄りのようなのにサックスを吹き出した途端にそんなイメージが吹っ飛ぶ」みたいな事を書いてました。
が、今夜の渡辺さんはサックス吹いていない時も12年前より若く感じられました。
12年前は『マイ・ディア・ライフ』を吹いてくれなかった事を悔しがっていましたが、今夜もやはり『マイ・ディア・ライフ』はありませんでした。残念。

渡辺さんの次に私の心を射止めたのはオルケスタ・リプレ featuring スガダイロー&RONxll!!
何あれ、すごい~~~~~っ!! 楽しかった~~~~~っ!!
いえ、別にネタをやるわけじゃないですよ。でも「ああ、音楽って楽しいよねっ!!」と思わせてくれるパフォーマンス。
今夜は「プレイズ・デューク」と銘打ち、デューク・エリントン・ナンバーを披露してくれました。やっぱり知っている曲の方が盛り上がりますね(^_^;)。
もともと"Caravan"とか大好きなんですが、オルケスタ・リプレ・ヴァージョン最高でした。タップダンスもカッコ良かった!!

動画があったので貼ってみます。生の方が断然いいんですが。

あとはやっぱり日野皓正さんかな~。
スーパースターのオーラがありました。
若者を引き連れて登場したんですが、キレキレですごい(音楽が)カッコイイ!!
2曲位演奏した後に英語のMCを入れてきて、うわっ、MCもカッコイイ?……と思ったらすぐに日本語になって、ビートたけしさんみたいになってしまって、ギャップにびっくりでした。うん、なんかその辺にいそうな「おじちゃん」って感じでした(^^;;;;;)。
トランペットって花形だとは思うんですけどきっと難しい楽器なんですよね。
アマチュアの吹奏楽団では大体トランペットが足を引っ張っている。
もう「トランペットは大目にみてあげなきゃダメだよね?」なんて思っちゃうんですが、さすがに日野さんは違いますね~。素晴らしかったです。
ピアノのゲストとして大西順子さんが登場。
チラシには載ってなかったので嬉しいサプライズでした。
大西さんって、引退されてたんですか(知らなかった)。今年復帰されたそうです。細々と活動しているとおっしゃってました。

好みというわけではないのですが、吉田美奈子さんを見れたのも貴重だったかな♪

ちょーっと眠くなってしまった場面もありましたが(^_^;)、思った以上に短く感じられた6時間でした。
あと2~3時間やってくれても大丈夫ですよ(笑)。

|

« 頑張らずに頑張って | トップページ | A REALITY TOURの記事アップしました »

コメント

明けましておめでとうございます。
昨年はこのブログを発見して、YAGI節さんと再会できたことをとてもうれしく思います。
今年はYAGI節さんのように、自分の好きなことを追求できればなぁと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

>>大西順子

彼女を観られたのは貴重ですね。
長い間、引退していましたから。

ラインナップ的には、26日の大友良英・菊地成孔・山下洋輔のほうに魅力を感じますが、
YAGI節さんの好みには合わないような気がしますね(^^;)。

投稿: cake | 2016.01.01 12:13

cakeさん
あけましておめでとうございます。

10年前ならいざ知らず(笑)、2015年にcakeさんが当ブログに来て下さるなんて、想像もしてませんでしたよー。嬉しいサプライズでした。
ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

このジャズフェス、両日共素晴らしいメンバーですよね。
チラシの写真ではわからないと思うのですが、実は26日のドリーム・セッションには近藤等則さんの名前があったんです。無茶苦茶観たかった!!

>YAGI節さんの好みには合わないような気がしますね(^^;)。

いえいえ。
『あまちゃん』は観ていなかったんですが、あのテーマ曲は大好きなんで、大友良英さん観たかったです!!
菊地成孔さんも興味津々。
山下洋輔さんはむかーし、コンサートで観た事あります(^^)v。

投稿: YAGI節 | 2016.01.04 21:27

こんにちは!

大友良英は「あまちゃん」の音楽のおかげでメジャーになりましたが、
昔はものすごくアヴァンギャルドな音楽をやっていたんですよ。
ほとんど騒音みたいな曲とかもありました。
この時期の作品では「Null & Void」とかがお薦めですが、
あまちゃんのイメージで聴くとびっくりすると思います(^^;)。
だから大友良英が朝ドラの音楽をやると聞いたときは、
「まさかまさか、ありえないでしょ!?」と思いましたね。

でも、山下洋輔が大丈夫だったら、昔の大友も大丈夫かも(^^;)。
最近の山下洋輔はチェックしてないのですが、
今でも肘で鍵盤を叩いたりしているのでしょうか(笑)。

投稿: cake | 2016.01.05 13:33

cakeさん
こんにちは!
ジャズにお詳しいんですね。

気付くの遅すぎてお恥ずかしいのですが、大友さん、『ロング・グッドバイ』の音楽も担当されていたんですね!!
私、当ブログで『ロング・グッドバイ』の音楽を誉めていたのに、気付いてませでした

今ウィキペディア見て来ましたが、すごい仕事量ですね~(驚)。

投稿: YAGI節 | 2016.01.06 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張らずに頑張って | トップページ | A REALITY TOURの記事アップしました »