« 追いかけたいの!(道成寺) | トップページ | 新車(?)購入 »

2016.12.03

待つ方と待たれる方ならば、どちらが苦しいか

今日のタイトルはアニメ『刀剣乱舞』のセリフから取りました。

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の一 通常盤「すごくハマってる」とか「大好きheart04」という感じではないのですが、録画してがっつり観てます(^_^;)。
そして、「乙女の心を掴む為の仕掛け(?)が、よく考えられてるなぁ」と感心してます。

まず、女性が全く出てこない所がすごい。
まるで宝塚の男性版です。
「宝塚の男性版だったら、歌舞伎って言った方がいいのでは?」とつっこまれそうですが、違うんです。
「清く正しく美しく」って感じがするんです。
歌舞伎は結構ドロドロした話がありますよね。そして、歌舞伎役者さんは「芸の肥やし」といわんばかりに遊んでる人多そうだし。
なので、「宝塚の男性版」の方が、しっくりきました。

元ネタがゲームという事で以前比較に出した『薄桜鬼』のアニメは、ヒロインが女性でした。
ヒロインに自分を重ねてうっとりと観ている人もいたかもしれないけれど、「あのヒロイン嫌い」と言っている人も多かったみたいです。「土方さんとイチャつくなんて許せない、きーっangry」みたいな?
ゲームだったら自分が操作するヒロインに自分の名前を付けてみたりして少しは感情移入が出来るけれど、アニメのヒロインはそうはいきません。思い通りに動いてくれないし、完全にプレイヤーの手からは離れちゃってるんですよね。
その点、『刀剣乱舞』の「主(あるじ)」は極度の出不精(笑)という事で全く姿を見せない、声も出さない、名前もわからないという徹底ぶり。審神者(さにわ=このゲームのプレイヤーの事をそう呼びます)の象徴となっています。うまいなぁ。

そして、刀剣男(=刀剣が擬人化されたもの、ずっと勘違いしてましたが、「男子」ではなく「男」だそうです)達が、まぁよく出来ている。
乙女の理想の男性像の見本市とでもいったらいいんでしょうか?
白馬に乗った王子様タイプもいれば、ワイルド系もいる。たくましいタイプもいれば、繊細なタイプもいる。渋いタイプもいれば、かわいいタイプもいて……などなど。

で、基本的には優等生なんですよね~。
やんちゃなタイプやお酒が手放せない男士もいるんですが憎めません。「アルコール中毒で暴力をふるう」なんてネガティブな事には当然なりません。
辛く悲しい過去を持っていても、普段は明るく健気で元気。まさに、「清く正しく美しく」って感じなのです。キラッキラしてますshine
ああ、そうだ、大河ドラマの『篤姫』に出てきた徳川家茂(松田翔太さん)とか『江』の佐治一成(平岳大さん)みたいな感じですよ。田渕久美子さんが描くような非の打ち所のないキラキラ男子ですね。私、以前、当ブログで、あの家茂に関しては「一昔前の少女漫画に出て来そうなキラキラ美少年。もう実在の人物とは思えません」、佐治一成については「照れて見てられない程だったよ」と綴りましたが、まさにあの感じです。
というわけで、『刀剣乱舞』は照れながら観ている次第(笑)。

刀剣乱舞 ONLINE 色紙ART(再販) [4.一期一振](単品)タイトルにしたセリフもすごいです。
一瞬「は? 待つ方が苦しいに決まっているでしょ?」と、思ってしまった私は恥じ入るばかり。このセリフは「一期一振」という刀剣男士が弟達を思って呟くセリフなのですが、ほんっと弟思いで、弟達を待たせて辛い思いをさせている事を苦しんでいる事が伝わってきました。あんな優しいお兄さん、私もほしいなー(笑)。
「あーっ、もうこんなの、照れ臭くて見ちゃいられない」なんて思いながらも、たまに、ずきゅんとやられている私でした(爆)。

昨日、電車の中でゲーム版の『刀剣乱舞』をやっている人を見かけました。
すぐ側でやっていたので、ついつい凝視してしまいました(^^;;;;)。
その人が隊長にしていたのは、まさにこの「一期一振」。やっぱり人気あるのかなー。
このゲーム、以前ここに記したように、私も今年の7月から遅まきながら始めました。現在もやっています。
なんか、終わりがないんですよね、やめ時がわからない……って、前にもそんな事書いたっけ。

ちなみに新選組ファンの私は、和泉守兼定・加州清光・大和守安定・長曽根虎徹・堀川国広はゲットしましたが、和泉守兼定以外ほとんど使わなくなってしまいました……。
一番使ってるのは薙刀の岩融(いわとおし)だったりして。
特に好きというわけではないんですが、強くて便利なので(^_^;)。
武蔵坊弁慶が使っていた薙刀だそうです。

|

« 追いかけたいの!(道成寺) | トップページ | 新車(?)購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追いかけたいの!(道成寺) | トップページ | 新車(?)購入 »