« 斎藤さん | トップページ | I'm Waiting For The Man »

2017.01.25

好事魔多し

今日は新春名作狂言の会を観に行く……筈でした。
なのに、こんな日に限って仕事でアクシデントが。
「ひゃっほー、これを私がやれるのか♪」というような嬉しいお仕事で、すごーく張り切っていたのに、なんでそうなるかな。

なんか、泣きそうでした。
すっかり落ち込んで、もう狂言なんて観ずに帰っちゃいたい気分でした。20分位遅刻しそうだったし。
でも、こんな時に限って最前列でした。
ムダにするのは勿体なさ過ぎ。
迷ったあげく、行く事にしました。

最初は、この狂言の会恒例のトークです。
途中から入るのは気が引けるので、「トークが終わってからの入場でもいいや」と思っていたのですが、「ご案内します」と誘導されてしまったのでした。
ぎゃー、すみません、すみません。

着席したのはいいんですが、ちょっと走ったせいか、咳出そう……(喘息です)。
今日も野村萬斎さんのトークは冴えているので、笑いが起きます。笑いが起こった時に誤魔化して咳してみました。
が、静かになるとつらい。
「萬斎さん、早く終わって~」なんて失礼な事を思ってしまう私でした。
咳をこらえるのに必死で、トークに集中出来ないsweat01

萬斎さんのトークが終わっても、休憩はなく、すぐに万作さんの小舞が始まってしまいました。背もたれに体を付けると咳が出そうなので、ちょっと浮かしていたら、「すみません、見えないんで、深く座ってもらえませんか」と隣の人に注意されてしまいました。
ぎゃー、しまった!!
慌てて謝り、背もたれに背を付けます。
……ダメだ。やばいかも……。

そうこうしているうちに、『末広がり』が始まりました。
うー、咳出そう。あれ、大丈夫かも? いや、やっぱりダメかも。
なんて葛藤しながらなので、全然観た気がしません(汗)。
何度目かの波の後、「やっぱりダメだーっ!!」となり、退席しました。最前列は遮る物がないので、移動はラクですね。邪魔にならないよう腰を屈め、逃げるように退出……しようと思ったら、チラシだったか眼鏡だったか、なんか落ちた(涙)。慌てて拾い、一番近くの扉から転がるように、外に出ました。
「これで思いきり咳が出来る!」と思い、咳き込んだら、背後の扉が完全には閉まってなかった(滝汗)。

という事で、周囲の皆様には多大な御迷惑をかけてしまいました。すみません、ごめんなさい、本当に申し訳ないです。

そして、茂山家のみなさま、決して狂言がつまらなくて途中退席したとかじゃないですからーっ!

廊下で咳をしまくっていたら、ジェントルマンな係員さんが「大丈夫ですか?」と、お水を持ってきてくれました。おかげで、ちょっと咳も治まってきたので、休憩後の萬斎さんご出演の『業平餅』は観て行こうかとも思ったのですが、万が一また咳が止まらなくなったらホントいたたまれないし、「遅刻した挙げ句に出たり入ったりって、一体どういう人なんだ」と白い眼で観られる事間違いないので、泣く泣く帰る事にしました。うううううう。

はーーーーーーーーーーー。(溜息)
新春名作狂言の会って、萬斎さんの恒例のイベントの中ではトップクラスに楽しみにしている物で、しかも最前列でとっても嬉しかったのに……冒頭に書いた仕事の件といい、好事魔多しですね。
狂言を観る前は「あー、もう働きたくない。毎日遊んで暮らしたい」と思いましたが、遊ぶ事すら出来ないとは(>_<)。
ちなみに、今は全く咳出ません。そういうもんなんだよなぁ。

私はよく、「喘息ですけど、発作とかはないです」なんて言ってたんですが今更ですが、ひょっとしたら、こういうのは発作っていうのかも?
一応会社には喘息の吸入薬を置いてはあります。
帰りに吸っとけば良かった……。

|

« 斎藤さん | トップページ | I'm Waiting For The Man »

コメント

あ~、すごくよくわかります。

ふだん映画を観るときには飴か水が必携なのですが、たまに忘れたり手に入れられなかったとき(飲物持ち込み禁止の映画館で飴類も売っていなかった)に限って咳が出るんですよね。というか「こんなときに咳が出たらどうしよう」というプレッシャーで出るんだと思う。

コンサートなら音が大きいので多少の咳なんてまったく聞こえなくなるから安心なんですけどねえ。

それにしても、せっかくの機会が残念でした。これからはバッグの中に吸入薬を常備しておくと安心かも。

投稿: shoh | 2017.02.08 20:21

shohさん
歌舞伎でも、途中退席した事があったような気がします(>_<)。
それは長時間の公演だったんで、また席に戻ったような朧気な記憶が。

大学生の時、授業中に咳が止まらなくて退出した事もあります。
当時は「なんか私、気管支弱いかな」と思ってましたが、喘息は子供がなるものだと勘違いしていたので、大人になって喘息と診断されるとは想像出来ませんでした。

shohさんが咳をしている姿って記憶になかったので、喘息と伺った時は驚きました。
うまくコントロールしていらっしゃるんですね。
もっとも、ボン・ジョヴィの演奏中は気付かない(笑)。

吸入後はうがい必須なのが、外出時は困ります~。

投稿: YAGI節 | 2017.02.08 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 斎藤さん | トップページ | I'm Waiting For The Man »