« デヴィッド・ボウイ写真展ツアー その2 | トップページ | 京都旅行2017夏 その3 »

2017.07.14

京都旅行2017夏 その2

続きです。

ボウイ・ファンの皆さんと別れて、次に目指したのは六角堂。
映画『花戦さ』の舞台になった場所です。
京都国際観光大使の佐々木蔵之介さんのおススメの場所でもあります。
……って、佐々木さんも『花戦さ』に出てるから、六角堂をおススメされただけかもしれませんが(^_^;)。

で、最寄り駅である烏丸御池に地下鉄で行ったんですけど、地上に出た瞬間、あまりの大雨にひるみました。
傘をさしても濡れるレベルです。
が、そういえば、京都駅で岡田さん(前回のブログに登場)が「また、きっとやむ」みたいな事をおっしゃっていたっけ。何でも前日にもにわか雨が降ったけれど、すぐやんだのだそうです。
なので、その言葉を信じて、六角堂は後に回す事にして、先に蔦屋に行ってみる事にしました。前回書きましたが、お目当ては「『デヴィッド・ボウイの愛したものたち』フェア」です。数時間前に行ったばかりですが、再び地下鉄で東山駅へ。

東山駅の地上に出てみると……雨の勢いはおさまってません。
出口は雨宿りの人で大行列(^_^;)。
ここの階段は広かったので、雨宿りの人が列を作っても、駅に来る人の邪魔になる事はありませんでした。東京の地下鉄では、すれ違うのがやっとのような狭い通路の出口もよくあるのですが、そんなんじゃなくて良かった。
ただし、外から駅に来る人は雨宿りの人に凝視されます(^_^;)。
「うわー、この人、傘さしてたのに、こんなに濡れてるよ。まだ外に出ない方がいいね」
みたいな感じで、濡れ具合をチェックされるのであった。
大きな荷物の外国人観光客もいました。お気の毒でした。あれで日本が嫌いになっちゃわなければ良いのですが(>_<)。

雨宿りしている間もスマホがあれば退屈しないんですが、気象情報をチェックしたら京都に「竜巻注意報」と「大雨注意報」が発令されているではないですか。しばらくしたら「注意報」が「警報」にグレードアップしたー(泣)。

迷いました。
もう夕方だし、ホテルに行こうか?
でも、せっかく京都来たのに、明るいうちにチェックインだなんて、もったいない。
んー、岡田さんは「やむ」っておっしゃってたし、降水確率もそんなに高くないんですよ。
なのに、大雨警報っていうのも矛盾しててヘンですが。ただ、ヘンって事はゲリラ感も強い。それに、別に蔦屋だから、雨止まなくていいんです。小降りになってくれさえすれば。傘さして濡れないレベルになってくれれば。

果たして……
小降りになってくれました!
「あ、これやむね」と言っている人の声も。
が、時間がもったいないので、それ以上は待たずに蔦屋へ向かいました。

京都岡崎蔦屋書店は、平安神宮のすぐ近くにあります。

He1 He2

「『デヴィッド・ボウイの愛したものたち』フェア」やってましたー。
「ここにしか売っていない」という稲妻柄のブックカバーも売っていて、買おうか随分悩んだのですが、あまり好きなデザインではなかったので見送りました。
HPには
「ボウイの愛読書100冊にも焦点を当て、厳選したタイトルを揃えました」
と書いてあったので、ボウイの愛読書が何十冊もならんでいる図を想像したのですが、ひょっとしたら日本語に訳されている物がそれ程多くないのかな。意外と少なくて、ちょっと残念。
でも、店内の目立つところにこんなコーナーが作られているのは嬉しい事です。
隣にはムーミンのコーナーが作られていて、それも嬉しかった(笑)。

蔦屋を出ると、雨は上がっていました。やった!

目的は果たしたので、東山駅へ戻ろうとしたのですが、途中で「南禅寺まで300m」という標識が目に入りました(500mだったかも)。
「そんなに近いんだったら寄ってみようか」と思い、急遽行ってみる事に。

Nan1 Nan2

ここで、近藤勇と鞍馬天狗が戦ったんですよねー(ドラマの話です)

今当ブログを調べてみたら、2005年に訪れてるんですが、その時は道に迷って南禅寺にたどり着いてしまったらしい。
「え、南禅寺に来る筈じゃなかったんだけど」なんて書いてました。
どうも私は南禅寺に引き寄せられるらしい(笑)。

しかし、雨宿りと寄り道のせいで、かなりの時間を使ってしまいました。もう六角堂は諦めるしかありません。
ただ、六角堂の最寄り駅の烏丸御池は乗り換えで使うし、フリーの一日乗車券なので、乗り降り自由。
「門見るだけでもいいや。隣のエレベーターから夜景を見れたらラッキーだし」と思い、一応六角堂を目指す事にしました。

果たして六角堂は……

Ro1 Ro2

フラッシュ焚けば、左のように撮れましたが、自分の目で見た印象はほぼ右の写真と同じ。
「何も見えねぇ」(北島康介さん風に)
門は閉ざされてます。

六角堂の隣のビルのエレベーターから六角堂を見おろせるという情報を入手したので、エレベーターに乗ってみたんですが、窓ないしー。
やっぱり「何も見えねぇ」
エレベーターの謎(という程大袈裟なものではない)については、改めて種明かしをします。

Gi Kumon

写真左:祇園祭を意識しているのか、アーケイドにはこんな飾りが
写真右:一日の疲れがこのポスターで癒されました! 山科駅で発見。京都でもお目にかかれるとは~(クリックすると大きくなります)

最後に京都新聞の記事を一部引用します。

 京都市内では8日午後3時半に最高気温35・5度を記録し、今年初めての猛暑日となった。南から暖かく湿った空気が入り込むなどして気温が上がり、夕方には大気が不安定となり一部で雷を伴う激しい雨が降った。左京区鹿ケ谷では5時台の時間雨量が46ミリ(京都市調べ)に達した。
猛暑日で大雨警報が出た日だったんです。 なんて日だ!(バイきんぐ)

続く

|

« デヴィッド・ボウイ写真展ツアー その2 | トップページ | 京都旅行2017夏 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デヴィッド・ボウイ写真展ツアー その2 | トップページ | 京都旅行2017夏 その3 »