« 東海お城めぐり 其の一 | トップページ | 第37回ジャパンカップ »

2017.11.26

東海お城めぐり 其の二

前の記事の続きです。

さて、「お昼は、矢場とん♪」とわくわくしながら名鉄名古屋駅で下車しました。が、名鉄百貨店のレストランフロアに上がってみると、『矢場とん』には無茶苦茶長い列が。きしめんのお店も長蛇の列が出来てたなぁ。やっぱり皆さん名物を食べたいんですね。

結局『銀座 天一』に入りました。銀座は毎日通勤で通過してるんですけど(>_<)。
もっとも、銀座の本店は結構お高くて、私には縁のないお店です。名古屋店の方がずっとリーズナブルとはいえ、これはこれで嬉しいかも。天丼おいしく頂きました。シジミのお味噌汁もおいしかった。グルメきっぷ、お得です!

◆岡崎城

Shiro27 Shiro28

Shiro13 Shiro29b

Shiro31b Shiro32b

子供時代(竹千代)と大人時代の徳川家康

Shiro33b Shiro34 Shiro35

左の2枚は背景違いますが同じ像です。右のは…家康生存時だったら、この像作るの反対してそう(^_^;)

Shiro36b

本多平八郎忠勝の像。槍長っ。
そしてこの槍が、『刀剣乱舞』でお馴染みの蜻蛉切(とんぼきり)!! って、私は未入手ですけどね。御手杵はLv99なのになぁ(ゲームの話です)。

家康にはそれ程興味ないのですが、この敷地内にある家康館には蜻蛉切の写しがあるというので寄ってみる事にしました。

Shiro37b

これは写真撮影OKの体験コーナーに飾られたレプリカ(クリックすると大きくなります)。やっぱり長っ。
重さを確認出来るモデルも置いてありました。長いわりには軽いと感じましたが、振り回して戦うのはとても大変そう……。

これの他に、展示室には先端だけが飾ってありました。「写し」となっていたのですが、ここでいう「写し」とはどういう事だろう? そういえば、『刀剣乱舞』(またゲームの話か)で、山姥切国広が山姥切長義の「写し」であるせいで僻んでいるような描写がありました。
「じゃ『蜻蛉切の写し』は何?」と思いウィキペディアで調べてみたら、「大笹穂槍」と書いてありました。あの展示室にあった「写し」は結局「大笹穂槍」だったのか?
「写しにもレプリカがあるし」など、翻弄される今日この頃。

◆吉田城

Shiro38b Shiro39

本当は、近藤勇の首が埋められているという噂の法蔵寺にも寄りたかったのですが、ちょっとミスをやらかしてしまい寄る時間がなくなってしまいました。
近藤勇の首の行方は東京(龍源寺)や会津など諸説あり、最近は会津説が有力らしいので、「法蔵寺にはない」って事で納得させようかと思ってます(爆)。

◆御菓子司 若松園本店
創業が江戸時代という歴史あるお菓子屋さん。
JR東海ツアーズさんのクーポンで貰えるお土産は結構な種類の中から選べるのですが、私はこちらの「黄色いゼリー」を選びました。井上靖さんの好物で、小説『しろばんば』の中にも登場するそうです(読んだ気がするけどよくおぼえてない)。1個378円の高級品。2個いただけました♪

Kashi1 Kashi2

「黄色いゼリー」はまだ食べてないのですが、ついでに買った最中は無茶苦茶美味しかった!!

◆とよはしキラキラ イルミネーション2017
豊橋駅前はとーってもキレイな事になってました♪

I01 I02

I03 I04

I05 I06

豊橋起点にして良かった!!
恐竜展示が充実してそうな豊橋市自然史博物館も寄ってみたかったです。この季節、暑くもなく寒くもなく(ちょっと寒かったけど歩いてれば丁度いい)、旅行に最適…といいたいところですが、日が短いのが玉にキズ。
でも楽しかったです。
歩数計は3万を越えてました。

|

« 東海お城めぐり 其の一 | トップページ | 第37回ジャパンカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海お城めぐり 其の一 | トップページ | 第37回ジャパンカップ »