« 平昌五輪旅行記・5 | トップページ | 曽根崎心中 »

2018.03.10

ロックの殿堂 ジャパンミュージアム

去年の9月から開催していた ROCK & ROLL HALL OF FAME JAPAN、「ロックの殿堂 ジャパンミュージアム」、今日が最終日というので慌てて行ってみました。

R03

到着すると、「丁度シアターが始まるんで、まずはそちらから御覧下さい」と言われ、言われるまま小部屋へ。
殿堂入りアーティストの映像を上映していました。
興味深かったのは、2009年の"Train Kept A-Rollin’"の演奏。
ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、ロン・ウッド、ジョー・ペリー、メタリカ、フリーによるパフォーマンスだったんですが、いやー、豪華過ぎますよね。
しかし、その錚錚たるメンバーの中で、私の目はジョーに釘付け。カッコ良すぎた。もともとカッコいいって知ってますけど、エアロスミスの時はついついスティーブン・タイラーに目が行ってしまうんです。2009年というとジョーは59歳だったみたいなんですが、還暦直前であんなカッコいいってありですか。

が、同じく2009年の映像のミック・ジャガーの魅力的な事といったら!!

ルックスは完全にジョーの方が上だと思うんですが、ミックを見てると、「顔はそれ程重要じゃないかも」と思わされます。いや、ミックの顔も決して悪いわけではないのだけれど、彼の魅力はそのキャラですよね。動きとか表情とかオーラとか……。本当に引きこまれる。スティーブン・タイラーもそうだけれど、目が離せません。ずっと見ていたくなっちゃう~。

一方……、あんまり見ていたくないのが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ。
"By the Way"が流れて、この曲とっても好きなので最初は嬉しかったんですが、派手なタトゥーだらけの上半身裸というスタイルにはいまだ馴染めません。彼らが服を着てたら、私はファンになっていたんじゃないかな。でも、そうしたら、あそこまでの人気は出なかったのか? いやー、でも別の層のファンが付いて、やっぱり人気出ると思うなぁ。音楽的にはホント素晴らしいと思うので。
ちなみに私、イギー・ポップも好きなので脱ぐ人が好きと誤解されそうですが、彼も脱ぎさえしなければ(?)私のお気に入りTOP3に昇格したと思われます。
スコット・ウェイランドはスーツも似合うので好きでした。

その後展示室へ。
去年のボウイの展覧会を見ていなければ、「素晴らしかった」と言ったかもしれないんですが、ボウイ展があまりに素晴らしかったのでどうしても比較してしまう……。あれは自分がボウイ・ファンだからという事を抜きにして考えても、すごかったと思うんです。
ただ、あちらは写真NGなのが残念でした。こちらはOKだったんです。それは本当に嬉しい!
最終日だから混雑しているのかと思いきや……ガラガラで、ゆったり写真撮れて良かったなぁ♪

一番見られて嬉しかったのはスティングのベースと衣裳。

St1 St5 St2

どちらもシンクロニシティ・ツアーで使ったそうです。

St3 St4

最初「なんだ、このへんてこりんな衣装は?」と思ったんですが、実際着用している映像を流してくれていて、それを見ると似合っちゃってました。

R01
ジャクソン5の衣裳。左から3番目がマイケルの物だそうです。

R02 R08
左:テンプテーションズの衣裳 右:モーリス・ホワイトの衣裳

R04 R05
左:マドンナがガーリーショー・ワールドツアーで着用した衣裳 右:ブリトニー・スピアーズ

R06 R07
左:"Eternal Flame"のビデオでスザンヌ・ホフスが着ていた衣裳
右:"Walk Like an Egyptian"のビデオでデビー・ピーターソンが叩いていたタンバリン

R09 R10 R11
左の2枚:エリック・クラプトン 右:サミー・ヘイガーのギター

R12 R13 R21
左:デヴィッド・バーン 右:ボニー・レイットのギター

R15 Rn2
左:イアン・ギランのハーモニカ 右:リック・アレン(デフ・レパード)とアニー・レノックスの衣裳

R16 R17  R18
左:バディ・ホリー 中:エルビス・プレスリー 右:ナンシー・ウィルソン(ハート)

R19 R20
左:ビヨンセ他の衣裳 右:チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)使用のドラムヘッド アルバムジャケットになってるヤツですね♪

R22

1月までは隣でビートルズ展をやってました。もっと早く行けば両方見られたんだけどな~。残念。

|

« 平昌五輪旅行記・5 | トップページ | 曽根崎心中 »

コメント

最終日なのに空いてるなんてびっくり。私も行けばよかったな。

スティングの衣装、写真を見たとき「ピコ太郎?」と思いました。スティングも若かったんですねえ。

ブリトニー・スピアーズとリック・アレンのは「衣装」とは言えない気がします(^^;)。

レッチリのドラムヘッド、かわいい! あのアルバムジャケット、すごく好きでした。

投稿: shoh | 2018.03.11 22:53

shohさん

スティングがピコ太郎!!(爆笑)

ブリトニー・スピアーズの服の説明は全くなかったんです。
普段着かもしれないので、あえて名前のみ記載しておきました(^_^;)。

リック・アレンの服の説明もなかったんですが、あれ着てるステージ写真をWEBで見かけたので衣装と認識してみました。パンツはちょっと派手だし。
リック・アレンの横は誰だか忘れちゃったので一旦カットしたんですが、アニー・レノックスだと思い出したのでこっそり写真差し替えました(^_^;)。

あのジャケット、すごく印象に残りますよね。
「えっ、レッチリのジャケットがこんなかわいいの?」と驚いたので余計に。

投稿: YAGI節 | 2018.03.13 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平昌五輪旅行記・5 | トップページ | 曽根崎心中 »