« 週末のスポーツ | トップページ | 血液検査の結果が良かった »

2019.07.16

【語りたくなっちゃう曲】Surfer King

「普通よりはやや好きかなぁ」程度だったこの曲、PVを見て相当好きになっちゃった事は以前当ブログにも書きました。
他のフジファブリックのPVは1回見たら満足しちゃってあまり見返さないのですが、これは何度も観ちゃうんです。

そして、PVも好きですがライブ映像にもやられた~。

この曲のライブ映像は、先日の富士吉田の上映會で初めて観ました。
「デビュー5周年ツアー GoGoGoGoGoooood!!!!!」の映像だと思います。
上映會で観た時には、この曲の前に志村さんのMCが入っていて、「最近のライブではファンが歌ってくれる」みたいな事をおっしゃってました。
「フジファブリックといえば『追ってけ 追ってけ』(←歌いにくい曲です)をやるようなバンドだったから、ライブで合唱が起こるなんて思ってもなくてビックリしているし嬉しい」というような事も(記憶力ないので正確じゃありません、すみません)。
私もビックリして「へー、フジファブリックのライブで合唱なんて起こるんだ。『若者のすべて』とかかな?」と思ったら、流れた曲が"Surfer King"で、「うっわー、これを合唱!?」とさらに驚いたのでした。

無茶苦茶楽しそうで、盛り上がってたなぁ。PVが楽しいと思っていたけれど、ライブも楽しいんですね。「私も一緒に歌いたかった!」と心から思いました。
という事で、更に好きになっちゃったのでした。

これは歌詞が面白いですね。タイトルからはサーフィンの上手な人を想像しますが、歌に登場するのはあくまで「サーファー気取り」のアメリカ人なんです。カッコ良く波に乗るような描写は全くないです。
でもこの人、見た目はいいのかも。なんたって「♪パツキンが風になびくぜ」ですから(笑)。
この表現も最初は女性を連想させるんですけどね。「えっ、男性だったの?」みたいな。予想を覆す歌詞が繰り出されるのでした。

「サーファー気取り」などと揶揄してますが、その「サーファー気取り」に「君」はついてっちゃうわけで(爆)、これは、結局羨ましがってるんでしょうか? はたまた「女性ってヤツは」と嘆いているのか、怒っているのか?

志村さーん、私だったら、どんなにカッコ良くても「サーファー気取り」なんかに付いて行きませんよー!!(どうでもいい)

とっても楽しい曲調ですが、負け惜しみの歌にも取れます。他愛ないお気楽面白ソングかと思いきや、ストーリーも想像させられちゃう。「さすが志村さん」と唸るのでした。
東京スカパラダイスオーケストラが参加しているのも嬉しい。

ここからは、またミーハーな話で恐縮ですが、
2007年6月の『ネトネト言わせて』によると、一時期下北沢ではこの曲が流れていたそうで、知らずに歩いていた志村さんはとっても照れ臭い思いをしたそうです。

「『うわっ、これ居づらいな』と思って歩ってたのよ。そしたら下北の町中にスピーカーあるじゃないですか。だから、『あ、もう、音ちっちゃくなった』と思ったら、また違うスピーカーから爆音でね、自分の声が聞こえてくるわけよ、また新たなスピーカーが出てきて。『どうでもヨークシャテリア』とかギャグを言ってるわけですよ。『なんて事を俺は歌ってるんだ!』と思って。今更ながら。あんな人が大勢の所で流れるとちょっと恥ずかしい」

なんておっしゃってました。最後は「嬉しい」とも。ちょっと恥ずかしくても、自分の曲が流れたら嬉しいでしょうね♪

ああ、光景が目に浮かぶ。もう、微笑ましすぎる♥

そんなこんなで、さらに"Surfer King"について語りたくなっちゃったのでした。てへ。

|

« 週末のスポーツ | トップページ | 血液検査の結果が良かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末のスポーツ | トップページ | 血液検査の結果が良かった »