« それを言うならジョン・パーでしょ | トップページ | 最近心に留まった「ないものねだり」 »

2019.10.14

JAZZ IN FUCHU 2019

今年も行ってみました。

Jazz_20191014234601

府中駅近辺だけでも、ステージが17も出来ていて、どれを聴くか迷います。
サックス好きなのでサックスがいるバンドを聴こうと、前もっておおまかな予定を立てたんですが、お目当ての場所に行く途中で『情熱大陸』のテーマ曲をやっていて、「うわ、これ、聴いてきたい。でもあっちも観たいし……」と悩むなんて事も。
迷ったあげく、当初の予定の場所に行ったら、大好きな『ウォーターメロンマン』をやっていて、「ああ、情熱大陸につられなくて良かった」と思いました。それがSAX30'S。
途中で合唱させられそうになったので逃げちゃいましたが、選曲は私好みでした。

次に聴いたのは「とりゅふサックスカルテット」。
ここはJAZZといってもややクラシック寄りな感じ。トルヴェールクヮルテット好きな私にはぴったりでした。
2つのステージに挟まれていて、特に1つのステージの音が無茶苦茶大きくて、邪魔されちゃった感じなのが残念。ステージからステージへラクに移動出来るのは嬉しいんだけどなー。近すぎるのも問題かなぁ。
「JAZZ IN FUCHU初登場」との事でしたが、懲りずにまた来てほしい。来年も出てくれたらまた聴きたい♪

移動の途中で、ウインドシンセを見ました。生で見るのは初めてかもしれない。
「T-SQUAREみたい~」と思わず聴き入ってしまったのですが、終わる寸前だったらしく、一瞬しか聴けませんでした。残念。これは、Groove Obligeというバンドだったかな。

そして、宮地楽器の講師のみなさんによる演奏。
その日限りのバンドなのか、「輿石智弘×平川理雄×小関基之」となってました。
スティービー・ワンダーの"Overjoyed"を演奏してくれたんですが、「楽しすぎちゃってどうしよう、という曲です」という紹介にウケました。

それから、「INGRESS」。
一昨年、Mouth of Grooveというバンドを聴いて気に入りました。
っていうか、「市川空さんって面白い」と思いました。
「今日だけのスペシャルトリオ」との事だったのに、昨年も同じ名前で出ていました。
が、今年はその名前はありませんでした。かわりに(?)市川さんが率いてきたバンドが「INGRESS」なのでした。
センターがなんとウィンドシンセ(EWI)でした。生で初めて見たものを数時間のうちに2回も見ちゃったよ(^_^;)。
途中でホルンに持ち替えてました。ウィンドシンセとサックスの持ち替えはありがちですが、ホルンと持ち替えるとは(驚)。
市川さんは、初めて見た時はアコースティックな音を聴かせてくれたような気がするんですが、去年と今年は電子ちっくなキーボード。でも、去年の音と今年の音は全く異なるので、3回共雰囲気が違いました。今年は優しい音色だったなー。「風邪ひかないように」などとおっしゃっていたので、余計そう感じたのかも。
雨が強くなってきて途中で退席するお客さんを見ながら、「仕方ないですね」なんて言っていたのも印象的でした。過去のMCはどことなくやんちゃな感じだったんですが、大人っぽくなったように見えた。

ところで、INGRESSのライブの数時間前、私、偶然市川さんを見かけちゃったのでした。
見かけたというか私の目の前にいた。
エスカレーターに乗ろうとしたら、別の方向からすっと男の人がやってきて、そのエスカレーターに乗ったんです。
咄嗟に「市川空さんって、こんな感じだったかも……」と思いました。
が、2回(しかも1年に1回)しか見た事のない人なので確信はないし、「まさかね」と一旦は思ったのでした。
が、後から、「ん? 変わったパンツはいてる。シャツ(セーター?)も派手だ」と気付き、「も、もしや?」と思った次第。
そして、その後、INGRESSのライブを見て、「うわー、さっきの服の人だ」と思ったのでした。
無料のライブとはいえ、その人を目当てに足を運ぼうとしているまさにその当人が目の前にいた……。
ファンっていうのとはちょっと違うような気がするし。サインがほしいわけでも握手したいわけでもない。でも、なんかそのままスルー出来ないようなヘンな気分。いや、結局スルーしましたけどね。
芸能人って感じでもないしなー。「ウィキペディアに載る」とおっしゃっていたので、将来の有名人かもしれないけど。

って、ウィキペディアに載ってる人でも、やっぱりスルーしちゃいそう。去年、宮藤官九郎さんを無茶苦茶気になりつつもスルーしたし。あー、でも、3年前宮藤さんを見かけたら「『いだてん』、面白いですーっ!!」と言いたい気もする。「治五郎先生、亡くなって寂しいです」と伝えたい~。

|

« それを言うならジョン・パーでしょ | トップページ | 最近心に留まった「ないものねだり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それを言うならジョン・パーでしょ | トップページ | 最近心に留まった「ないものねだり」 »