« ありがとうランビエール | トップページ | iPhone壊れた »

2019.11.17

Digital Health FES 2019

NHKエンタープライズと日経BPが主催のイベントに行ってきました。
「デジタルを活用した健康・美容の最前線」がテーマだそうです。
講演2つとフォーラム(?)があったんですが、私は講演のみ聴いてきました。

1つ目の講演は、昭和大学医学部糖尿病・代謝・内分泌内科学 教授、山岸昌一先生による
「賢く老化を防ぐ生活の知恵」。

最近、糖質制限商品をよく見かけますが、やっぱり糖質良くないんですね……。(全く摂らないのもダメらしいけど)
糖とタンパク質が結びつくとAGEという物が溜まり、それが老化の原因なのだとか。

ただでさえ食べられない物が多いのに、糖質の事まで気にしてたらホント食べる物なくなっちゃうよ……。
とはいえ、AGE的にアウトな物と私が控えている物とかぶる物も結構あったかな。

見た目が老けてる人は中身も老けていて、亡くなるのも早いという話はショッキングでした。
「『人は見た目が9割』なんていう本があったっけ」と思って今確認してみたら、『人は見た目が100パーセント』なんていうマンガ(&ドラマ)もあったんですね。

実は2つ目の講演がお目当てだったのですが、山岸先生の講演もとっても面白かったです。

そして、その2つ目の講演は……
「日本ラグビーとバドミントンはどうしてこんなに強くなったのか!? スポーツテック進化論」
元バドミントンオリンピック選手の池田信太郎さんとラグビー日本代表元キャプテンの廣瀬 俊朗さんのお話でした。

 

私は通路側に座っていたんですが、その通路をお2人が通りました。廣瀬さんに握手をしてもらってる人が何人かいて、私もその気になれば握手を求められるポジションにいたんですが、躊躇してしまいました。『ノーサイド・ゲーム』は好きだったけれど、廣瀬さんの事はそれまで知らなかったので、握手してもらうにはまだ早いと思いました(笑)。

池田さんはかつて当ブログにちょこっとだけ登場してます。
ロンドン五輪の際に、私、こんな事書いてました。

大会前話題だったイケシオ(池田・潮田)ペア。
こちらは、昨日地上波で放送ある予定だったのに、1次リーグ敗退が決まったせいか、放送なかった~。ま、こっちは録画をBSでやってくれたので、それを見ましたけどね。もうどんだけ軽視されてるんだ、バドミントン……

愚痴ですね(^_^;)。
なんだか隔世の感がありますが、バドミントンはオリンピック競技としては日本で人気なかったんです。地上波で放送される事なんて考えられなかった。
オグシオペアのおかげで人気が出てきて、その潮田選手が混合ダブルスに転向してイケシオペアが注目を集めたせいか地上波で放送される事になって、喜んでいたのに急遽放送予定が変わってしまったのでした。あれは悔しかった。でも、悔しかった事はおぼえているのに、BSで観たことをもはやおぼえていない忘れっぽすぎる私(汗)。
池田さんの事は北京五輪から知っていますが、勝った試合を見た事がないような……。

という感じなので、握手は自粛(^_^;)。
でも、無茶苦茶近くで見れて嬉しかったです♪

お2方とも、話がすごくお上手でした。
競技は異なるけれど、仲が良いようで息ぴったりでした。

普段耳にしないような話題で「おっ」と思ったのは企業の話。
バドミントンもラグビーも日本代表は社会人が中心になっているから企業が口を出したがるそうです。日本人監督だと言いやすくて色々言ってくるけれど、外国人監督だと言いづらいらしい。「日本語ワカリマセン」とか逃げる事も可能だし(笑)。現場としてはその方が好都合みたいで、「外国人監督にはそんな利点があったのか!」と興味深かったです。

他にも面白い話が色々あったんですが、長くなったのでこの位にしておきます。

|

« ありがとうランビエール | トップページ | iPhone壊れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとうランビエール | トップページ | iPhone壊れた »