« 新作名作狂言の会 2020 | トップページ | 鍵盤と私 »

2020.02.01

都心には外国人がいっぱい

某地下鉄での出来事を、
ロシア民謡『一週間』の替え歌にしてみました。

♪月曜日はパックンを見て
 火曜はスーツケースの東洋人を見た
 木曜日は中国人と思われる
 2人組の女の子がいたよ
 テュリャ テュリャ テュリャ
 テュリャ テュリャ テュリャリャ

いやー、国際的な車内です。

「パックン」とは「パックンマックン」のパックンことパトリック・ハーランさん。
隣に立たれたので、まじまじと見つめる事は出来ませんでした。
「パックンさんですか?」なんて、聞く勇気はなく、無関心を装ってみました。

あだ名に敬称入ってると困りますね。
「パックンさん」なんてヘン。でも、初対面なのに「パックン」って呼んだら失礼な気がする。「サンプラザ中野くん」とか「なかやまきんにくん」とか「さかなクン」とか「りんごちゃん」と挨拶する事になったら、なんと呼んだらいいんだろう? 「ウッチャン」は今は絶対「内村さん」だけど、昔は「ウッチャンさん」だったんだろうなぁ。

結局パックンさんは本人だったのか、そっくりさんだったのかわかりません。「誰かツイッターでつぶやいてないかな?」と思いましたが、そういうツイートは見つけられませんでした。「朝から電車に乗るか?」という疑問もあります。が、某テレビ局近くの、「いかにも芸能人がいそうな駅」から乗ってきたのでした。

さて、コロナウィルス、大変な事になってますね。
もう中国人の入国制限が始まったようですが、替え歌にしたように、中国人と思われる人を見かけちゃいました。火曜日の「スーツケースの東洋人」は中国人か韓国人かわかりませんが(なんとなく日本人ではないように見えた)、木曜日の2人組の女の子が中国語を話し出した時は「うわ!」っと思ってしまった……。荷物は小さかったから海外旅行者だとは思わなかったんですよね~。そして、「うわ!」っと思ってしまった事でしばし葛藤。中国なんて広いのに、「中国人」というだけで怖がるのはどうなんだ>自分。
でも、「東洋人(含日本人)というだけで学生のレッスンを中止する」というイタリアの音楽学校のニュースもありましたね……。

ちなみにその女の子2人組、1人はマスクをしていたんですが、もう1人は最初マスクをしていませんでした。なぜか途中からマスクをした。
その時車内は結構混雑していたので、私はその女の子に触れちゃいました(服だけ)。あれは濃厚接触といえるの? もしあの2人が感染者だとしたら、何人にうつるんだろう? ラッシュに感染者って、怖い、怖すぎる。彼女らは咳などはしていませんでしたが、無症状の感染者もいるらしいし。無症状の感染者もいるなら、東京には本当は一体何人の感染者がいるんだろう? その人達がラッシュの車内にいたら、もう東京なんてひとたまりもないのでは……?

こういう時にこそ、好酸球は活躍してくれないかな?
本来寄生虫などをやっつけるモノなんですよね? それが、暇をもてあまして、攻撃しなくてよいモノまで攻撃してしまうから好酸球性胃腸炎になったりするんですよね? そういえば、私はインフルエンザと診断された事がないのですが、ひょっとして好酸球が頑張っていたせいなのでしょうか? ステロイド服用時は感染症に感染しやすいと言われましたが、今はステロイド飲んでいないし、好酸球値も普通の人よりは高い状態なので、今こそ、コロナウィルスとも戦ってほしいなぁ>好酸球さん♪

|

« 新作名作狂言の会 2020 | トップページ | 鍵盤と私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作名作狂言の会 2020 | トップページ | 鍵盤と私 »