« オリンピックツアー | トップページ | ボランティア辞退 »

2020.03.09

Something kind of hit me today 14

1年ぶりなので、また久々に書いておこうかな。
「Something kind of hit me today」というのはデヴィッド・ボウイの"We Are The Dead"という曲の歌詞の一部です。
1つの記事で複数の話題を書いたりして記事タイトルを決められない時、「無題」では味気ないので代わりに使う事にしてます。

★ディープインパクト記念
ディープインパクトが大好きです。
ミーハーで恐縮ですが、オールタイムで一番好きな馬です。
そんなディープの名前の付いたレースが出来ました♪
……と思ったら、弥生賞だった。
なんだかよくわからないような小さなレースじゃなくて、G1ではないにしろ結構ちゃんとしたすごいレースに名前が付いちゃったんですね~。
だからというべきか、「弥生賞」という名も残ってるみたいですが。
正式名称は「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」だって。長っ!

初の「ディープインパクト記念」に勝ったのはディープインパクトの仔♪
このレースに出走していたディープの仔はサトノフラッグ1頭のみでした。
ディープが引退してしまった後「ディープの仔は応援しよう!」と思っていたのに、あまりに多すぎて応援しきれませんでした(^_^;)。「大きなレースはディープの仔だらけ」という事態が続いていました。が、今の3歳は少ないのかな。そして、ディープはもう亡くなってしまったから(>_<)、これからは減る一方なんですね……(最後の仔は先月産まれたらしい)。時代は変わってくんだなぁ。

★花粉症の薬
花粉症の新しい薬が出たそうです!
……と思ったら、なんとゾレアだって。

普通の人にはピンとこないかもしれませんが、ぜんそくの薬として有名なのです。
「高額なので重症の人しか使わないけれど、スゴク効く驚異の新薬」と評判でした。
その後、ヌーカラやファセンラ、デュピルマブが出たので、もはや「新薬」という感じは薄れてきたけれど、花粉症にも効くとは。
結局どれもアレルギーという事か。

今年は「重症花粉症」という今迄あまり耳にしなかった言葉をフィーチャーしたCMがやたら流れてますが、ゾレアが使えるようになったからこんな派手にCM打ってるのかな。
ちなみに「重症花粉症ドットコム」というサイトの花粉症チェッカーによると私は「最重症の花粉症かもしれません」「日常生活にかなり影響が出ているかもしれません」だそうです。以前は確実に花粉症だったと思うのですが、今は好酸球性副鼻腔炎との区別がつかない……。

★コロナの薬?
シクレソニドというぜんそくの薬が「コロナウイルスに効くかも」という話が出てますね。
この薬は知らなかったのですが、「ステロイド吸入薬」との事なので私が使っているシムビコートとも似てるのかしらん? だとしたら、毎日吸入している私はコロナ対策出来てるって事!? やったー!!
「ぜんそくの人がコロナにかかると重症化しやすいらしい」というので恐がっていましたが、ちょっぴり明るくなれるニュースでした。
(3/11追記:シムビコート、コロナに効かないそうです。とほほ)

|

« オリンピックツアー | トップページ | ボランティア辞退 »

コメント

久しぶりにコメ
新コロナWで各イベントが中止・延期・無観客に…オリンピックも心配ですね。
競馬もこれからGⅠで盛り上がる時期なので…感染対策は必要ですが、早期のイベント解禁を願いたいです。

投稿: ぽぐぽぐ | 2020.03.12 18:10

ぽぐぽぐさん

コメントありがとうございます。
ホント、イベント解禁が待ち遠しいです。
馬は人のいないスタンドを見て何か感じるんですかね。
静かな事にびっくりしてるかな?

投稿: YAGI節 | 2020.03.14 18:00

パドックももちろん無観客(馬主さんら関係者少しいますが)ですがオッズ等の掲示板はいつも通りで、騎手や厩舎の方がこれ幸い?にガン見してるそうです。いつも以上に人気を気にして力が入るかもとのこと。

若駒は喧騒に慣れるのも必要なので…皐月賞やダービーでは入れ込むかも⁉︎ (5月までずーと無観客もありえますケド)

投稿: ぽぐぽぐ | 2020.03.15 11:29

ぽぐぽぐさん

>若駒は喧騒に慣れるのも必要なので…

そうか~。
無観客レースが続くと慣れないままって事になっちゃいますね。
R-1は無観客で、「無観客でのネタ見せ番組経験済み」と言っていた野田クリスタルさんが勝ちましたし、「慣れ」は大事そうですね。
無観客レースがいつまで続くかで、ちょっと歴史が変わったりして。

投稿: YAGI節 | 2020.03.15 22:32

どうもお久しぶりでございます。
ブログはいつも拝見しています。

前に書きましたが、僕は喘息持ちなんですが、
ずっと調子がよかったし、通院と薬代がもったいないので、両方止めてたんですが、
2~3カ月経ったら、めちゃくちゃ調子が悪くなってしまいました。
病院に行くのと服薬を復活させたら、あっという間に回復しました。
やっぱり、薬はやめられないみたいです(なんか危険な表現)。

僕はレルベアという吸引薬とテオドール・モンテルカスト錠を使っています。
どれが効いているのかよくわかりませんが、どれも効いているんですかね。

僕は週一回某大学で非常勤講師をやっているのですが、
今年はオリンピックがあるので、夏休みが早くなり、
授業が一回少ないんですよ。
にもかかわらず、コロナの影響で新学期のスタートも遅れそうな状況で、
さらに授業の回数が少なくなりそうです。
まあ、給料が同じなら少ないほうがラクですけど(^^;)(本音)。

投稿: CAKE | 2020.03.18 05:43

CAKEさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

CAKEさんが「某金メダリストがいた大学で働いている」という事は知っていたのですが、先生とは知りませんでした~。

ホント、薬ってすごいですよね。
私も何度「治った」と勘違いした事か。
喘息はやっぱり一生付き合ってく病気なのかもしれませんね……。

私の場合、咳に効いているのはあきらかに吸入薬です。
錠剤は鼻とお腹の為に飲んでいるイメージ。

投稿: YAGI節 | 2020.03.20 23:52

こんにちは。

大学ではザ・スミス概論とR.E.M.演習、
それからソニック・ユース実験を担当しています(^^;)。

・・・ほんとは物理化学を教えてます。

R.E.M.といえば、マイケル・スタイプのメッセージ!
新型コロナウィルス対策を呼びかけています。
冒頭で名曲「世界の終わる日」のサビを口ずさんでいます。
いや、しかし、マイケルっていい奴だなあ。大好きだ。

https://youtu.be/UlRML_eeJJk

投稿: CAKE | 2020.03.21 18:04

CAKEさん

ひー、物理化学ですか。すごいですね。
私が高校時代最も苦手だった教科は物理でした(中学時代苦手だった美術や家庭科は高校ではやらずに済んだ)。

「ソニック・ユース実験」って、なんか実際にありそうな言葉の響き(笑)。

ご紹介いただいたマイケル・スタイプのメッセージ見ました。
あんなメッセージあげるなんて、さすがですねー。
手洗い20秒って言ってましたね。昼間見たテレビに出ていた日本の先生は30秒と言ってましたが、いいんだろうか……(^_^;)。

投稿: YAGI節 | 2020.03.22 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピックツアー | トップページ | ボランティア辞退 »