« 『題名のない音楽会』で思い出した事 | トップページ | ウィンブルドン決勝戦 壮絶なタイブレークといえば »

2020.04.11

私は塩の魔人だ

2005年から2013年まで、毎年年始に放映されていた『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』が好きでした。
「フィーリングカップル形式で、コンビ芸人たちにピン芸人を加えたメンバーが新コンビを結成(TBSサイトより)」してネタを披露する番組です。
最近やらなくなってしまって残念に思っていたのですが、なぜか突然復活。今夜放送されてました。

芸人さん達は、誰と組みたいかの希望を出しマッチング出来ないと再度希望を出し直すのですが、4度もフラれた南海キャンディーズの山里さんが、何度フラれても春日さん(オードリー)にアタックし続ける姿にはちょっと感動。山里さんは「なんでこんなヤツ好きなんだろう」みたいな事を言ってましたが、甘やかされている春日さんがうらやましかったです。
ハライチの岩井勇気さんが渡辺直美さんとカップル成立して「思い続ければかなう」みたいな事を言っていたのも良かった(笑)。

今日のタイトルは、その番組内で渡辺さんと岩井さんが披露したネタから取りました。
岩井さんといえばボソボソ話すようなイメージだったのですが(私だけ?)、クラウス・ノミのような恰好をして「私は塩の魔人だ~」と朗々と歌ってました。

岩井さんが書いたネタだそうですが、岩井さんはクラウス・ノミが好きなんだろうか? それとも単に「ウケそうなカッコ」と思っただけなのか?

そのネタが終わってすぐに「本物と比較したい」と思って「クラウス・ノミ」でネット検索したら早くも岩井さんの名前もセットでたくさんヒットしてびっくり。岩井さんは「バズりたい」とおっしゃってましたが、これは「バズってる」って言って良さそう。
「クラウス・ノミ知ってる人なんて自分位?」みたいな事を書いてる人がたくさんいるのが面白かった。自分の近くには滅多にいないと思うけど、WEBにはたくさんいる~。

頭だけは"Ashes to Ashes"のデヴィッド・ボウイみたいでした。

そんなボウイとクラウス・ノミは共演した事があります。

クラウス・ノミに関して、ウィキペディアには「AIDSで死亡した最初の著名人としても知られる」と書いてありました……。

|

« 『題名のない音楽会』で思い出した事 | トップページ | ウィンブルドン決勝戦 壮絶なタイブレークといえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『題名のない音楽会』で思い出した事 | トップページ | ウィンブルドン決勝戦 壮絶なタイブレークといえば »