« 訛り | トップページ | 東京オリンピックまであと1年 »

2020.07.16

きかれて困る質問

今日もオンライン英会話のお話です。

以前、「5分間ディスカッション」の「music」のレッスンを複数回受けている旨書きました。

テキストは存在しないのですが、おそらくネイティブキャンプ側が結構な数の質問リストみたいな物を用意していて、その中から先生が適当にピックアップしているのではないかと思います。
話の糸口となる「What kind of music do you like?」は毎回聞かれますが、その後は割とランダムです。

たまにしか聞かれないけれど、「質問リストの中にあるんだろうな」と思われるのが、「日本で一番有名なミュージシャンは?」という質問。これは困った~。
「日本」という言葉に引っ張られて、北島三郎さんや五木ひろしさんなどの演歌の大御所が思い浮かんだんですが、若い人には馴染みがないか。逆に若いアーティストだと年配の人は知らないし。
迷った挙句、桑田佳祐さんを挙げてみましたが、先生はご存じないようでした。「サザンオールスターズ」といってもピンと来なかった模様。南国フィリピンの先生の前で、「サザン」とか言うのもなんか微妙だし、固有名詞とは思われない可能性もある?

「日本で一番有名なロックスター」も聞かれたんですが、これも難しい~。
X JAPAN? でも「バンド」ではなく「ロックスター」なんですよね。YOSHIKI? TOSHI? Gackt? 迷った末、布袋寅泰さんにしちゃった。

「日本で一番有名なミュージシャン」とググってみたら、「海外で人気が高い日本のアーティストランキング」というぺージがヒットして、BABYMETAL、ONE OK ROCK、X JAPANとありました。この辺挙げたら、話が通じたのかな? でも、BABYMETALもONE OK ROCKもちゃんと聴いていないので、全く語れない……。

ちなみにカラン・レッスンの中に、「○○は醜いですか?」「いえ、○○は美しいです」というやりとりがあるんですが、ここに「宇多田ヒカル」と入れている先生がいました。調べてみたら宇多田さんの「First love」はフィリピンで人気があるらしい。これからは「日本で一番有名なミュージシャン」は宇多田さんと言ってみようかな。

ロック・スターの方は「矢沢永吉さんかなー」「忌野清志郎さんか?」など、いまだに迷ってます。

そんな感じで、何を質問されるかがわかってきちゃいました。同じレッスン受けすぎです。
こんなに何度も同じレッスン(先生は違うけど)を受ける人いないだろうなぁ。そろそろ卒業しようか。

が、集大成(?)として、一度ビシッとキレイに答えて、もう『music』からは足を洗おうと思って挑んだ先日のレッスンがボロボロ。
カンニング・ペーパー的な物を作って準備万端で臨んだのですが……

いつものように「ロックが好き」と答えると、「L'Arc~en~Cielいいよね」みたいな事を言われました。先日は別の先生からLUNA SEAの名前を出されたし、日本のロックといえばビジュアル系なのかな。矢沢永吉さんよりHydeさんか?
先述のカランでは「ブラッド・ピットはハンサムです」なんて事も言ってたので、「(ラルクは)あんまり好きじゃないけど……(Hydeさんは)ハンサムですね!」と言っちゃいました。フォローするつもりだったんですが、「顔だけ」みたいに聞こえちゃったかも?
カランで使った言葉は凄く頭に残るんです。身になるという事なんでしょうが、こんな形で口をついて出るとは(汗)。

その上、先生は「僕はラップが好き」とおっしゃいました。
大体このレッスン(「5分間ディスカッション」)では質問されるばかりで、先生の趣味を聞く事はなかったのですが、ご自身の事を結構喋る先生のようです。ここで更に固まる私。
なぜなら「What kind of music do you dislike?」という質問もよくされるのです。

そういえば、カルチャーセンターの英語教室でもきかれたっけ。
「大体何でも好きだし」と困っていたら、「クラシックも?」「ヘビィメタルも?」「演歌は?」などと突っ込まれ、「どれもキライじゃないです~」なんて言いつつ、ようやく「あ、ラップは苦手だ」とひねり出し、その後は「ラップが苦手」と答えるようにしているんです。
んもう、好きな事だけでいいじゃん。嫌いな事なんて話題にしなくていいじゃん。って、ただのおしゃべりじゃなくて英語の勉強だってば(苦笑)。

そして、今回もやっぱり聞かれた嫌いな音楽。
「遠慮せずに正直に」と言われたので、謝りつつ「ラップ」って答えちゃった。
「言葉わからないし」と音楽のせいではないようにフォローしたつもりが、「日本語のラップはどう?」と聞かれてしまい、「あぁ、好きではないです」みたいな。再びフォロー失敗。

「音楽を聴くのに丁度いい時間帯はいつ?」という質問には、いつも通り「夜。静かだから音がキレイに聞こえる」と答えたんですが、「夜、音楽かけて騒ぐ近所迷惑な人いるんだよねー。日本はどう?」みたいな事(ヒアリング自信なし)を聞かれ、「日本人は礼儀正しくてマナーを守る人が多いから大丈夫かなー」と言いかけて、「あれ、これって、私に、夜、音楽かけて近所迷惑にならないかと言ってるの?」などと混乱。「いや、夜はボリュームに気を付けるし、深夜だったらヘッドホンにするし」と言った方がいいのか。何から言えばいいのか、相手は何を言わんとしているのか、パニックになって、しどろもどろになってしまったのでした。

これは、「まだ、このレッスンを卒業するな」という神様の思し召しかなー。
英語も難しいけれど、自分の事や日本の事を話すのも難しいです~。

という感じで、フィリピン人の先生に教わる事が多いですが、新たにブルガリア、ザンビア、ナイジェリアの先生にも教わったので17か国の先生のレッスンを受けた事になります。まだ受けた事のない国の先生が気になる今日この頃です。

|

« 訛り | トップページ | 東京オリンピックまであと1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訛り | トップページ | 東京オリンピックまであと1年 »